いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 山モミジ・通し接ぎで手痛い貫通ミス

<<   作成日時 : 2011/02/03 20:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

画像

この山モミジ、予定通り通し接ぎの実施です。
私の不注意で折ってしまった枝を、何とか再生しなければなりません。


まずは、昨年からずっと伸ばしてきた呼び接ぎ枝の、最終準備です。
@幹の中に収まる部分は、癒着し易いように樹皮を剥いておきました。
A枝となる部分は、通すときに芽が落ちないようにテープで養生です。
画像



それでは、いきます。
慎重に、慎重に、ドリルで掘り進め、そして、無事、貫通。
おめでとうございます。
画像



と思ったのもつかの間。
がーーーん!!穴の場所が・・・違う。
矢印のポイントが接ぎたかった場所です。
右側からドリルを押し当てれば、何の問題もなかったのですが、
う〜〜〜、凡ミス、やってしまいました。
画像



どうしようかと迷いましたが、
欲しい場所に、もう一回、穴を開ける事を決断。
@最初に開けた穴
A2回目に開けた穴
同じ3mmのドリル径ですが、穴の大きさが違いますよね。
2回目は、最初のミスのショックか、手元がぐらついてしまいました。
電動ドリルは、真っ直ぐに推し進めないと、こうして穴が広がってしまいます。
はぁ・・・何だか失敗続きですね。
何だか、少し落ち込む私。
画像



ミスの事は忘れるんだ!と自分に言い聞かせながら、
呼び接ぎ枝を、丁寧に、丁寧に穴に通していきました。
矢印の針金で、呼び接いだ枝の固定です。
画像



最後に、両面の接いだ穴の周りを、癒合剤で保護。
何もかも完璧じゃないですか!と自分に言い聞かせながら、
本日の呼び接ぎ作業の完了です。
画像





【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2010.12.15 呼び接ぎ計画
2008.12.17 葉落としと冬支度
2007.06.04 山野草展
2007.05.29 初の展示会






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
このままうまくついてくれるといいですね、もう1っこの穴は、1なかったことにする、2違う枝を挿す、ですか?
熱盆です、
2011/02/03 22:46
熱盆さん、
穴は1個しか開けてません!と言い切るつもりです。
上手く接げたのかどうか自信ありませんが・・。
いつの日か
2011/02/04 10:27
終わり良ければ全て良し

完璧でしょう(多分)
おいらも今年 呼び接ぎしょうっとw
mildred
2011/02/04 20:22
みるどれどさん、
も、も、もちろん完璧・・ですよ。
ちゃんと活着さえしてくれれば、
オッケーとしましょう。
いつの日か
2011/02/04 21:12
 
やりましたね♪
遂に貫通おめでとうございます☆
 
どちらからドリルの穴空けるかと言うくだり…失敗した後に考えれば当たり前の事でしょうが良い教訓になりました。
いつの日かサンの尊い犠牲が全国2500万人の通し接ぎ予備軍が無駄にはしませんからご安心を♪笑
 
海斗
2011/02/04 22:31
あっ☆
最後の写真…
ザ・通し接ぎ!って感じで
ド〜ン!!って効果音が聞こえて来そうないいアングルですね〜笑
 
海斗
2011/02/04 22:36
海斗さん、
潜在的に数百人は存在すると予測していましたが、
なんと!既に2400万人に達していましたか。
私のこの小さな失敗を人類の平和と共存に捧げたいと願ってやみません。
ドリルは最終点より始めよ。
そしてその映像は右斜め45度から。
全世界の皆様に栄光あれ!
いつの日か
2011/02/05 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
山モミジ・通し接ぎで手痛い貫通ミス いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる