いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 野梅にジン、シャリを削っていたら・・・

<<   作成日時 : 2008/02/05 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

昨年の今頃は次々に梅が開花していたし、雑木の植替えも既にスタートしていて、真柏などの針金整枝や改作にも追われていたはずです。
それに比べて、あ〜、何故だか今冬の盆栽作業は暇なもんです。
早咲き品種の梅の大半は去年夏の水切れ事故で枯れ死。
寒波の連続か、雑木の新芽もいっこうに膨らんでこない。
真柏なんかは葉がどんどん霜焼け状態で、針金どころか軒下で保護体制に。
樹をいじる機会になかなか恵まれませんが、とりあえず野梅のシン、シャリをちょこっと削り広げておきました。


上の写真は、左下の立ち上がりに丸太の切り残しのような素っ気ないジンが付いています。


そのヘンな尾っぽのようなジンを短く尖がったような形に粗削りしてみました。
画像



さて、削り出し後の全体像を眺めて見ると、あれ?短く削りすぎたかな?
いや、まぁ、このジンと上のシャリを繋げる予定なので、こんなもんかと・・。
野梅:樹高12cm、左右17cm
画像



背中のシャリ部分ですが、完全にウロ状態になっています。
左上の灰色のシャリ部分は元々剥き出しになっていた部分です。
大半の赤茶色の部分ですが、今回の作業で死んでいた樹皮を剥いていった部分です。
この左下のジンももう少しカッコよく詰めてしまいたいところですが、
次にはもっとこのシャリやジンを活かしたいので、植付け角度と正面の変更ですね。
花が終わるまでによく考えて、それから植替えに望むこととします。
画像



最後に今回の失敗です。
電動ルータを使って削っていましたが、力を入れ過ぎたのか手許が軽く弾き飛ばされ、
その反動で鉢に工具が当たってしまって、なんと鉢にまでシャリを削ってしまいました。
うげぇーー、大事な古渡の支那鉢が・・・・などという程の鉢でなくって良かったです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今日も怒濤のような書き込みをさせていただきますね!
まずは、この日記からスタートです!

野梅いいですね〜
うちには、冬至梅しかないので、なんだか幹が荒れないので
面白くないです!
まあ、もともとがホームセンターで購入した接ぎ木素材の園芸品種なんで
仕方のないことなのかもしれませんが、
こうして、盆栽に仕立てられている梅を拝見するとやはり、
花物の王道として一鉢は持っておきない樹種ですよね!

僕は、まだジン、舎利彫刻にチャレンジしたことがないんですよ〜

この野梅もジン舎利を見どころとした正面にされたらまた趣が変わるんでしょうね〜

いいな、僕も欲しい。。。
が、今年は我慢の年だと思ってますんで、地道に今ある素材木たちとたわむれていることにします。
照盆樹
2008/02/05 22:10
照盆樹さん、
せっかく怒涛の書き込みをと仰っていただいたのに、ほとんど更新してなくてスミマセンです。
私も園芸品種の梅が10鉢以上あったのですが、上にも書いたとおり壊滅状態なんですよ。その中で諦めずにずっと水遣りしているものもありますが、状況は厳しいかもしれません。
この樹は職場で管理していたのでトラブル被害に遭いませんでしたが、幹膚も梅らしくバサバサになっているので、これから先もっと枝が出来てきた時がとても楽しみなんです。
背中のシャリは割ってウロが見えるようにと考えているのですが、後悔しないように少しづつ作業していきますね。
いつの日か
2008/02/06 11:47
どう育てて、何年経つとこんな梅になるのでしょう?

サイズにも寄ると思いますが、いつの日かさんの梅を見て
沢山の花を楽しむより、少ない花で荒れた幹肌を鑑賞、楽しむのがベストかな〜

私は展示会にあまり足を運ばないので
どんな姿が良いのか?どんな姿が理想なのか?
もちろん水墨画の梅と盆栽の梅では違いますが
一応、現時点では描いた様な姿が私にとって理想なんですけどね…
個性の問題だと思っても、今一つピンとこないんですよね。
setubon
2008/02/06 18:48
setubonさん、
この梅で樹齢30年くらいだと聞いてますが、ほんと気の遠くなるような年月ですね。
確かに梅は一輪でも風情あるって言われてますけど、え〜っと、実は私は今のところ豪華な満開姿の梅の方が好きなんです。
この梅も将来像を勝手に想像しながらワクワクしてますけど、やっぱり盆栽って自分が一番好きな姿が、自分の一番の理想なのかも知れませんね。
setubonさんの梅もあの水墨画のような紅白梅に育っていく事を期待していますよ。
いつの日か
2008/02/06 22:14
野梅っていいですね♪
年と共に質素な花が好きになってきました^_^;

ところで先生っ!!質問です 「ウロ」ってなんですか?

昔から彫刻は苦手だったので削るのはやめておこう…と
思ってましたが
いつの日かさんの最後の写真でほんの少し勇気がでました(笑)
にぃにぃ
2008/02/07 19:23
今晩は。

良い樹形の野梅ですね!!、彫刻などの感性もよいと思いますが何時も感心する事は素材選びでの感性がとてもよいと思っています。

此れから春たけなわも近づいて来ますので、益々頑張って下さい。
河内の親父
2008/02/07 20:25
にぃにぃさん、
洞(うろ)って空洞のことで、梅なんかは古くなってくると中心部が朽ちてポッカリ穴が開いてしまうんです・・・らしいです。
梅はけっこう堅いかも知れませんが、シャリがあるだけでそれなりに風情も出てくると思いますし、彫るのもけっこう楽しいもんで、にぃにぃさんもぜひ試してくださいね。
もっと勇気が出るようなお話もいっぱいありますよ。
いつの日か
2008/02/08 10:50
河内の親父さん、ありがとうございます。
素材を選んでる時は将来の姿をあれこれ想像していつもウキウキしていますし、これに決めた!と始めて手にした瞬間が、私の一番幸せな時かも知れません。
でも持続力が足りないのか、日々変化のない樹に毎日水遣りしている間に少し飽きてきたりして、どうもそのへんが困りものですね。
せっかく巡り合えた良い素材を持ち崩してしまわないように頑張ります。
いつの日か
2008/02/08 11:14
ありがとうございます(*^_^*)
なるほど穴があいてますね♪

梅は持ってないですが姫りんごの幹がめくれてる(?)
ところがあります。(凹んでる?)
ちょっと触ってみようかなぁ…練習ということで^_^;
にぃにぃ
2008/02/09 01:53
にぃにぃさん、そうなんです。
この梅、背中の上と下の二つの穴は繋がっていてウロになっているんですよ。
シャリやジンを彫る時は、勢い余って指切ったりしないように注意して下さいね。
シャリ付き姫リンゴの誕生、楽しみにしています。
いつの日か
2008/02/09 16:32
今日姫りんごの凹んだ部分についてた苔をめくってみましたが…
削っていいものかどうか悩んでそのまま仕舞いました^_^;
削ったところで色が変わるのか!?それも謎です
誰かに見てもらおうかなぁ〜
にぃにぃ
2008/02/10 02:18
にぃにぃさん、おはようございます。
その姫リンゴのくぼんだ部分って、う〜ん、ちょっと想像がつかないんですけど、どんな大きさなんでしょうか?
機会があったら私も一度見てみたいですね、その凹み。
いつの日か
2008/02/12 10:02
見てください(T_T)
写真撮ってきます…
でもどこに載せればいいのかな…
やっぱあたしの日記か。(-"-)
にぃにぃ
2008/02/13 01:08
にぃにぃさん、
ここに自由に画像貼れたら便利なんですけどね。
せっかく日記にアップしてもらったのに、「ん〜、判りません」の一言で終わらないよう、今から凸凹について猛勉強しておきます。
いつの日か
2008/02/13 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
野梅にジン、シャリを削っていたら・・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる