テーマ:盆栽

つる梅もどき・本気じゃなかったのにぃ・・

このツル梅もどき、待てど暮らせど、一部からしか芽が吹いてくれません。 残念ですが、そろそろ諦める時期が来たようです。 一枝を残して、大半が枯れてしまいました。 この樹は、盆栽としては大した素材ではありません。 でも、私の棚場では最古参の一鉢。 付き合いも長く、気心も知れているはずだったのに、 何故、今回の冬を上手…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ボケ(万華鏡)・なぜだか今年は満開

このボケですが、最後に花を見たのが5年前。 それは、私がこのボケを買ってきた年の春です。 でも、それからの4年間、何故だかまったく花は咲きませんでした。 別に私が嫌われているって訳ではなさそうですが、 いっこうに花が咲かない理由が、少しは気になっていました。 で、現在。 沢山の花が樹全体に思いっきり咲いています。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山モミジ・芽摘みをサボると・・?

今年は山モミジの芽摘みをサボってしまいました。 毎年、マニュアル通りにハカマ取りを行ない、 蕾の段階で早々に芽の先端を摘んできましたが、既にもう手遅れのようです。 この山モミジの新芽を摘む目的。 それは、節間を伸ばさない事だと聞いています。 実は私、毎年、マジメにせっせと芽を摘んでいたのですが、 それでどのくらい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黄梅・春を迎える花

悪夢のような大震災が起こってしまいました。 被害に遭った方々に対して、どんな言葉を投げかけていいのかさえ思い浮かびません。 ただただ、1日も早く、立ち直っていって欲しいと願うばかりです。 私には何の力もありませんが、例え僅かでも何かのお役に立ちたいと思います。 私自身、仕事面で少し震災の影響を受け、 この3…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山モミジ(実生6年目)・いろいろと前途多難です

この山モミジ、実生からかれこれ6年目を迎えます。 3年目にクネクネと曲付けしてみましたが、結果的には失敗。 特に真ん中の上辺りが、U字型のヘンな形になってしまいました。 私ごときが僭越ですが、あまり見込みのない素材なんだと思ってしまいます。 でも何故だか処分はできません。 いつかまた矯正すればいいかと、放置組の一鉢になって…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ガマズミ・今年最初に、まずは不要?な太枝抜き

このガマズミ、半懸崖に改作したのが4年前です。 遠くから見ると、何となく全体の形が出来てきたようにも感じますが、 まだまだ、樹冠や樹芯がきちっと決まっていない状態です。 ガマズミは野趣が持ち味だと言われていますね。 なので、あまりキレイな樹形を目指す必要がないのかも知れません。 今までは、大雑把な姿を作ってきたようなもので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コデマリ・苗木からの4年間の成長

日に日に暖かくなってきましたね。 私の棚場でも、早い樹種から順番に、芽吹きが始まってきました。 気がつくと、このコデマリも芽が展開しかけています。 裏から覗くと、鉢穴から根が溢れ出ています。 前回に植え替えたのは4年前。 そうですね、今年は植え替えておきましょう。 ちょっと鉢に合わせて、将来の姿を想像…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

野梅・花後の剪定ですが・・

今年はやや遅めですが、梅の花がやっと咲き始めました。 梅は数鉢ありますので、棚場に近づくといい香りが漂ってきます。 この開花の姿を惜しみつつ、早々に花は摘んで剪定することにしました。 花を摘みながら、あ、そう言えば・・・? 花は3輪まで。 と、提唱している流派の方のお言葉を思い出しました。 そこで3輪…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

今年の陶芸作品展

明日からですが、私の通っている陶芸教室の作品展が始まります。 鉢だけで出展すればいいのですが、 何故だか、植物を入れて展示する事が私の担当になっています。 今年は小さな鉢を沢山作ったので、 山野草を入れて飾ってみることにしました。 で、今年はこんな感じになりました。 草花は持ち込んだ訳でもなく、ただ突っ込んだ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カエデ・犠牲枝の除去完了

立ち上がりを太くしようと、約3年間、犠牲枝を伸ばし続けていたカエデです。 1m近くあった犠牲枝ですが、昨年の夏過ぎから少しづつ切り詰めてきました。 あんなに長かった犠牲枝も、残すところあと僅か。 最終切断面にマジックでラインを引いて確認です。 切り口に沿って、ノコを真っ直ぐ挽いていきます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

植替え準備・用土の収納コンテナ交換

ここ大阪ですが、例年よりかなり寒い冬が続いていました。 いつもなら、植替えを開始している時期なのですが、 もう少し気温が上がるまでと、タイミングをはかっている状態です。 でも今日は、昨日までの冷え込みが嘘のよう。 まるで3月中旬の春の陽気です。 ぼちぼち植え替えの準備に取り掛かろうかなと思っています。 ところで私…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

三連休・雪で予定の大変更(その二・飾台の製作)

積雪で急遽、予定キャンセルとなった先日の三連休。 代わりに何をして過ごそうかと考えましたが、 前々から、時間に余裕がある時にやりたかった事の一つ。 そうです。 飾り台の試作品を作ってみようと思い立ちました。 と言っても、本格的な飾り台からは程遠い代物ですね。 簡単な見せかけだけの飾り台もどき。 それが当面の目標…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三連休・雪で予定の大変更(その一・棚場の雪掻き)

先週の週末から、私にとっては久々の三連休。 金曜、土曜の二日とも、それぞれ滋賀県方面に出かける予定でした。 まずは、連休スタートの金曜日。 朝6時に起きて外を見ると、雪がしんしんと降り積もっています。 ここ大阪市内では、めったに見ることの出来ない雪景色。 幾つかの樹を棚下に避難させ、予定時刻通りに棚場を後にしました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山モミジ・悪戦苦闘の根接ぎ -Vol.3 根接ぎ作業編-

シリーズでお送りしてきた山モミジの根接ぎ、いよいよ今回で最終回です。 まずは、接ぎ穂がピタッと収まるように、接ぎ位置に溝を掘っていきます。 スパッと一刀で彫り抜きたいところですが、 この座、けっこう堅くって、そう簡単にはいきません。 うーーむ・・溝が上手く彫れません。 やってみると、難しいもんですね。 イメージ・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山モミジ・悪戦苦闘の根接ぎ -Vol.2 根接ぎ位置検討編-

皆様、こんにちは。 山モミジの根接ぎシリーズ、第二回目は根接ぎ位置の検討です。 さて、この山モミジ、盤根化した分厚い座が特徴的です。 でも、後ろから見るとよく判りますが、 幹が座の中央ではなく、端っこから横向きに出ているのです。 この大きな座を何とか活かせないかと考えてきましたが、 どうも、座と幹のバランスが良くないよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山モミジ・悪戦苦闘の根接ぎ -Vol.1 事前準備編-

一昨日の土曜日、予てより計画していた山モミジの根接ぎを行いました。 根を接ぐって、私にとっては初めてのことです。 頭の中で思い描いてたより、少し苦労してしまったかも知れません。 それでは、今回の作業経過を3回の連続シリーズでお届けいたします。 まずは、接ぎ穂の準備です。 寄せ植えをばらし、ポットに入れたのが一年前。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山モミジ・通し接ぎで手痛い貫通ミス

この山モミジ、予定通り通し接ぎの実施です。 私の不注意で折ってしまった枝を、何とか再生しなければなりません。 まずは、昨年からずっと伸ばしてきた呼び接ぎ枝の、最終準備です。 ①幹の中に収まる部分は、癒着し易いように樹皮を剥いておきました。 ②枝となる部分は、通すときに芽が落ちないようにテープで養生です。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

鉢作り・今後の行方・・

ここ最近、盆栽の鉢作りに関連するサイトやブログが増えてきましたね。 私が鉢作りを始めた頃、それはちょうど5年前の今頃でしたが、 ネットでは、盆栽鉢の作り方について、ほとんど情報を得ることが出来ませんでした。 でも、今では鉢作家さん自身のブログで、作り方なんかも紹介されていますし、 趣味で鉢を作っている方々のサイトやブログから…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

紫式部・針金を巻いてはみましたが・・

私の手元で苗木からスタート、今年で6年目を迎えようとしている紫式部です。 昨年の秋後半、落葉後の剪定をさぼってしまいました。 なので、芽出し期になったら剪定、針金巻きをと思っていましたが、 先行して針金だけ巻いておくことにしました。 紫式部:上下10cm ざっと巻き終えました。 枝先の向きを軽く修正したくらいで、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

冬期消毒・あと数年はこの方法で・・

昨日は久しぶりに冷え込みも少なく、過ごしやすい一日でした。 ここぞとばかりに、寒くってずっと延期にしていた冬期消毒作業です。 石灰硫黄合剤を希釈してバケツに入れ、新聞を敷き詰めて、準備完了。 あとは、鉢をビニール袋に包んで、ドボンと薬剤にドブ漬けです。 鉢をビニールで包んでいるのは、表土がこぼれるのを防ぐためです。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

真柏・針金整姿しようと思いましたが・・

冬期中に針金を掛けておこうと思っていた真柏です。 幹に比べて、枝嵩が少し大きいですよね。 全体を絞り込もうと思っていたのです。 でも思っているだけで、寒くって作業する気になれず、 このままでは、ズルズルと春を迎えてしまいそうです。 やっと重い腰が上がりましたが、葉っぱの先は赤茶けた冬の色。 当り前の状態なんでしょ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ホース内凍結・初体験

いや、ほんと寒いです。 昨日の正午前。 潅水しようとしたら、ノズルから水が吹き出してきません。 ホース内に残った水が凍結していたんですね。 こんな事、皆様にとっては何ら珍しくないのかも知れませんが、 私にとっては、初めての体験。 私の棚場は凍らないという私の定説。ついに覆されてしまいました。 ところで、私の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

現在の冬季保護状況

私の冬季保護ですが、棚下の発砲スチロールという簡易なものです。 ただ、ほとんどの樹は通常の露天棚上で冬を越しているので、 この特別保護室で快適な?生活を送っているのは、限られたごく僅かな10数鉢程度です。 まずは、百日紅。 冬の間に小枝が枯れ込んでしまうので、必ず保護。 でも、このように保護しても、やはり小枝は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日本鎌柄・今年の植え替え第一号

日本列島、寒波到来で今年一番の冷え込みです。 各地が大雪に見舞われ、大阪でさえ最低気温零下というこの時期、 盆栽の保護状態を見直そうとさえ思っていた矢先だったのですが、 私、何故だか、植え替えする事になりました。 事の顛末です。 昨日、新年の挨拶を兼ねて、お世話になっている盆栽園に立ち寄りました。 先生と談笑して…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

2011年・明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。 気がつけば、私もかれこれ盆栽歴6年目半ば。 思い起こせば盆栽とともに過ごしてきたこの歳月。 これまでに潅水した水6000リットル。 巻いた針金1200メートル。 施した肥料37キログラム。 新年早々、またまた何だか適当な数字を並べていますが、 それでも、今年も新たな幕が開けました…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

2010年も残りわずか。皆様よいお年を

また一年があっという間に過ぎてしまいました。 ほんと一年間なんて、瞬く間のような時間ですね。 でも5年前の事を思い出すと、何だかとても遠い昔の出来事に感じます。 足早に通り行く時間。 その時、その時の大切さをしみじみと思う今日この頃です。 棚場を見渡すと、私と同じ一年を過ごした盆栽たち。 何も変わらないようで、そ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

寒桜・普段からもっときちんと・・

寒桜の花が咲き始めました。 葉を落した寒々しい樹に囲まれながら、凍えるような空の下で花を咲かせています。 でも、何たることか、この乱れきった姿形。 せっかく花が咲いても、美しさも何もありません。 長い間ずっと手入れを怠ってきた結果ですね。 この樹は、大事な枝を折ったり、見所のジンが腐って取れたりで、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

西洋カマツカ・何か大きな発想転換を

何年経っても形にすらならない素材。 このカマツカもその代表選手の一鉢でして、 私の手元で5年間を過ごしてきましたが、 ほんと、もう、この先どんな風に作っていけばいいのか、さっぱり分かっていません。 実を落とし、長く伸びた2本の枝を詰めて、上から眺めたところです。 立ち上がりからの幹筋が分かりますでしょうか? グル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山モミジ・来春には呼び接ぎを

この山モミジ、昨年春の大失敗から、その姿をかなり後退させてしまいました。 まずは見てください。 こちらは2年前の12月の姿です。 コケ順良く、枝順よく、左下側には利き枝となる枝もしっかりと付いていました。 何だか順風満帆です。 この先の小枝作りが楽しみでした。 そして、その左下の利き枝を下げようと、針金で引っ張っ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

つる梅もどき(実生5年目)・伸ばしては切り戻すの繰り返し

このつる梅もどき、今年も平穏無事に実生5年目を過ごすことが出来ました。 先月中に落葉後の剪定のはずが、気がつけばもう12月も中盤。 急いで、冬越し準備にかからなければなりません。 今年は、春の新梢の芽押さえなど、各季節の作業を少しサボり気味です。 丁寧に細かく手入れした年と、そうではない年。 やはり1年の管理結果は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more