いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS まゆみ・やや根上がり、ほんの少し石付け?

<<   作成日時 : 2009/11/18 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

3年前に改作して畳み込んだこのマユミ。
最初はその形にどこか違和感がありましたが、少しづつその姿も落ち着いてきたようです。
いや、ただ私の目が見慣れてきただけかも知れませんが。


実の数は少ないですが、今が一番いい感じの見頃です。
まゆみ:樹高13cm、左右16cm
画像



上の画像を見ると、立ち上がりの根の絡み模様に芸がありそうです。
でもこちら側から見ると、幹の捻転模様がより引き締まりそうです。
さて、どちらを正面にしましょう。
下半身でいくか、上半身でいくか、足して2で割りたいところですね。
画像



ところで、このマユミ、小さな石を噛んでいます。
画像中央辺りに、白っぽい石が顔を覗かせていますが、判りますでしょうか?
まさか、わざとこんなふうに石を噛ませたとも思えませんし、
きっとこれはどこかで山採りされたものなのでしょうね。
すでにしっかり癒着していて簡単に外れそうにはありません。
と言う事で、このマユミ、こっそり石付けだったんです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつの日かさん、両面使えますね。
さすがに将来を見越した樹作り、感服致しましたm(__)m
いつの日かさんのように
展示会で飾る機会が多い方には
重宝な樹だと思われます。
凡人
2009/11/18 14:24
凡人さん、
半懸崖系にもいくつかのタイプがありますが、
この樹のような樹形って、けっこう両面リバーシブルなんですよね。
樹芯が一方の片面を差すのではなく、前さえ向いていれば、
どっち面から見ても、それなりの様になるみたいです。
展示会って言っても、年一回の山野草展へのゲスト参加だけですし、
自分で飾って、自分で鑑賞するだけなんですよ。
いつの日か
2009/11/18 17:26
この木は!!
そうですか〜
こんなに良い木になってたんですね〜
僕が描いた頃よりもまた古さが出てきていい感じですね!
さすが、半懸崖のスペシャリスト!!
照盆樹
2009/11/18 21:25
照盆樹さん、
3年前に描いてもらった時よりも、全体的にまとまりが出てきたでしょ?
盆栽を何年かやってると、年を重ねる度に樹の古さも増してきますし、
棚場が徐々に成熟している事は喜びですよね。
いつの日か
2009/11/19 09:35
悩ましい樹形で良いですね〜(笑)
半懸崖のスペシャリストってのも良いですね〜?


五朗
2009/11/19 15:03
五朗さん、
半懸崖は一番好きな樹形ですが、
最も簡単に作りやすい樹形だとも言われてますよね。
まぁ、そんな樹形ではありますが、
スペシャリストとまではいかなくても、
自分なりに追求していきたいとは思っています。
いつの日か
2009/11/19 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
まゆみ・やや根上がり、ほんの少し石付け? いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる