いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS ガマズミ・まさかの根張り位置に大慌てです

<<   作成日時 : 2007/03/05 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

このガマズミですが、私にとっては初めての植替えとなります。
立ち上がりシャリ部の根が気になるところですが、さっそく鉢から抜いて、ドロ状の土を落としていくと、シャリの下には全く根がありませんでした。
ここまでは、もしかしたらと予想もしていたのですが、それにしても根の付け根がなかなか現れてきません。
あれ〜っ?と思いながら、更に表土を掻き出していくと、何とも深い位置から根が生えています。
はぁ〜・・・こんな立ち上がりだったんですね。極端に基細でちょっとショックです。
予想外の状況にどう対応していいのか分からず、とりあえず鉢に収めましたが、今後の方針はゆっくりと考える事にします。

上の写真は植替え前の姿ですが、こうして目で見える形だけが真実ではありません。
ガマズミ:樹高10cm


下の写真は、土の中に隠されていた本当の立ち上がりの姿です。
さぁ〜って、これからどう処理していこうっかなぁ・・・
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

今晩は。

前にも見せて頂いたガマズミですね、大凡の予想はしていましたが此の様に成っていたのですね。

2〜3の考え方があると思いますね。

一つ目は舎利を上に持って行って植え込みをして左流れの懸崖樹形で考える方法ですね。

二つ目は舎利を切断して右に寝かせて右流れの懸崖樹形に考える方法ですね。

三つ目は今のままの植え込みで舎利の上部を残して取り木を掛けて考えて行く方法ですかね。

どの考え方も面白い樹形が得られるかも知れませんので、色んな樹形を考えるのには良い素材かも知れませんね。
河内の親父
2007/03/05 23:25
河内の親父さん、
以前に、この樹にコメントをいただいた時には、もう既にシャリの下には根がない事を予想されて、この1番目の樹形構想を述べてられました。
1枚の写真だけで、それも土の中は全く見えないのに、これってまるで透視能力か予知能力ですよね。実際の状態を見てピッタリ当たっていたのでビックリしてしまいました。

これでやっとこの樹の全容が分かりましたが、立ち上がりは貧弱ですし、素直に考えるとシャリはかなり邪魔に見えてしまいます。
いっその事、シャリの上部で取り木してしまおうかとも思いましたが、やはりここは短絡的になってはいけませんね。少しでも個性を引き出せるように、いただいた3つの構想を参考にさせていただきながら、じっくりと考えていこうと思います。
いつの日か
2007/03/06 11:09
今晩は。

私も根捌きの画像を見て全容が掴めました、根を捌く前の画像を見てみますと左側や前には枝が無い事が解ります。

全容を掴んだ上での私の個人的な樹形を考えるシュミレーションは3番目の樹形構想を考えてしまいました。

舎利の生き道の処がカルス状になっている事に眼を付けてしまいました、舎利を先ず半分位に切断して舎利部分が土の中に埋まるように植え込むと右流れの半懸崖樹形が出来ると思います。

そうしますと幹の泳ぎも面白そうだし、枝等が上を向くので将来の樹形が掴めやすく成るように思ってしまいました、土の中に入っているカルス部分からの発根も見込めますし舎利部分が見えない事も有利かなと思いました。

あくまで私の個人的な思いですので。!
河内の親父
2007/03/06 18:03
いつの日かさんのところは忙しくなって来ましたね。

河内の親父さんは、木を見て土の中の状態まで見通すんですね。
さすがにすごいですね。
それにしても、「こうして目で見える形だけが真実ではありません」
って、まるで今流行のスピリチュアルみたいで…。
「真実」の立ち上りを見せられて、驚いたり、なるほどと頷いたりしています。
この木のこれからの展開が気になりますね。
北の空
2007/03/06 18:21
河内の親爺さん、
この素材の為にいろいろと構想を練っていただきまして有難うございます。
シャリ部を土に埋めて右流れの半懸崖策を選んだ場合ですが、
まだ少し理解出来ていないところがありまして、
カルス部が発根したとしたら、今の根張りと合わせて、離れた両端の二箇所から根が出てしまう?
そうなったら今の根は追い込んでいって、新しい根張りに立て替えていくのだろうか?
それならば、併せて取り木をかけながらシャリ部を埋め込む・・てのは可能だろうか?
などなど、まだまだ疑問点だらけですが、一つ一つ紐解きながら勉強していってみます。
いつの日か
2007/03/06 20:04
北の空さん、こんばんは。
スピリチュアルの世界だったら、天使の声がこのガマズミの真実を伝えてくれるはずなんですけど、でも私にはそんな声なんて聞こえないので、鉢から抜いて用土を落として実物を確認してしまいましたよ。
こちらでは、追いつかないくらい忙しくなってきました。
植え替える前に芽が展開してきて、ピンチです。
いつの日か
2007/03/06 20:14
今晩は。

北の空さん、初めまして。

カルス部分から本来の根の部分まで何cm有るかが問題点ですね、鉢に収まらない長さなら取り木併用で植え込むのも一つの案だと思っております

懸崖の長さを今より伸ばすつもりならば、今の根の部分が引き根の感じがして懸崖樹形に良く合うかも知れませんね。

いつの日かさんの感性の発揮しどころでは無いでしょうか。?

然し頑張り甲斐の有る樹かもしれませんよ。
河内の親父
2007/03/06 23:00
河内の親父さん、おはようございます。
この樹は、他の樹のオマケで手に入れたようなものですが、
こうしていろいろと考えるだけでも、
どんな樹でもそれなりに楽しめるって事ですね。
今回もいただいたアドバイスで、いろんな事を勉強をさせていただきました。
また改作しましたら紹介させていただきますが、いつも本当にありがとうございます。
いつの日か
2007/03/07 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガマズミ・まさかの根張り位置に大慌てです いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる