いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 続いての夏場対策・寒冷紗

<<   作成日時 : 2006/08/15 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

自宅の棚場ですが、そのままにしておくと夏場は終日強い陽射しに直接晒され、その上ご覧の通り、壁際に樹を置いているため照り返しの熱気でかなり過酷な環境となってしまいます。
そこで日照は午前中の約3時間に抑え、午後からは寒冷紗で覆って遮光し、このうだるような炎天下を何とか凌いでいます。

上の写真は、遮光率50%の寒冷紗を二枚重ねして覆っているところです
寒冷紗の中に頭を突っ込んでみると、直射日光が少し和らいでいる事を体感出来ますが、
それでも私は10分も我慢出来ずに涼しいクーラーの部屋へ退散です

寒冷紗は手動の開閉式となっていて、簡単に覆ったり外したり出来ます
下左の写真は、寒冷紗を開いて棚場を遮光する場合
下右の写真は、寒冷紗を閉じて棚場を開放する場合です

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつの日かさんってすごいアイデアマンなんですね!
寒冷紗を巻き取るのではなく、壁際に寄せてしまうところなど、グッドアイデアですよね!!
うちは、西側と北側のベランダなのでもともと日照時間はあっても4時間というところ、寒冷紗をかけるまででもないのですが、なんせベランダ管理なので熱気で蒸れてしまわないかが心配です。。。

結局のところ、うちの棚場では、あ〜だこ〜だいいながら、何も手をつけることが出来ず、木自身の生命力に任せるしかないんですよ。。。
こんな僕でもどうにか木を育てられるんだから自然の摂理ってすごいですよね!!
京都のテルオ
2006/08/17 15:13
棚場は東南向きが最適だ・・みたいに言われていますが、あんまりにも日当たり良過ぎたら、夏場はもう大変ですよ。
この寒冷紗を張る時期がちょっと遅れただけで、桜や土佐水木やいろんな樹があっと言う間に水切れ寸前になって、一部の葉がチリチリになってしまったし、
今の時期の水遣りは、朝たっぷり、寒冷紗かける午後前にたっぷり、夕方に噴霧散水で葉水、夜に乾いている鉢に追加で一日4回もです。
お聞きしていると、テルオさんの普段の水遣りは朝晩二回みたいですが、この夏場にも日照4時間ってのがミソで、その西と北向きの棚場の日当たりが丁度良い加減なのかも知れませんね。
そして樹達もその環境に一生懸命に順応しながら、きっと逞しく育っていくんでしょう、みんなガンバレェ〜。
いつの日か
2006/08/17 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
続いての夏場対策・寒冷紗 いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる