いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴノキって、自由気ままなのが好きなのでしょうか・・

<<   作成日時 : 2007/06/21 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

エゴノキを手入れしましたが、放っておくと枝がバラバラの方向に伸びてしまいます。
真っ直ぐ上に向かう立ち枝だけでなく、内側に向かって伸びていったり、隣の枝と絡まって交差したりと、人の気も知らずに好き放題ったらありません。
芽押さえを兼ねて方向を矯正していますが、今回も葉透かしと共に新しく伸びた芽に針金を掛けておきました。
作業を終えて眺めていると、立てている樹芯がどうも気に入りません。このままだと幹筋の流れが思いっきり前かがみになりそうで、後ろ枝候補のものに切り替えていく事にします。
正面も再検討した方が良いかも知れません。
・・・などと、3月に立てた計画が早くも崩れてきてしまって、あっちにフラフラ〜、こっちにフラフラ〜ッと、何だかまったく地に足が付いてない状態です。
伸ばしている左の下枝も、立て替え用の芽が吹いてくれず、このままで間延びしてしまいそうで何だか心配です。
予定通りいかないですね。私の言う事なんか聞いてくれません、エゴノキって・・・。

上の写真は、今回の手入れ作業直前の姿です。


作業終了ですが、一気に樹芯の変更は出来ませんでした。
複数プランで様子を見ながら・・・・などと、どうも曖昧な態度で臨んでしまいます。
エゴノキ:樹高14cm
画像



各枝が四方八方に向かっていくように針金で方向修正です。
画像



う〜ん、少し左側から見た方がカッコ良く思えてきました。
今春の植替え時にはあれだけ慎重に正面確認したと言うのに、ヤレヤレ・・です。
画像



枝元から芽が出ない左の下枝です。まぁ、犠牲枝と思えばいいのですが・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

エゴの木の枝は言われる通りに厄介な所が御座いますね、枝が内側に湾曲していく様な性質を持っていますね。

芽切りを行う時には外側の芽が伸びる様に頂芽を外側に向けて剪定して行く事がコツかも知れません、此れはどの雑木にも言える事ですが。

真の立替等は余り気にせずに立て替えても直ぐに太りを得られますので此れも問題無いと思いますね、然し徒長枝等の途中からは不定芽が得られにくいので、初めの芽選びのときの選別が大事ですね。

正面位置のの移り変わりは、完成までには良く有ることですので、此れも気になさる必要は無い事でしょうね。
河内の親父
2007/06/21 23:17
河内の親爺さん、
それでは芯の立て替え、正面変更は状況に応じながら対応していく事としますが、枝に胴吹きがあまり期待出来ないってのは少しショックです。
既に間延び気味の枝が幾つかありますので、今後どうしていくかを考えなくてはなりません。
それと今年の芽ですが、枝元の2枚の葉を刈っていても、上手くそこから芽が出て来ないものもあります。このまま芽が出なければ、またそこも間延びですね。
う〜ん、まだまだ芽のコントロール出来ていません。
これは他の雑木についても同じなのですが・・・。
いつの日か
2007/06/21 23:41
おはよう御座います。

少し書き方が解り難かった描き方に成ってしまいました、エゴの木は他の雑木類と比べて今年の芽等の元葉を早く切ってしまいますと先に力が集中する傾向が御座います、此れは寒グミ等も同じ傾向を示しています。

今年の新芽を有る程度伸ばしてから芽切りを行うと言う事はどの雑木にも共通する作業方法で有りますが、エゴの木やグミ等は新芽が伸びた時に中程から先には葉の付け根に次の芽辺りが既に出来ていますね、其の葉を先に切り真だ芽辺りの確認が出来ていない葉はそのままにしておいて芽辺りが来るまで待っていると言う手法を採られる方が枝の強弱のバランスが軽減されると思います。

芽辺りが先に来る樹種の場合は通常唐の発想を変えて先の葉を取り懐の枝の葉を残して行くと言う方法を私は採っております、芽辺りが既に出来ていますので水あげの影響は少ないと思っております。
河内の親父
2007/06/22 09:22
やんちゃなんですね。エゴノキって。
主人に似るんですか!?
ちゅいろ
2007/06/22 10:23
河内の親父さん、
え?そうだったんですか?
それなら今年はちょっと失敗したかも知れません。
他のエゴノキも含めて、早々に新芽の懐の葉を刈ってしまっていますが、待てど暮らせど、そこから二番芽が吹いて来ない訳ですね。
百日紅や金露梅など、どんどんと先の芽を摘んでいく手入れの樹種以外は、どの雑木も全く同じ要領、タイミングで新芽の手入れ作業を行なってしまいました。
このエゴノキの新梢枝元には未だに芽辺りもありませんし、どうやらこのままいけばすべて間延びがちになってしまいそうです。
失敗して覚える・・・とは言いますが、痛いですねぇ。
いつの日か
2007/06/22 12:26
ちゅいろさん、
やんちゃなんですよ、エゴノキって。
主人とは正反対に育つらしいです!?
いつの日か
2007/06/22 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゴノキって、自由気ままなのが好きなのでしょうか・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる