いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS カエデ・全面紅葉は諦めて渋々手入れしました

<<   作成日時 : 2007/12/08 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

「紅葉が一番綺麗な時がカエデの手入れ時」と言うお話を聞き、このカエデが最も鮮やかな紅葉姿になれば手入れしようと想っていました。
もしかしたら全身燃えるように真っ赤に・・・なんてこっそり期待もしましたが、ここらが限界のようです。

今年もまたもう一歩・・・いや二歩か三歩の紅葉姿かも知れませんが、
そろそろ諦めて冬支度の手入れを行ないました。


上の写真は、赤、黄、緑、ところどころ茶色(日焼け)の完全紅葉ならずの姿です。


まずは全ての葉を落としたところです。
今年は、スタート時から霜害で弱らせ、小枝どころか大事な後ろ枝も失っています。
前半は徒長枝を走らせて樹勢回復に専念。
通常の芽摘みや芽押さえも行なわなかったので、少し乱れてしまいました。
枝ぶりは昨年より少し後退したかも知れません。
画像



間延びした小枝を整理して、気になる枝には針金で軽く方向付けしておきました。
来年はがんばって枝作りに再チャレンジしたいところです。
カエデ:樹高12cm
画像



ちなみに裏から見たところを昨年と比べてみます。

こちらは昨年12月です。
幹の赤茶色の部分は何でだろうとおもっていましたが、
つい先日、これはカエデの成長過程の正常な幹膚だと教えていただきました。
画像



そして現在です。
昨年と比べて上部はやや充実したようですが、中心の役枝はさほど変わらずですね。
この面から見た中央部にあった後ろ枝の損失は大きいです。
そこの空間がポッカリあいてしまい、正面から見た奥行きや重心が悪くなってしまいました。
でも、この部分の枝が無くなった事で、こっちを正面に据えてもいけるかもです。
そう言えば、赤茶けた色の部分がちゃんと灰色の幹膚になってます。なるほど・・。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
陽当たりが原因なのでしょうか?
街路樹のトウカエデは赤と黄の両方みますけどね。

先を考えて徒長させるのも大事なんですね〜
私のみたいに形と色付きの両方を同時に求めるのは無理があるかな…
里子にきた鉢と採取苗でこんな姿の大・ミニを作ってみたいと思ってますよ。
setubon
2007/12/08 18:10
今晩は。

やはり幾ら冷害で後ろ枝を失ったとは言え、一年間の培養の成果はきっちり表れているようですね。!!

然し・・・後ろ枝が無いと奥行き間が感じられませんので、来春には呼び接ぎを考えられるのも良いのでは無いでしょうか。??
河内の親父
2007/12/08 21:59
setubonさん、
モミジやカエデですが、
どうも私の棚場では鮮やかに色づく事は難しいみたいですね。
夏場の陽射し対策と秋肥の加減が問題だとは思ってるんです。
樹作りが優先だって思っていても、
せっかくなんだから紅葉も楽しみたいですよね。
setubonさんとこの紅葉は賑やかそうだったので羨ましいですよ。
いつの日か
2007/12/10 09:48
河内の親父さん、
失った枝は諦めないと仕方ないですが、
呼び接ぎで補うことは考えてみようと思います。
でも呼び接ぎはまだやった事がなくって、いきなりは不安ですし、
まずは他の素材で試してみてからって思います。
この樹は枯れ込まなかっただけでも良しとしたいとこですが、
樹勢も回復すると、またいろいろと欲も出てくるもんですね。
いつの日か
2007/12/10 09:55
いつの日かさん、オハヨウ御座います。
紅葉の件ですが...。
私のところは今年最悪でした。
原因は想像がつかなかったのですが
いつの日かさんの文章を読んで
もしかしたら...と思いついたのは、
私は今までほとんど肥料を使っていませんでしたが
今年は気合を入れて肥培をやったということです。
このカエデ、幹も出来ていますし
後は小枝を作っていく段階にあると思いますので
思い切って来年は肥料を減らしてみては如何でしょうか?
私の感覚的にはまったくやらなくても問題ないように感じます。
それで来年の紅葉の上がり具合に変化があるかどうか...。
興味深いです(^.^)
凡人
2007/12/11 09:23
凡人さん、
確かに秋肥が多過ぎると綺麗に紅葉しないみたいで、このカエデも昨年は調子が良くって、しっかり肥培し続けていたのですが、12月に入っても青々としていました。
でも、野外管理となる冬越しの体力を蓄えておきたいし、春の良好な芽吹きも期待したいし、やはり秋肥は欠かせないような気もしているんです。
少し減らして紅葉を狙うか、紅葉は捨ててまだまだ力付けるか、
う〜ん、やはりここは樹の状態を見ながらかもですね。
このカエデはもう少し立替ながら枝骨を充実させていきたいので、来年も後者の肥培かなぁ・・。
でも別の樹で肥料加減をちょっと試してみようとは思ってるんで、紅葉との関係をまた報告しますね。
いつの日か
2007/12/11 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエデ・全面紅葉は諦めて渋々手入れしました いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる