真柏・針金整姿しようと思いましたが・・

冬期中に針金を掛けておこうと思っていた真柏です。 幹に比べて、枝嵩が少し大きいですよね。 全体を絞り込もうと思っていたのです。 でも思っているだけで、寒くって作業する気になれず、 このままでは、ズルズルと春を迎えてしまいそうです。 やっと重い腰が上がりましたが、葉っぱの先は赤茶けた冬の色。 当り前の状態なんでしょ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ホース内凍結・初体験

いや、ほんと寒いです。 昨日の正午前。 潅水しようとしたら、ノズルから水が吹き出してきません。 ホース内に残った水が凍結していたんですね。 こんな事、皆様にとっては何ら珍しくないのかも知れませんが、 私にとっては、初めての体験。 私の棚場は凍らないという私の定説。ついに覆されてしまいました。 ところで、私の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

現在の冬季保護状況

私の冬季保護ですが、棚下の発砲スチロールという簡易なものです。 ただ、ほとんどの樹は通常の露天棚上で冬を越しているので、 この特別保護室で快適な?生活を送っているのは、限られたごく僅かな10数鉢程度です。 まずは、百日紅。 冬の間に小枝が枯れ込んでしまうので、必ず保護。 でも、このように保護しても、やはり小枝は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日本鎌柄・今年の植え替え第一号

日本列島、寒波到来で今年一番の冷え込みです。 各地が大雪に見舞われ、大阪でさえ最低気温零下というこの時期、 盆栽の保護状態を見直そうとさえ思っていた矢先だったのですが、 私、何故だか、植え替えする事になりました。 事の顛末です。 昨日、新年の挨拶を兼ねて、お世話になっている盆栽園に立ち寄りました。 先生と談笑して…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

2011年・明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。 気がつけば、私もかれこれ盆栽歴6年目半ば。 思い起こせば盆栽とともに過ごしてきたこの歳月。 これまでに潅水した水6000リットル。 巻いた針金1200メートル。 施した肥料37キログラム。 新年早々、またまた何だか適当な数字を並べていますが、 それでも、今年も新たな幕が開けました…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

2010年も残りわずか。皆様よいお年を

また一年があっという間に過ぎてしまいました。 ほんと一年間なんて、瞬く間のような時間ですね。 でも5年前の事を思い出すと、何だかとても遠い昔の出来事に感じます。 足早に通り行く時間。 その時、その時の大切さをしみじみと思う今日この頃です。 棚場を見渡すと、私と同じ一年を過ごした盆栽たち。 何も変わらないようで、そ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

寒桜・普段からもっときちんと・・

寒桜の花が咲き始めました。 葉を落した寒々しい樹に囲まれながら、凍えるような空の下で花を咲かせています。 でも、何たることか、この乱れきった姿形。 せっかく花が咲いても、美しさも何もありません。 長い間ずっと手入れを怠ってきた結果ですね。 この樹は、大事な枝を折ったり、見所のジンが腐って取れたりで、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

西洋カマツカ・何か大きな発想転換を

何年経っても形にすらならない素材。 このカマツカもその代表選手の一鉢でして、 私の手元で5年間を過ごしてきましたが、 ほんと、もう、この先どんな風に作っていけばいいのか、さっぱり分かっていません。 実を落とし、長く伸びた2本の枝を詰めて、上から眺めたところです。 立ち上がりからの幹筋が分かりますでしょうか? グル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山モミジ・来春には呼び接ぎを

この山モミジ、昨年春の大失敗から、その姿をかなり後退させてしまいました。 まずは見てください。 こちらは2年前の12月の姿です。 コケ順良く、枝順よく、左下側には利き枝となる枝もしっかりと付いていました。 何だか順風満帆です。 この先の小枝作りが楽しみでした。 そして、その左下の利き枝を下げようと、針金で引っ張っ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

つる梅もどき(実生5年目)・伸ばしては切り戻すの繰り返し

このつる梅もどき、今年も平穏無事に実生5年目を過ごすことが出来ました。 先月中に落葉後の剪定のはずが、気がつけばもう12月も中盤。 急いで、冬越し準備にかからなければなりません。 今年は、春の新梢の芽押さえなど、各季節の作業を少しサボり気味です。 丁寧に細かく手入れした年と、そうではない年。 やはり1年の管理結果は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つる梅もどき・初期の頃の失敗作を何とか・・

このつる梅もどきも、私の棚場では最古参組の一鉢です。 しかしながら、後先も考えずに、何でもかんでも幹や枝を曲げていた頃の犠牲となり、 今となっては、もうどうしようもないような姿形になってしまいました。 つる梅もどき:樹高16cm あちこちに、いろいろと問題点がありますが、まずは、この最初の二股の部分。 典型的なカエ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ケヤキ・360度どこから眺めても・・

このケヤキ、入手したのは2006年の秋なので、 私の棚場で、かれこれ4年間を過ごしてきたことになります。 一応、今年も最低限の芽摘み作業はを繰り返してきたつもりですが、 うーーん・・・一体、いつまでこの作業を続けていけばいいんでしょうね。 あ、もちろん、答えはちゃんと分かってまして、永遠なんですよね。 ただ、このホウキ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

カエデ・石に付いてない石付け

このカエデ、私の棚場では最古参のうちの一鉢です。 入手したのは5年前の秋、盆栽を始め出してすぐの頃です。 立ち上がりは直線一本棒で、軽石のような石と並んで植えつけられていましたが、 まぁ、今なら絶対に選びそうにない素材でした。 それでも、取り木してみたり、石に付けてみたりと、 何とか少しづつ盆栽らしくなるようにと、毎年のよ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

長寿梅・肥料てんこ盛り3年間の成果

この長寿梅、3年の間、肥料をてんこ盛りにして培養してきました。 シュート芽をどんどん伸ばし、木質化すると切り戻して葉刈り。 この作業を年間で2サイクル繰り返します。 あちこちからの胴吹きを促し、芽数をどんどんと増やす事を狙った培養ですが、 さて、3年間の成果はどんなものでしょう・・。 こちらは、2007年11月末。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

まゆみ・年を追うごとに実成りアップ

このマユミ、今年は沢山の実が成ってくれました。 各枝全体からの鈴成り状態というわけではありませんが、 4年前にはたったの2個、3年前と2年前は0個で全滅だった事を思うと、 今年くらい実が成ってくれるなら、私にとっては十分満足しています。 これでキレイに紅葉してくれていたら、何も言うことはありませんが、 あ、いえ、満足です・…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カエデ・樹冠位置を見直すべきか?

このカエデ、奇麗な紅葉姿まであと一息というところです。 でも完璧に色づく前に、チラホラと葉が散り始めてしまいました。 今年こそはと、鮮やかな色を期待していたのですが・・・仕方ないですね。 例年より10日程早めですが、葉を落として冬支度です。 葉をすべて落としたところです。 ほとんどの葉は、軽く触れるだけでパラパラと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

レンギョウ・根の木質化まであと何年?

今年の3月に、根を縛って剥き出しにして植え込んだレンギョウです。 最初は根の保護のために、鉢を囲って根全体を用土に埋めていましたが、 2ヵ月後の5月には、囲いを徐々に外して根を表土に出しておきました。 その頃に、予備で残しておいた犠牲枝も抜いています。 レンギョウ:左右15cm ところが、根はまだ柔らかいままのグラ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ハゼ実生5年目・今年も昨年同様で・・

私が盆栽とblogを同時に始めたのは2005年の9月末頃。 と言うことは、いつのまにか6年目って事なんですね。 とにかく、どちらも5年は継続しようと目標を立てていましたが、 盆栽の方は、未だにきちんと水遣りが出来ずに樹を枯らしている始末。 まぁ、それが今の私の実力ってところです。 盆栽にもいろんな楽しみ方があります…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

真柏・ジンシャリ総崩れ

真柏が思わぬ方向転換を余儀なくされてしまいました。 昨日の事です。 幹を掃除しようとすると、あちこちのシャリ部分がコルクのように脆くなっている事に気付きました。 ピンセットで突付くだけで、簡単にボロボロと崩れ落ちていきます。 シャリから続くジンの付け根も同様の状態です。 何かの病気なのか?虫に食い荒らされているのか? ん…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

美男かずら・実と花の勘違い

この美男かずら、私、ずっと思い違いをしていたようです。 毎年9月頃になると、幾つかの小さな黄色い実のような物がぶら下がってるのに気付きます。 そして、9月末ごろまでに、順番にポロリ、ポロリと落ちてしまいます。 これは他の樹種でも起こるように、 受粉していない雌花が膨らみ始め、 そして完全に結実していない状態で落果しているん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more