いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴノキ・改作ではなく、解決策です

<<   作成日時 : 2008/04/04 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

このエゴノキは昨年の夏、たった数時間の不注意による水切れで全枝を失ってしまいました。
その後、二番芽が2、3箇所から吹いてきましたが樹勢も乗らず、今春の旺盛な芽吹きに望みを繋いでいるところでした。
しかしながら、どこからも胴吹きすることなく、結果的には幹芯まで焼け込み始めていたようです。
このまま枯れてしまわないように、出来る限りの努力をしましたが、原型をまったく留めない大改作・・・ではなくって、解決策の実行です。


上の写真は、胴吹き、特に頂部の芽をずっと待ってましたが、芽は吹く気配なしです。


頭部を削ってみると、もう既にとっくの昔に枯れ込んでいます。
そこで、水吸いが通っていそうな場所まで、どんどんと削っていきましたが、
残念ながら、幹の背中部分は全体的にシャリ化しているようです。
少し手遅れのようでした。
画像



念のため下部をちょこっと削ってみましたが、乾ききっていてシャリ化しています。
やはり少し手遅れのようでした。
画像



とりあえず根処理もせず、そのままズボッと素焼きに入れ替えておきました。
さぁ〜て、今後は懸崖にして背中のシャリはカッコ良く削って・・・
などと、呑気に次の構想を考えながら展示会へ出発です。
画像



ところが訪れた展示会場で・・・・
この作業内容をトップレベルの愛好家さんにお話したところ、
この対処方法では不十分だというアドバイスをいただきました。
エゴノキのような水吸いの太い樹種ではシャリが成立しにくく、
そこからどんどんと焼け込んでしまうのだそうです。


かっこいいシャリどころではありません。
さっそく棚場へ戻って作業のやり直しです。
どんどんと削っていくと、幹芯まで焼け込んでしまっています。
少しどころではありません。かなり手遅れでした。
画像



焼けた部分をキレイに削り取って彫り出していきましたが、
右側の縦半分だけが残った形になります。
今回いただいたアドバイスは、こうして削った面を下にして土中に埋め込むことです。
土の中では焼けずに傷が癒え易いのだそうです。
そしてこれもアドバイス通り、傷が完治し易いように、削り痕に墨を塗りました。
何だか可愛そうな姿に涙が出てきそうです。
画像



深く掘り出した部分が気になって、ここにはモルタルを詰めることに。
泣いてなんかいませんが、涙が滲んでボヤけてよく見えません。
画像



こうして模様木を縦に割って植え、甲羅吹きへと大変身することになりました。
しかしながら、今のところ甲羅の一番端っこからしか幹が出ていません。
でも、まぁ、今はそんな樹形のことよりも、枯らさないことが先決。
その先のことはまたゆっくり考える事にします。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

強健なエゴノキの事ですから・・・水吸いと根が合致していれば・・・枯れる事は無いと思っております。

実は・・・私も同じ失敗を20年くらい前にした事が御座いました、其の樹は・・・又模様樹に成りましたが・・・有る程度完成に近づいた時に請われて・・・友人の為に放出致しましたが、2年後には国風てんに出ていましたので・・・諦める事は無いと思っております。

いつの日かさんの言われる様に、枯らさない事が一番大事だと思っております。
河内の親父
2008/04/04 22:24
河内の親爺さん、
これが先日お話したエゴノキです。
アドバイスに従って処理してみましたが、ご推察通り一部中心まで焼け込んでいましたし、早めに救済措置できて本当に良かったと思っています。
ありがとうございました。
国風展などは雲の上のお話ですが、この樹もいつか再生して盆栽として飾れるようになってくれればと思っています。
もちろんその為には枯らさないって事ですが、こんな当たり前のような事が私にとってはけっこう難しいんですよね。
いつの日か
2008/04/04 22:51
ブラックジャックの登場ですねっ!!!
と思ったらモルタルですか
いつの日かさんは左官屋さんでもあるんですね
さすがです♪
枯らさないようにと懸命の処置をされてるいつの日かさん
優しいですね(*^。^*)
エゴちゃんも応えてくれると思います
にぃにぃ
2008/04/05 02:17
新しい樹形が見えてきましたね。
今後が楽しみですね?
盆栽に終わりが無い事も実証されましたね(笑)
樹の運命なんですよきっと・・
家の盆栽達も運命で樹形を変えていきます(笑)
風に飛ばされたり、水切れしたり・・・


五朗
2008/04/05 11:37
にぃにぃさん、
もうこうなったら、黒いマント着て、髪の毛半分白くして会社に出勤することしします。
そして枯れそうな樹に向かって『治療は3,000万。それでもいいんですか?』とニヒルに話し掛けて回ることにします。
いつの日か
2008/04/05 11:55
五朗さん、
まだ私には次の姿が見えてこないのですが、今後の成り行きに任せながら、新しい樹形を育てていこうと思ってます。
でも、こうなったのも、みんな運命・・ってもんですか。
そうですよね・・・
車上荒らしに遭ったり、お客さんが倒産したり・・
あっ、私の運命なんか語ってる場合じゃありませんでした。
いつの日か
2008/04/05 12:13
ちょっと見に来ないうちに大変な事態になっていたんですね〜
僕の運命は。。。終電と徹夜の繰り返しの人生のようです。。。
とにかく今は、枯れないように仮眠を取るのみです!
落ち着いたらまた教室でお会いしましょうね!
照盆樹
2008/04/18 05:39
照盆樹さんもかなり忙しいようですね。
徹夜、徹夜で体を壊しませんように。
こちらも何故かバタバタの毎日で、
陶芸教室どころか、盆栽の手入れも追いつきません。
お互い、早く落ち着きたいですね。
いつの日か
2008/04/18 12:17
いつの日かさん、2週間過ぎましたが
その後の容態は如何でしょうか?
上手く生き延びればエゴノキの甲羅吹きですからね〜。
ん....なかなかスゴイと思うなぁ。
凡人
2008/04/19 16:05
凡人さん、
このエゴノキ、それが元気ないんですよ。
大手術の後で弱ってしまったんでしょうね。
勢いのない芽で何とか生き長らえてるって感じですが、とりあえず看護して樹勢回復に努めています。
いつの日か
2008/04/21 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゴノキ・改作ではなく、解決策です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる