今年の陶芸作品展

画像

明日からですが、私の通っている陶芸教室の作品展が始まります。
鉢だけで出展すればいいのですが、
何故だか、植物を入れて展示する事が私の担当になっています。
今年は小さな鉢を沢山作ったので、
山野草を入れて飾ってみることにしました。



で、今年はこんな感じになりました。
草花は持ち込んだ訳でもなく、ただ突っ込んだだけ。
作法も定法も知りませんし、飾り棚や卓もオモチャのような手作り品。
本式の方々からすると、
なんじゃ、こりゃ?とマユをひそめられるかも知れませんが、
そこのところは大目に見てやってください。
私、思うんです。
陶芸教室に通っている生徒さん達が、
少しでも盆栽や山野草ってものに興味を持ってくれればって。
ちなみに、陶芸教室の生徒さんの9割以上は女性です。
でもその事は、私がこんなにも一生懸命、展示物を用意している事とは、何ら関係はありません。
画像



それぞれの鉢ですが、いずれも径3~4cm程度です。
瑠璃釉六角(針犬ナズナ)
画像



織部釉正方(ヒナ草)
画像



均窯高丸(黄金ユキノシタ)
画像



黄釉丸胴紐(極小竜のひげ)
画像



白萩丸(雲間草)
画像



本日夕方、教室へ搬入してきました。
設営が始まったばかりの風景ですが、
今年はどうやら、私の場所は中央辺りに陣取れそうです。
あれ?目立つかも?
ちなみに、陶芸教室の生徒さんの9割以上は女性です。
でもその事は、私が密かに注目を浴びようとしている事とは、何ら関係はありません。
画像




【この陶芸展の記録(過去の関連記事より)】
2010.02.25 第四回作品展
2009.02.26 第三回作品展
2007.02.02 第一回作品展



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

たけし
2011年02月24日 19:16
鉢と草花いい感じですね。鉢も自分で作るのですね。
展示会、成功間違いなしですね。ポチ
海斗
2011年02月24日 19:38
 
二重否定は強い肯定…がこれほど露骨に分かるのは稀ですね☆
(=^▽^=)
 
で…その九割を占める女性陣の平均年齢はいかほどでしょうか?(重要)
 
気まま
2011年02月24日 21:13
いつの日かさん、こんばんは。

鉢と草、ナイス!可愛いです。

・・・・・で、で、女性陣の平均年齢は?(笑)



いつの日か
2011年02月24日 21:37
たけしさん、
鉢作り、ほんの真似事のようなレベルですが、
趣味の一つとして楽しくやってます。
私の出品はともかく、味ある作品がいっぱいで、
賑やかな陶芸展になりそうですよ。
いつの日か
2011年02月24日 21:50
海斗さん、
そうですね・・皆さんお若い女性ばかりです。
ただ、私はそういう事には関心がなくって、
この小さな花はきっと女性が喜ぶだろうなぁ・・
などと想像しながら、飾りをあれこれ考えたりなんか、
決してしていませんです、ハイ。
いつの日か
2011年02月24日 22:05
気ままさん、
ゴツゴツの樹で幹曲げたり、太枝切ったりしていると、
こうして、たまには小さな山野草で息抜きです。
女性の平均年齢・・・ですか?
えー、これを調査するには、かなりの勇気がいりそうですね。
熱盆です
2011年02月25日 00:27
まー、上から下まで、すべておねえさんということですかね(笑)しかし、師匠は、珍しい草をたくさんお持ちですね、しかし、例のスミレも忘れないで~、多分春には、花を見せてくれると思いますよー
なか
2011年02月25日 00:46
いつの日か盆栽さん、、どうも~~~

いや~~脱帽ですよ~~全部自作ですか~~それに山野草もこの時期に取り揃えて、、素敵、、この時期を密かに狙って折られたのでしょうか、、(^^v

調査、、私も手伝いましょうか、、って遠いですね~
mildred
2011年02月25日 07:49
>九割以上は女性
ウホッ
次回 ご自宅にお邪魔させていただく時には
陶芸教室に ご一緒させてくださいw




↑上記のコメントはフィクションであり
ブログ汚しの書き込みを させてはいただいてますが
いつの日か氏とは 一切の面識も無く
何ら関係はありません。
いつの日か
2011年02月25日 12:27
熱盆さん、
いえ、まぁ右から左もそうかも知れません。
この草は急遽、揃えたものですが、あのスミレは今でも大事にしてますよ。
でも、冬は葉がないので枯れてるのかどうか、まったく分かりませんけどね。
いつの日か
2011年02月25日 12:43
なかさん、
木工製品はこんな塗装では安物っぽくて、どうにもなりませんね。
う~ん、漆を勉強したいです。
この季節に花咲く山野草って確かに少ないですよね。
でも、このヒナ草とか雲間草とか、あちこちのホムセンで普通に売ってたので、探す手間が省けて良かったです。
調査は難航の模様。
いつの日か
2011年02月25日 12:51
みるどれどさん、
え?本当は誰なんですか?
って一瞬思ってしまいましたが、
あ、フィクションだったんですね。
そっか、陶芸教室をご紹介しようと思ってたのに…

この記事へのトラックバック