いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS カエデ・本体が危うし

<<   作成日時 : 2010/08/23 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

このカエデですが、勢いよくグングンと伸ばしっぱなしにしてきました。
現在、高さは1m程度。
でもこの樹のほとんどの部分が犠牲枝なんです。


もうこうなってくると、樹全体が犠牲枝みたいなものですが、
本体は、足元のこちら。
この僅か8cm足らずの部分です。
画像



6月に、この本体の部分のみ葉刈りしたのは大失敗でした。
傍に置いたのは、現在の犠牲枝の葉です。
本体から出てきた二番芽は小さいままで、ほとんど大きく成長していません。
犠牲枝に栄養をすべて吸い上げられてしまっているのでしょうね。
このままでは。下枝が弱っていくように、本体が枯れてしまうかも知れません。
画像



こうして犠牲枝を伸ばし続けてきたのは、
立ち上がりを太らせることと、そのラインに動きをつけたかったからです。
でも現在、まだまだ考えていたような結果を得る事が出来ていません。
そろそろ、この作戦を変更する時期にきたようです。
犠牲枝を外すことに決めました。
まずは第一段階として少しだけ切り詰めておきましたが、
様子を見ながら、間隔を空けて、ジワジワと少しづつ切り戻して行こうと思います。
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2009.07.22 犠牲枝の状況
2007.02.06 取り木

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ムフッ、カエデ文人作ってるのかと思いました(^.^)
それにしても伸ばしましたね〜。

まぁ、過ぎたるは及ばざるが如し、
軒下を貸して母屋を盗られるところでしたね?
凡人
2010/08/23 13:17
凡人さん、
いやぁ〜、犠牲枝を伸ばして本体を弱らせるなんて、
それこそ本末転倒でした。
あまり深く考えていた訳でもなく、
迷える者は道を問わずってところですね。
いつの日か
2010/08/23 15:01
うーん、こうやって座を太らせるのですね、勉強になりました、しかし主幹の方が、弱ってしまうのですね、これから、切り詰めて、左の葉も小さくなるといいのですが、最悪枝接ぎもありますし
熱盆です
2010/08/23 23:54
熱盆さん、
うーん、これはたぶん失敗・・なんですよね。
座自体はあまり太らず、
犠牲枝の繋がりもいびつな形で、
思っていたような幹骨格にする事が出来ませんでした。
本体を救助して、また一からやり直します。
いつの日か
2010/08/24 10:01
 
これは…
伸ばしに伸ばしましたね〜
高木性の木は伸びるとどうしても下枝弱っちゃいますよね。
 
しかしミニ好きな自分からすれば魅力的な本体です
 
海斗
2010/08/25 20:37
海斗さん、
興味半分ってこともあって犠牲枝を伸ばし続けましたが、
肝心の本体が弱ってしまっては、元も子もありませんもんね。
うまく犠牲枝を外せたら、コンパクトな本体で一からやり直しです。
いつの日か
2010/08/25 21:14
 
今年の自分の新たな課題が伸ばし太らすですから
いつの日かサンがやってなければ多分自分が同じ事してます…
いや、これ見てもやるかも知れませんけど…笑
 
やっぱり伸ばし太らすも一気にには行かないもんですね〜
ある程度伸ばし戻しまた伸ばし戻しって事なんでしょうが…
ある程度ってのを実践で確かめてみたくなりますよね(^-^)
 
海斗
2010/08/25 21:31
海斗さん、
盆栽の基本は、伸ばしては切り戻すの繰り返しだと聞きますが、
そうして年数をかけて幹骨格、そして枝を作っていくんですよね。
更に、捨て枝などを使って部分的に太らせたり、
または、うねりを作っていくのだと思いますが、
これもまた、長い年月をかけて、
少しづつ変化をつけていくのでしょうね。
まぁ、今回の犠牲枝ですが、
私の経験を積んでいく為の犠牲になってくれた訳でして、
そういう意味では、犠牲枝としての役割を果たしてくれたかも知れません。
いつの日か
2010/08/25 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエデ・本体が危うし いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる