いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉢作り・今後の行方・・

<<   作成日時 : 2011/01/31 21:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

ここ最近、盆栽の鉢作りに関連するサイトやブログが増えてきましたね。
私が鉢作りを始めた頃、それはちょうど5年前の今頃でしたが、
ネットでは、盆栽鉢の作り方について、ほとんど情報を得ることが出来ませんでした。
でも、今では鉢作家さん自身のブログで、作り方なんかも紹介されていますし、
趣味で鉢を作っている方々のサイトやブログからも、いろんな鉢作りの話題を目にします。
いろいろと勉強できて、いや、ほんと、有難いことです。


今年の雅風展での事です。
予定していませんでしたが、ふと、鉢作りの講習会に参加してみました。
そこで気付いた事の一つに、
その講師のプロ作家が使っていた粘土が、何とも柔らくって粘り強い。
実際に粘土に手で触れさせていただきましたので、
私がいつも使っている粘土との、微妙な違いを感じ取る事が出来ました。
うーーん・・この粘土で私も作ってみたい。


実は私、たまに陶芸教室に通うという形で、盆栽鉢を作っています。
そして、その教室の窯で鉢を焼いてもらう為には、
決められた粘土や釉薬でなければなりません。
焼成の温度や時間も、先生への一任です。
自分でいろんな事を試す事が出来ないんですよね。
まぁ、その前にもっと基本的な技術を身につける事が大事なのですが・・。


そんな訳で、やや自分の中でマンネリ状態。
何だか頭打ちになってしまっている私の鉢作りです。
もちろん、もっと努力研究すれば、また何かが変わるんでしょうけどね。
でも、まぁ、当分は、趣味の一つとして気が向いた時に楽しむ程度にしておきましょう。
樹を入れて使えるレベルの鉢は、いっこうに出来上がりません。
ちょっと気分転換に、径5cm以内の下草用の鉢を作ってみました。
素焼きは上がっているはずなので、次は釉薬掛けの工程です。
上手く焼き上がったら、その辺の雑草でもむしって入れてみようと思います。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
かなりご不満のご様子、そのうち、庭に窯が、できる日も近そうですね
熱盆です
2011/01/31 23:23
はじめまして、こんばんは。
otamaと申します。

盆栽の培養などについての記事は以前から拝読させて頂いておりました。
とても勉強になります。

木を植えるとどのような鉢写りになるのかとても興味深い鉢ですね。
素朴な鉢で作者のお人柄がにじみ出ているように感じました。

私は最近鉢造りを始めましたのでまだわからないことだらけですが、
盆栽のことを少しずつ勉強して良い鉢を造りたいなと思っております。

では失礼します。
otama
2011/02/01 00:24
おはようございます
小学生の頃に授業で陶芸の真似事をした記憶があります
周りは 茶碗や湯呑みや灰皿を作ってるのに対して
おいらは超ミニのツボや鈴なんぞを作ってましたね
そのツボには松や竹の絵を描いたりして…

ええ 異端児でした(問題児ともいいますw)
mildred
2011/02/01 05:42
熱盆さん、
趣味で作られている方々の鉢を見るにつけ、
皆さん、すごいなぁ〜とただただ感服しています。
窯、欲しいですね〜。
中古市場をチェックしてますが、
なかなか超格安で手頃な物が出てきません。
いつの日か
2011/02/01 10:44
otamaさん、はじめまして。
鉢作りの方々のサイトやブログを見ていますので、
otamaさんのお名前は存じ上げてましたよ。
私も自分で焼いた鉢に樹を収める日を夢に見ていますが、
なかなか、思うようにならずに悪戦苦闘しています。
鉢作りについては、ほんと独学我流の進歩なしですが、
これからも、よろしくお願いいたします。
いつの日か
2011/02/01 10:53
みるどれどさん、
小学生にして、陶芸のツボに松竹の絵とは。
これこそ幼い頃から日本の文化伝統を見据えた、
将来に羽ばたくべき麒麟児だったんですね。
私なんか、小学校の頃の粘土と言えば、
休み時間なんかに、
教材の粘土千切って黒板に投げつけて遊んでましたよ。
的描いて、そこにペタっと貼り付けるんですよね。
でも先生に見つかって、何人かで立たされた記憶が・・
いつの日か
2011/02/01 11:26
いつの日かさん、こんばんは。

>樹を入れて使えるレベルの鉢は、いっこうに出来上がりません。

出来上がっているじゃーないですか!

上手く焼き上がったら見せてくださいね。
気まま
2011/02/01 18:36
気ままさん、
今回のこの鉢は、すべて径5cm以下の小さな鉢ですが、
大きくなればなるほど、形が歪んでしまって、
上から見ると変形した楕円型や、いびつな台形型とかで、
ほんと、自分の成型技術の未熟さに呆れるばかりです。
いつの日か
2011/02/01 19:26
>麒麟児
呼び出しカンキチw
どうも突っ込みようが有りませぬ

うーむ……板井圭介
…mildred
2011/02/03 19:28
みるどれどさん、
うーーむ、麒麟児に板井をぶつけてくるとは、さすがです。
これは、突っ張りVS張り手の面白い一番になりそうですね。
いつの日か
2011/02/03 20:15
こんばんは。私も鉢作りをやってますが、そこの教室の先生は
細かい鉢ばかり作る私に怪訝な顔をしていました。ある日挿し木
で育てた紅葉を自分で作った鉢に仕立てプレゼントしたところ
大変喜んでくれ理解もしてくれました。まだまだラフな物しか
作れませんがこれも楽しいものです。
玉太郎
2011/02/04 19:48
玉太郎さん、
陶芸教室で、盆栽用の鉢作りを学ぶって難しいですよね。
先生が盆栽の鉢に興味ないとなると尚更で、
何を教わるでもなく、好き勝手に作陶させてもらってます。
でも、そっか・・
私も先生に樹を入れてプレゼントしてみよっかなぁ。
いつの日か
2011/02/04 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉢作り・今後の行方・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる