いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS カリン・ミニサイズゆえ実成りは無理でも・・

<<   作成日時 : 2006/05/30 19:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

自生のカリンの実は10cm〜15cmほどになるそうですが、10cmそこそこの樹にそんな大きな実がぶらさがっていたんじゃ、樹から実が成っているのか、実から樹が生えているのか分らなくなってしまいそうです。
という訳で、このカリンの樹に実を付ける事は考えていませんが、もう一つの見所、鱗片状に剥がれて緑色と褐色が織り成す樹皮の美しさを楽しめればなんて思っています。
ところが、現在、部分的に樹皮がボロリと剥がれてしまった部分は何だか痛々しいようにも見え、味わい深い雲紋状の幹肌になるにはあと何年も先の事になりそうです。

上の写真は、右流れの吹流し風にと右枝を伸ばしているところです
カリン:樹高12cm

下の写真は、樹皮が剥がれたての幹肌ですが、何だかまるでケガしたみたいです

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリン・ミニサイズゆえ実成りは無理でも・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる