いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 百日紅・冬越しがどうも苦手で・・・

<<   作成日時 : 2010/04/14 09:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 22

画像

また今日から2、3日冷え込むようですね。
この百日紅、ずっと待ってましたが、やっとこさ芽が吹いてきました。
冬の間に、かなりの枝が枯れてしまったみたいで、
ん〜、もしや?と心配していましたが、最悪の事態には至りませんでした。
とりあえず、ギリギリセーフってところですが、
これだけ枝を失うと、また数年前に逆戻りですね。


別の角度から眺めてみますが、
あちこちの枝が枯れているのが判りますでしょうか?
昨年の冬越しとまったく同じ結果に終わってしまいました。
百日紅は、乾燥した北風で小枝が枯れこむと聞いています。
一応、発泡スチロールに入れて棚下で保護していたつもりだったのですが、
棚上に上げた時期が早過ぎたのかも知れません。
画像



もう少しアップで見てみますが、ところどころ完全に枯れてますね。
もういいかな?と、3月中旬に棚上に戻しましたが、
今年の春は、予想以上に冷え込みましたもんね。
私は、昨年の冬にはあまり手厚く保護しない方針を立てましたが、
この樹の枝は、どうも冬の寒さに耐えられないようです。
こうなってくると、今度の冬からは特別室でも作って、コタツでも用意しなくてはなりませんね。
画像



枯れた枝先を、生きているところまで切り戻し、
全体が枯れこんだ枝も元から取り除いたところです。
うーーーむ、枝がかなり減りましたね・・。
昨年も冬越しに失敗して数多くの枝を失っています。
これで2年連続の後退。
2008年をピークにして、年を重ねるごとに、
ジワジワと枝数が減っていきます。
中間部分には枝棚もなくなり、スカスカ状態になってしまいました。
うーーむ・・・これは、ちょっと反省もんですね。
画像



実は、根の傷みも心配していたのです。
昨年の梅雨時期、ずっと続く長雨で、ちょっと根腐れ状態?に。
上根が少し痛んで、根張りの根元も少しだけ焼けこんでいました。
焼けこんだ部分は削っておきましたが、
浅く削っただけで、生きている部分が出てきたので少し安心です。
画像



枝枯れも多く、根も少し弱り気味に思えたので、
今回は、素焼き鉢に移して養生させることにしました。
また、一からやり直しです・・・・って、私、口癖のようにいつも言ってます。
いったい、何度やり直せば気が済むんんでしょうね。
はぁ〜・・・早く、この言葉から卒業したいものです。
百日紅:樹高13cm
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2006.09.15 秋口の剪定
2006.12.19 冬越し準備の手入れ
2007.05.25 冬越し樹勢ダウンからの回復
2007.08.02 切り戻しで胴吹き
2008.07.08 夏過ぎの芽摘みの成果
2008.07.08 アブラムシ対策
2009.04.20 冬越しの枝枯れ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、百日紅って寒さに弱いんですかね?
しかし、寒さと言っても大阪ですからね。
ちょっと考えにくいような気がします。
一度ガーッと暴れさせて元気になったところで切戻すのは無理ですか?
凡人
2010/04/14 12:04
僕は百日紅って樹種自体知りませんでした・・・
なんか難しそうですね。

寒さに弱い樹種は基本的に苦手な僕には持てない木かも?です。
それにしても凄い足元の太さですね。
一体どのようにすればこんなに太るのか教えて頂きたいです。
盆初心
2010/04/14 12:38
凡人さん、
サルスベリは、こちらでも冬季に枝が枯れやすい樹種だって言われてるようなんです。
増やした小枝を維持するには、それなりの管理が必要みたいですね。
ただ、この樹がこんなに枝枯れしたのは、昨年夏過ぎからの根腐れ?による根の傷みが、かなり影響しているのかなと思っています。
弱った樹の冬越し、きちんと保護しなければダメですね。
いつの日か
2010/04/14 12:49
初めまして。
東京在住の鱸と申します。

自分も百日紅が好きで、うちにも二鉢あるんですが、
簡易的なムロでは細かい枝先は冬を越せませんでした。
それこそ室内に置くくらいの管理をしないと駄目なんですかねぇ。

2010/04/14 13:10
盆初心さん、
百日紅と書いてサルスベリと呼ぶ風流?な樹ですよ。
特に寒さに弱いって訳ではなくて、モミジなどの雑木と同じようなものですが、細い小枝や枝先は冬枯れしやすいみたいです。
この樹の堂々とした立ち上がりが気に入って入手しましたが、ほんと、どうやったらこうなるんでしょうね。
この足元が活かせるようなカッコいい樹になって欲しいのですが…
いつの日か
2010/04/14 13:21
鱸さん、はじめまして。
雑誌なんかで、かなり小枝が解れた百日紅の盆栽を見かけますが、一体どんな管理をしているのでしょうね。
別の元気な百日紅も、少しではありますが、やはり枝先は数ヶ所枯れ込んでいました。
全枝の完全越冬を達成したいものですが、もし室内に取り込みされたら、また結果のほど教えてくださいね。
いつの日か
2010/04/14 18:41
昔は読めませんでした。

ひゃくにちべに?と呼んだことあります。(笑)
しんぱくん
2010/04/14 19:06
うーん、知らなかった(-_-;)うちのサルスベリも太枝は、枯れませんでしたが細枝からは、未だ芽がでていないので枯れたんですね、今年は、実生の芽がでてるのですが冬は、部屋にとりこんだほうがいいですね
熱盆です
2010/04/14 22:22
お久しぶりです、、百日紅は、私の所でも困り物一つです、、室に入れてますが、、だめです原因が違うのかも知れません、、私の場合は日当たりが悪いのだと思って居ます、、

枝を伸ばすと胴吹きしないし昨年思い切って(10年くらい元葉切で、胴吹きしないやつ)胴切りして見ましたが、枝元からしか芽が出て来ません、、胴吹しない理由も日当たりのせいにしてますが、、台湾で育てたさるすべりは出来が良いと聞いた事が有ります、北陸の私の棚場は特に日当たりが悪いので、そろそろ品種を限定して行かないといけない感じです、、ネズミサシも春に枯れましたし、真柏は杉っ葉だらけだし、、困った物です(^^。
なか
2010/04/15 00:52
しんぱくん、
私の勘違いは・・・
和名で百日紅と書いて「ひゃくにちこう」。
洋名でブルーベリーのような「サルス・ベリー」。
いつの日か
2010/04/15 09:54
熱盆さん、
百日紅も実生していましたか・・・
ほんと、いろんな樹種を持ってますよね。
私、実生経験は少なくって知識も乏しいのですが、
百日紅の苗木を部屋に取り込むってのは、
うーーん、熱海は暖かそうだし、どうなんでしょうね?
いつの日か
2010/04/15 10:10
なかさん、
百日紅の枝は間延びし易いですね。
私が教わったのは、力を付けて夏から芽摘みを繰り返しながら、
枝に胴吹きを促すって方法なのですが、
日照が少ないってのは、百日紅に限らず、確かに不利ですね。
実は昨日、日帰りで石川県へ出張していたところです。
こちらと比べて、かなり気温差がありますし、
もともと北陸はどんより曇りの日も多いうえに、
棚場の位置が更に日照悪いとなると、頭の痛いところですね。
いつの日か
2010/04/15 10:24
「まいにちこう」じゃなくて良かった。
凡人
2010/04/15 11:42
こんにちは。

私は盆栽道具の兼進で店長をしております西村と申します。

もしよろしければ、相互リンクしていただけないかと思い、
連絡させていただきました。

貴ブログは既にリンクさせていただいております。
http://bonsai-tool.net/kane55/1.1/541/

もしよろしければでけっこうでございます。

長々と失礼致しました。

盆栽道具の兼進
西村 昌詞
盆栽道具の兼進
2010/04/15 13:06
凡人さん、
「まいにちこう」を盆栽鉢に挿す訳にはいきませんもんね。
いつの日か
2010/04/15 16:16
盆栽道具の兼進さん、
私の主要な鋏類やピンセットは兼進さんの物で、
このblogでも、たまに先っちょがチラリと登場しています。
相互リンクの件、了解いたしました。
ありがとうございます。
いつの日か
2010/04/15 16:41
当店の道具使っていただいていたのですね!
ありがとうございます!

何かお役に立てることがございましたら、おっしゃってくださいね^^
よろしくお願い致します。

盆栽道具の兼進 西村
2010/04/15 22:51
いえいえ広く浅く枝を持っているだけで盆栽は、一本も持っていないんです、それに、ほとんどその辺で採ってきた、種なんで全部ただなんで気楽にやっています、サルスベリと冬椿と、姫しゃらは、同じ種の形なので混ぜると区別がつきません、冬椿は、発芽に一年かかるしすいませんもしかしたら姫しゃらかもしれません、部屋入れと外出し、実験してみます
熱盆です
2010/04/16 08:27
盆栽道具の兼進 西村さん、
え〜っと・・
いつも、最寄の盆栽園で兼進さんの道具を購入しているんですが、
これからはネットショップの方にも立ち寄ってみますね。
いつの日か
2010/04/16 09:50
熱盆さん、
そうでしたか・・姫シャラと百日紅、同じ葉の形なんですね。
私、どちらも持っているのですが、今まで気付きませんでした。
あれ?
何か、もしかしたら、私、混同して育てていたりして?
いつの日か
2010/04/16 09:56
百日紅はこちらでは街路樹でも植えられてます。
街路樹=丈夫な手の掛からない樹、と思ってました。

実生と挿し木で育ててますが
私が生きている間には
こんな姿にはなりそうもないですよ。
setubon
2010/04/16 19:47
setubonさん、
この樹で樹齢何年くらいなんでしょうね。
20年〜30年くらいだとすると、
十分可能性はありますよ。
百日紅、全体的にけっして弱い樹だとは思っていませんが、
何故だか、細かい小枝は冬枯れしやすいみたいで、
小枝が出来てはまた失う・・をずっと繰り返しています。
いつの日か
2010/04/16 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
百日紅・冬越しがどうも苦手で・・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる