いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨年実生の黒松・全員で1年生の卒業式を迎えました

<<   作成日時 : 2007/03/23 19:18   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

画像

昨年春に蒔種した黒松ですが、それぞれの進路を胸にまた新たな道に向かって旅立つ事となりました。
まだ歩み始めたばかりの貧弱な苗木達ですが、皆さんどうか暖かく見守ってあげてください。

上の写真は、昨年の春に数ある中から選ばれて軸切り挿し芽された者達です。
その中から体格検査に合格した者だけが、今回から素焼き鉢入りに昇格です。
厳しいようですが、他の者達はもう一年ポットの中で努力と精進の日々を過ごします。


下の写真は、砂主体の用土へと環境変更を志願した勇気ある者です。
今までの赤玉土単用から、この急激な変化をどう乗り越えていくのか楽しみにしています。
画像



更に下の写真は、無謀にもザル植えを希望した驚くべき屈指の強者です。
早くも水切れの心配がされていますが、実は密かに大きな成長が期待されています。
画像



次の写真は、懸崖、文人、寄せ植えなど、豆盆栽候補となった個性派達です。
今回の植替えで直根が切り詰められましたが、一日も早い安定が望まれるところです。
画像



最後になりましたが・・・・・黒松愛護団体の皆々様、どうかお許しください。
もう手に負えません。ずっとこのままで過ごすかもかも知れません。
こんな目茶苦茶な実生は、もう二度としませんから、どうかどうかご容赦を。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^

ザルに入れた黒松いいかもしれませんね^^
実は私も松を鉢に入れず、土のまま棚に上げているのがあります。
成長した根が陽に当たって伸びないので、植替えをしたのと同じ効果がありそうですよ。
たか@仙台
2007/03/23 20:45
既に手遅れかもしれませんが・・・・
ザル植えした実生は、根が張ります。
植替え前に徹底的に直根を切っておいてください。
「大丈夫か?」ってくらい切ってくださいね。
一時的に樹勢が落ちますが、3〜4年後を考えると必要です。
順調なら夏(8月頃)に2重ザルにされると良いと思います。
あと、来年からは、縦に網目の入ったザルではなく、横に網目の入ったザルをオススメします(←あくまで経験則ですが・・・)。
用土もザルの縁いっぱいくらいまで入れる方が色々な面で良いと思います。


頑張ってくださいっ!

あっ、僕が珍しく真面目にコメントしてることは、照盆樹くんには、ナイショですよ(笑)
mindfluid
2007/03/23 20:58
たかさん、こんばんは。
ザル植えは初めての挑戦なので、今回はお試しってところです。
土のまま?ってのは初めて知りましたが、でもそれって雨とか潅水で崩れないんでしょうか?
それにしても、ほんといろんな方法があるものですね。
いつの日か
2007/03/23 21:31
mindfluidさん、
本格的なザル植えには程遠いレベルですが、自分の環境の中で少しでも近づけてみようと試してみる事にしました。
根の方はたぶん・・・直根は元の細根まで切り詰めたので、う〜ん、たまたま結果オーライかも知れません。
それにしてもザルの調達ってどうするんでしょうか?
近所のスーパーを何件か回りましたが、今時のザルはほとんどステンレス製で、たまたま塩ビがあっても径20cm以上の大きなものしか置いてませんし、その上、ザルを物色しているところを近所の奥さん達に見られたら恥ずかしいしで、もうスタート地点でザル植えの大変さに挫けそうになりました。
このザルはやっとの思いで100円ショップで見つけたのですが、確かに中途半端な用土の量ですね。
逆に、表土の面までザルの縁を切り落とす事にします。

頑張ってみます。

そしてこの事は照盆樹さんだけには秘密にしておきます。
いつの日か
2007/03/23 21:48
おはようございます^^

植替えして1年くらいたって根がまわったものを鉢から出して、周りの徒長している根を切ってそのまま棚に上げています。
根本に細かい根があるので、意外と土は崩れませんよ。
って植替えが面倒的な発想で^^;
たか@仙台
2007/03/24 07:14
いつの日かさん
>それにしてもザルの調達ってどうするんでしょうか?

総合的に判断して、ザルはタケヤ化学工業さんのが良いと思います。
入手経路は色々あると思いますが、僕はアスクルで買ってます。
一番小さいサイズなら100円を割ります。
(多分、79円くらい)

mindfluid
2007/03/24 08:24
やっぱり、北海道で実生したクロマツと比べると
成長が早いようですね。
豆盆栽候補生がいっぱい出来ましたね。

最後の写真はすんごいですねぇ。
愛護団体から嫌がらせメールが届くかも…。
北の空
2007/03/24 14:06
私も最後のはスゴイと思う!
このまま育てたらニューウェイブだ!!
凡人
2007/03/24 20:12
たかさん、こんばんは。
それにしても松を鉢無しで育てるって何だか驚きですね。
私も試して・・うーーむ・・
やはり、またの機会まで秘蔵しておきます。
いつの日か
2007/03/26 17:38
mindfluidさん、いい情報ありがとうございます。
今度、会社でボールペンやクリアファイルを発注する時に、
こっそり注文書に潜ませておきます。
いつの日か
2007/03/26 17:39
北の空さん、
この黒松の苗木はあまり良い日照条件ではありませんが、
それでもやはり北海道よりは有利なようですね。
最後のは・・・
今頃、愛護団体が抗議集会でも行なっているかも知れませんね。
いつの日か
2007/03/26 17:43
凡人さん、
ではこれは敢えて挑戦した黒松の掴み寄せって事で・・。
20年後どうなっているか楽しみにしておいてください。
いつの日か
2007/03/26 17:45
うわぁ〜、すごい。素晴らしい。この子たちがどのように育っていくのか楽しみです。松のタネって、まつぼっくりですか!?そういえばそんなことも知らないのでした。
ざる!この正統派でないところがにくい!
( ´艸`)
最後、パソコンに向かって大笑いしてしまいました。
なんてお茶目なのでしょう(^O^)
http://ameblo.jp/tyuiro
ちゅいろ
2007/03/26 20:26
ちゅいろさん、こんばんは。
松の種はまつぼっくりの中にいっぱい詰まってるんですよ。
この黒松達の半分は自分でまつぼっくりから種を取り出して巻いたものなんですね。
そして無計画に種蒔き過ぎると最後の写真みたいになってしまいます。
うぅ〜反省・・・。
いつの日か
2007/03/28 00:18
やってますねー、黒松。
テンションが上がりました!
最後の写真は文人調の黒松の素材になるんじゃないですか?
こういった苗作りは、香川では普通にみられますよ^^

mindさん>
なるほどっすー。
アスクルの会員なので、来年から始めようと思います。
も一つ、若木の黒松場合"直根を使って太らせる"と思っていたのですが、
勉強になりました。
(根張りパットや鉢底ネットをあてるというのはどうだろうか?)
norifuji
2007/03/28 20:55
norifujiさん、それは知りませんでした。
香川ではこんな風に苗作ってるんですか・・。
でも確かにこれでは文人風の素材しか作れそうにありませんよね。
このまま持ち込んで、黒松の根連なり・・・無理かなぁ。
いつの日か
2007/03/28 22:43
norifuji君
>も一つ、若木の黒松場合"直根を使って太らせる"と思っていたのですが、

少し説明不足の点もありました・・・
人によっては直根を切らない人もいると思います。

ただ、ザル培養で長年(5〜8年くらい)持ち込むので、2年目を迎えるときに直根を切っておかないと、鉢上げするときに鉢に収まらない・・・という事態になります。

僕の場合、直根のみならず太い根はガンガン切るので、樹勢は一時的に著しく落ちます(根が無くなるので灌水も大変)。

しかし、1ヶ月もすれば根は張りますので、問題ないですよ。

直根を切らずに太らせるのも1つの方法だと思います。
少し前なら「太らせるために芯以外に、もう1本役枝を伸ばす」という方法もありました(僕は芯1本のみ伸ばす方法)。

方法は人それぞれです。

>(根張りパットや鉢底ネットをあてるというのはどうだろうか?)

根張りパットについては知らないのでわかりません。
鉢底ネットの場合は、根が絡まってしまうので鉢上げするときのことを考えると避けたほうが良いように思います。


mindfluid
2007/03/29 10:10
小品盆栽の基本は直根を切るものと思っていたので、
直根で太らせる方法もあるなんて話を聞くと、
また私は混乱してしまいそうです。
将来の根張りの事も心配ですが、
胴吹きしにくい黒松なんかは、直根を走らせると、
かなり間延びした素材になりそうなイメージですが、
本当に人それぞれでいろんなやり方なんですね。

そうそうmindfluidさん、
アスクルのカタログ見ましたけど、
推奨のザルは小さなサイズでも径17cmですね。
もっと小さなザルを使っていると思っていました。
いつの日か
2007/03/29 11:11
>推奨のザルは小さなサイズでも径17cmですね。
もっと小さなザルを使っていると思っていました。

そうなんです。
これより小さいのが無いんです。
ミニを作るには、もう少し小さいのがあれば良いんですが・・・

もっとも基本的には15〜20センチの樹高を目指す樹を作ってるので、その場合は問題ないです。

ちなみに僕が使用しているサイズは、17、20、23、29、33の5サイズです。
mindfluid
2007/03/29 11:26
むむ・・そんなに大きなザルを使用していたのですか。
しかし置き場所に余裕のある愛好家さんは羨ましいですね。
いつの日か
2007/03/30 12:21
>むむ・・そんなに大きなザルを使用していたのですか。

そうなんです。
大体、20→29、23→33の二重ザルにしています。
17は今年から使用します。
17→29でいってみようと思ってます。

それはそうと、T君もコメントを見てアスクルに注文したらしいです。

彼には、ヒミツにしておこうと思ってたんですが・・・(笑)
mindfluid
2007/04/03 13:14
もしかしたら、他にもこっそり注文されている方が・・。
アスクルも急にザルの注文が増えて首をひねっていたりして。
T君って、例の方ですね。
ザルが届いてニンマリしている姿が想像されます。
いつの日か
2007/04/04 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨年実生の黒松・全員で1年生の卒業式を迎えました いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる