いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 真柏・ジンシャリ総崩れ

<<   作成日時 : 2010/09/27 20:43   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 15

画像

真柏が思わぬ方向転換を余儀なくされてしまいました。
昨日の事です。
幹を掃除しようとすると、あちこちのシャリ部分がコルクのように脆くなっている事に気付きました。
ピンセットで突付くだけで、簡単にボロボロと崩れ落ちていきます。
シャリから続くジンの付け根も同様の状態です。
何かの病気なのか?虫に食い荒らされているのか?
んもぉ〜・・・またもやトラブル発生です。


トップの画像をアップで見てみます。
ポッカリと空洞が開いてしまってますよね。
昨日の午前中まで、この部分は、幹・・シャリ化した幹だったんです。
でも、ピンセットだけで簡単に貫通してしまいました。
もうこれで、豪快そうに見えていた立ち上がりも台無しです。
画像



ほとんどのジンも、付け根から簡単に取れてしまいました。
せっかく昨年秋に一生懸命彫って形を整えたのに残念です。
それにしても、うーん・・・
この付け根を見ると、腐っているようには見えません。
どちらかというと、カスカス状態なのですが、何故、こんな事になってしまったのでしょうか?
画像



空洞になってしまった部分の上部もいとも簡単に外れてしまいました。
あ〜ぁ、何かもうメチャクチャになってきましたね。
画像



上の画像で分離してしまった右側の水吸いはちゃんと生きていますし、
その先には枝棚も繋がっています。
でも、もうヤケクソ気分です。
外してしましました。
画像



で、こんな風になっちゃいました。
画像



気を取り直して、正面変えてまたここからやり直します。
シャリやジンが崩れた跡が、幹中間部に痛々しく残されました。
でも、この部分は問題です。
このままでは、きっと同じようにボロボロと崩れていくかも知れません。
とりあえず、瞬間接着剤で応急処理だけしておきました。
真柏:樹高19cm
画像



ちなみに、私の棚場に来た頃の元の姿です。
ちょうど2年前、2008年9月末ですが、何だか要塞基地のような形ですね。
重厚感あふれる豪快な真柏を目指そうと考えていたはずなのに、
それにしても、はぁ〜ぁ・・・・
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2009.01.19 シャリ彫り


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
あーーー!ですね。。。。なんでなんでしょう、右側も切ってしまわれたのですね、せめて、取り木でなんとか、が、、だめなんですね、でしたら挿しますか?
残った方で気を取り直して、がんばって下さい
熱盆です
2010/09/28 00:02
酷いことになってますね
きっとフランクリン少佐の仕業でしょう(ナバロンの要塞参照)
mildred
2010/09/28 06:43
いつの日かさん
残念ですね!原因が分からないのが・・・不安ですね。

残った方で脳をフル活動させて、次の樹形を目指してくださいね!
この画像を見た時に私だったら、付けジンも考えましたが・・・・
・・・やっぱり後付けは、反則ですかね?
気まま
2010/09/28 07:11
熱盆さん、
シャリの手入れが足りなかったんでしょうかね。
石灰硫黄合剤は塗ってたつもりなんですが、
こんなにモロモロになるとは思ってもみませんでした。
右側は、使い道が思い浮かばなくて切り取ってしまったんです。
いつの日か
2010/09/28 09:16
mildredさん、
ナ、ナバロンの要塞・・・ですか?
これはまた古い映画のお話ですね。
この真柏の要塞、連合軍の秘密作戦で陥落したって事ですね。
いつの日か
2010/09/28 09:23
気ままさん、
確かに原因が判っていないだけに、
残った幹も水吸い以外がボロボロに朽ちていかないか心配なところです。
付けジン・・・ですか?
考えてもなかったので、取れたジンはすべて捨ててしまったけど、
活用できるのなら、持っておけば良かったかもです。
いつの日か
2010/09/28 09:39
右側外した後の姿、
私は悪くないと思いますけどね〜(^.^)
むしろ前姿より好きというか、面白いというか。

ところでジンシャリのボケですけどね?
本州のシンパクのジンシャリは柔らかくてもたない
という話は聞いてます。
だから北海道のシンパクを衣替えするんでしょ?

だけど....この樹の場合そういう問題なんでしょうかね...。
たしかに畑入れで促成肥培した素材に見えなくも無いけど
それにしても異常にボケ過ぎですね。
凡人
2010/09/28 15:37
凡人さん、
こういった状態をボケるって言うのですね。
その呼び方は初めて聞きました。
根元から続くシャリが朽ちてしまう話は聞いたことがありますが、
この真柏、もうすでに全身のあちこちが脆くなっているかも知れません。
私も分割後の姿については、それはそれなりかなとも思っていますが、
このコルク症状が全身に広がれば姿形どころの話ではなくなってしまいますもんね。
こうなった原因、まずはきちんと調べないと…
いつの日か
2010/09/28 21:46
なんなんですかね、腐り出したらあっという間にボロボロに生ってゆきますよね。自分はとにかく進行しないように早めに気をつけ硬い部分までそぎ落とし硫黄石灰原液を塗っていますが、蟻の仕業とか考えてしまいますよね。
盆栽亭『英樹』
2010/09/29 23:21
英樹さん、
この真柏ですが、根元のシャリから崩れているようなのですが、
このような状態を見たのが始めてなので、
まったく原因が判らずに首をひねっているところです。
蟻ですが、たまに鉢の中に巣を作られてしまって、
発見次第、取り除く事はあります。
でも、幹とかに影響あうるとは思ってもいませんでした。
いつの日か
2010/09/30 10:16
こんばんは
最初の状態を観察する枝を暴れさせて太らせた素材のようです。
したがって、木部の年輪が荒く、舎利は朽ち易いのでしょう。
切った枝をジンにする程度にして様子を見ながら少しずつ舎利を入れたら良いのではと思います。
shirou
2010/10/01 20:08
shirouさん、はじめまして。
これは病気や害虫ではなく、
もともと幹質が詰まってなくて、ついに朽ちてしまったって事なのですね。
何がどうなったのか判らなかっただけに、
少しはスッキリしたような気分です。
どうも、ありがとうございました。
いつの日か
2010/10/01 21:05
このあたりが

天然のシャリが堅いと言われる事なんでしょうね
しんぱくん
2010/10/02 19:20
このあたりが

天然のシャリは堅いと言われるわけなんでしょうかね
しんぱくん
2010/10/02 19:35
しんぱくん、
この真柏、ジンも流れと違った方向にヒビ割れが出来てましたし、
やはり質的に脆かったんでしょうね。
天然のシャリ付けた樹は持ってませんけど、
どれだけ堅いのか知りたいところです。
いつの日か
2010/10/04 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
真柏・ジンシャリ総崩れ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる