いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士桜・カイガラムシの攻撃に虫の息です

<<   作成日時 : 2007/05/09 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

この富士桜ですが、カイガラムシの被害にあって息絶え絶えとなっています。
昨年の年末、幹枝を掃除しようとしたところ、数本の枝元にビッシリとカイガラムシの卵を発見しました。へばりついていたその白い卵を歯ブラシでこそぎ落とし、そして石灰硫黄合剤で消毒を行なっておきました。
ところが、早期対処で安心かと思っていたのに、春になってもなかなか芽吹いてくれません。
各枝も枯れているようですし、やっと胴吹きした新芽も弱々しく萎れていくばかりです。
またどこかで水切れを起こしてしまったのかと思っていたら、カイガラムシの成虫を発見。
駆除してカイガラムシ用の殺虫剤を散布しておきましたが、今日もまた一匹発見してしまいました。
樹勢が弱いので強い薬剤は避けたかったのですが、別の薬剤を検討する必要がありそうです。カイガラムシは種類も多くて成虫には薬剤の効果も異なるとの事ですが、このまま指を咥えて見ている訳にはいきません。
いろいろと調べていると『カイガラムシが熱帯林を救う』という本を見つけました。
さっそく発注しましたが・・・何やってるんだろう。今はこんな本読んでる場合じゃありません。
残った一芽も間もなく萎れてしまいそうです。何とか救助を続けなければ・・・。

上の写真は、楽しみにしていた花どころか、春の一斉の芽吹きも見れずでした。


発見したカイガラムシです。体長2.5mm程度で凝視しないと気付きません。
画像



白いポツポツとなっている部分は、昨年の年末に駆除した孵化する前の卵の残骸跡です。
画像



ついに一芽となった最後の望みの綱ですが、この芽も萎れてしまいそうです。
葉先から枯れていくだけでなく、他の虫にも食べられています。
画像



虫害?で枯れた枝を取り除きましたが、次はマラソン乳液を試そうと思っています。
カイガラムシは孵化すると幼虫を経てから成虫になるようですが、
成虫がいるって事は、もう数年前からどこかに潜んで寄生していたのかも知れません。
この複雑に入り組み空洞を持ったシャリの中も怪しいですね。
富士桜:樹高6cm
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は。

カイガラムシは意外に厄介ですね、此の富士櫻も其れが原因かどうか画像だけでは判断出来かねますが、言われる様に舎利の空洞の処なんかは怪しいですね。

然し胴吹きもきていますので此の富士櫻自体の生命力に期待したいですね。
河内の親父
2007/05/10 10:28
河内の親父さん、
確かに、枯れかけている本当の原因は別のところにあるのかも知れません。
どこかで水切れさせた可能性も高いのですが・・。
ただ成虫を数匹発見したって事は、まだどこかに潜んでいる可能性は大ですし、幼虫態で昨年から、または二齢性なら一昨年から樹汁を吸引され続けていたとすると、やはり樹勢に悪影響を及ぼしていたかも知れません。
水切れで弱った時の対処と併せて、カイガラムシは撲滅しておきたいとは思いますが、調べてみると種類によっては成虫態での完全な駆除はなかなか難しいようですね。
いつの日か
2007/05/10 11:01
今日朝偶々見ていたTVで櫻の樹木の幹に付いたカイガラムシを金属ブラシ等で擦っている画像を見た所でしたので、いつの日かさんの画像を見た時にダブってしまいました。

私も5年程前に古い盆栽3本に鉄砲虫が入って苦労した事が有ります、幸いにも3本とも回復しましたが、病気共々害虫にも苦労を致します。

カイガラムシの完全駆除は難しいと聞いておりますが、小まめな駆除や薬剤の散布を心がけて行きたいと私も思っております。
河内の親父
2007/05/10 12:26
河内の親父さん、
昨年はアブラムシについて勉強しましたが、今年はカイガラムシを勉強しようと思っています。
種類によっては雄には羽があって飛んで来るとか、雌だけでも繁殖するとか、その生態にはどちらにも共通点があって、一体どこからやって来て増殖するんだろうと言う疑問には納得です。
それにしても、こんな時には普段からの予防消毒の大切さをヒシヒシと感じてしまいます。
いつの日か
2007/05/10 13:39
ワ〜、立派なカイガラムシですね!
こんな大きいの見たことありません。
暖かい地方では樹も大きくなるけど
虫も大きくなるんですね。
樹も弱っているとなれば薬の使い方も難しいでしょうし、これは大変です...。
凡人
2007/05/10 18:04
凡人さん、
私は虫が平気なのでカイガラムシも指先に乗せて観察していましたが、全く動かないので退屈になってしまいました。
しかしながら、肝心の樹はあまり育たないのに、害虫や雑草の方がどんどん育ってしまって困り物です。
いつの日か
2007/05/11 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士桜・カイガラムシの攻撃に虫の息です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる