いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS どうやら無事にキンズの実がとまったようです

<<   作成日時 : 2007/09/11 21:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

お世話になっている盆栽園で聞いたお話ですが、今年の関西地方では全般的に夏の前半のキンズの育ちが良くなかったそうです。
もしかしたら梅雨時が長く日照不足が原因かも知れないとの事でしたが、幾鉢かのキンズを枯らしてしまった盆栽園もあるそうです。
このキンズも6月中はあまり芽が伸びず心配していましたが、7月末の梅雨明け頃から元気に成長を始め、花も遅れて今になってようやく結実を迎えました。
今年は秋の実物がほとんど期待出来ない状況ですが、冬を迎える頃にはこのキンズの実も黄色く熟してくれていることでしょう。
っと、私の場合は油断は禁物なんです。慎重に、慎重に・・・。


上の写真は、今はまだ直径2mm程度の結実した実のアップです。


7月後半、遅れを取り戻すように芽がどんどんと成長を始めた頃の姿です。
まずは勢いをと、予定していた針金掛けも中止して、そのままの伸び放題にしています。
画像



そろそろ手入れをと、少しだけ剪定して軽い整枝で形を整えてあげました。
右側部分の枝嵩をもう少し小さくして、もっとコンパクトに纏めていきたいところです。
しかしながら、こうした姿を見ていると、来春には素焼き鉢を卒業してもいいかもですね。
キンズは浅鉢よりも深めの鉢が良いと聞いていますが、う〜ん・・・鉢合わせに悩みます。
キンズ:樹高10.5cm、左右18cm
画像



針金を巻こうとすると、このトゲがけっこう邪魔になってしかたありません。
長いもので1cm近くもあり、ほとんど凶器です。
時々、指に刺さっては『イタッ・・アイタツ・・・イタタタ・・・』と呟きながら針金を掛けています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、、キンズ実成りですね、、私も先月キンズを手に入れました、雨が続いたせいか、落葉した葉が有りましたが、先週徒長枝を切り少し切り詰めました、、(50cmも伸びてました)、棘、刺さりますね

こんな立派では無いのと実はもう少し小さいです、、来年樹高をどこまで小さく出来るか、、です、植替えも、、
なか
2007/09/12 00:12
なかさん、おはようございます。
なかさんのキンズも拝見していましたが、徒長枝切ってしまったのですね。
今秋はどんどん肥培してもっと走らせて、来春に切り詰めるとばかり思っていました。でも楽しみな素材です。
キンズは水加減がけっこう難しいですね。私はまだ手探り状態です。
いつの日か
2007/09/12 10:30
今日は。

良い金豆で今後の鉢合わせなどが楽しみになる樹ですね、!!私のところも金豆の実が止まり掛けて来ました。

春先の花に実を付けてしまうと早く結実してしまいますので、二番芽の花の実を何時も止めております。

何時も雨などにあてっ放しの管理ですので、他の実物は中々結実してくれませんが、金豆と紫式部は雨にあてても結実してくれますので実物の少ない私にとっては重宝する樹種になっております。

今年はとても金豆の調子が良く素材からの取り木などに拠って、新たな素材が多数出来ましたので、来春からの培養に期待しているところです。
河内の親父
2007/09/12 10:36
河内の親爺さん、
キンズの調子がとても良いとの事ですが、きっと何か秘訣でもお持ちなのでしょうね。
この樹は夏後半から勢いを盛り返してくれましたが、別のキンズは樹勢も乗らずに、これからの肥培量にも少し悩んでいたところです。
そう言えば、春先には花が咲きませんでした。
なので私はキンズの花は夏に咲くものだと思い込んでいたのですが、今回は二番芽からの結実だったんですね。知らずとは言え結果オーライで良かったです。
この樹は今は樹形構想からやや外れてしまいましたが、右側部分を切り詰めて樹冠部をもっと左に寄せながら、引き締まった懸崖の姿を目指しています。
いつの日か
2007/09/12 13:02
今晩は。

>キンズの調子がとても良いとの事ですが、きっと何か秘訣でもお持ちなのでしょうね。

<キンズの樹は、根の活動時期に対しての作業や管理さえ間違えなければ、強い樹ですので管理は楽だと思っております。

>春先には花が咲きませんでした。

<私は春先に古葉を切り取りますので、春先の花は余り咲かないようにしています。

>この樹は今は樹形構想からやや外れてしまいましたが、右側部分を切り詰めて樹冠部をもっと左に寄せながら、引き締まった懸崖の姿を目指しています。

<樹形構想上から考えますと私も同じ考えを持っておりますね、然し此の樹の場合では化粧鉢に入った半懸崖樹形を想像した場合には、今の植え付け位置では少し曲の位置が高く感じてしまう可能性があると思っております。

少し左に沈めて植え付けると自然と樹冠の位置が左に来ますし、右の勝手側の枝を押さえるだけで(第一曲の近くまで)もっと良い半懸崖に成る感覚を持たせて頂きました。

良いキンズなので頑張って下さい。
河内の親父
2007/09/12 20:17
>良いキンズなので頑張って下さい。

頑張って、もっと良くなったら僕にプレゼントしてください(笑)
河内の親父の弟子3号
2007/09/12 21:18
河内の親爺さん、
私も春先に古葉を取るように教わっていたので、春の花を見ることはなかったのですね。
樹形構想ですが、実は私も今より半懸崖を強調したいと思っていましたので、次の植替えまででに左に沈める角度をじっくりと考えてみたいと思います。
あと、私にとって難題なのが樹冠の処理でして、現在は樹冠を形成している部分が二箇所で成り立っています。どちらか一方を外したいのですが、どちらを選択すべきなのかが悩ましいところです。
全体的なおおよそのイメージを画像処理でシュミレーションしていますので、またここで紹介してみます。
いつの日か
2007/09/13 11:01
むむ?・・・河内の親父の弟子3号さんって誰でしょう?
もしかしたら河内の親父の弟子1号さんですか?
それなら逆ですよね。
良い樹いっぱい持ってるのですから何か私にプレゼントしてください。
いつの日か
2007/09/13 11:10
今晩は。

樹冠部分で悩んでいると言う事ですが、樹冠部分の位置や芯の残し方は足元の幹の在り方により変ってくるものと思っております。

半懸崖樹形ですと樹冠部迄余り芯を通さない方が、樹が落ち着いて見えますね、顎枝を上手く使ってなるべく樹冠の高さを詰めて形成する事が必要だと思っております。
河内の親父
2007/09/14 23:02
河内の親父さん、アドバイスありがとうございます。
この樹の樹冠部は今は葉で隠れてしまって分かり難いですが、
全体のバランスからして、大き過ぎるかな?と感じています。
ただここが経験不足なのか、切り詰める事に躊躇いがあってなかなか手を出せずにいますが、のんびり構えていると、樹幹部がますます強くなっていきそうですね。
芯をあまり通さずに、顎枝の活用で樹冠を押さえる・・きちんと枝骨の構想図を描いて、それに向かって作業しくようにします。
いつの日か
2007/09/15 15:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうやら無事にキンズの実がとまったようです いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる