いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 長寿梅・そろそろシュートの伸ばし放題

<<   作成日時 : 2010/05/11 14:15   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

長寿梅のシュートがやっと伸び出してきました。
・・・などと、シュートという専門用語を使ってみましたが、
シュートって、茎と葉の部分の事らしいです。
樹木の場合、ここで言う茎とは、枝の事ですね。
あ、いや、私、そんな構造的な事はあまり知りませんが、
そのシュートの成長、今年は例年よりも1、2週間の遅れです。


さて、シュートがグングン伸びる元気な長寿梅には、どっさり肥料をあげます。
コロコロと肥料が転がり落ちないように、
周りを肥料ドームで囲うようにして、
約40個ほど、ビッシリと肥料を敷き詰めています。
でも、芽が眠ってしまっていたり、樹勢が乗らない長寿梅には禁物ですね。
画像



あとは、7月、または8月初旬まで、この多肥状態を続けると、
このシュートは、20cm程まで伸びる事だと思います。
でも、その間は切り戻したりはせずに、ただただ伸ばします。
そして、一気に2〜3芽に切り戻して、全葉刈り。
そのあと、あちこちからブワァ〜と芽吹いて、芽数が増える予定なんです。
長寿梅:樹高15cm
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2008.08.26 入手直後

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こ、これは肥料に樹を植えたというのか〜!
異常だ、猟奇的なあなた。
凡人
2010/05/11 19:51
こんばんわ びっくりしました 肥料そんなに
置いても大丈夫なんですね 私もチャレンジします!
serakenn
2010/05/11 20:26
凡人さん、
深夜、誰にも見られず、そっと物陰に隠れて、
「ひと〜つ・・ふた〜つ・・」と呟きながら、
長寿梅に肥料を乗せては、「けけけ・・・」と笑っています。
ね?
私、けっして異常ではありません。
いつの日か
2010/05/11 20:48
serakennさん、
私はまだ完璧にマスター出来ていませんが、
これは、知る人ぞ知る、長寿梅の肥料てんこ盛り培養です。
注意点が幾つかありまして・・
@樹勢の良い樹に限る
A春の芽吹きから、芽摘みなどは行わない。
B芽がグングンと伸び始めてから、そこで初めてどっさりと多肥開始
C私は他の肥料を試した訳ではありませんが、
 何故だか、バイオゴールドでないと、上手くいかないそうです。
 プロミックなら、少々混ぜても良いそうです。
いつの日か
2010/05/11 20:59
いつの日かさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
かっちょいい樹ですね〜。
ちょっと質問させてもらっても良いでしょうか。
芽が伸び始めてから多肥とのことですが、写真の長寿梅くらいになるまで、が
目安ですか?
これくらい伸びるまで、春からは無施肥なんでしょうか??
これだけ施肥すると、肥料によって土の目詰まりが考えられると思うのですが
どう対応するのが良いんでしょう?

どうもチョウジュバイとは相性が悪く(管理が悪いだけですが)、素材を毎年のように
購入しては、2年も持たずに枯らせてしまっています。。。
kbonbon
2010/05/11 23:09
うーんまた新たな師匠の試みですね(^-^)肥料たっぷり、日光たっぷり、水たっぷりですか?用土は粗めですか?9月まで楽しみにしています
熱盆です
2010/05/11 23:49
http://ameblo.jp/atubon/entry-10532439945.html
嫁に教わりながらブログを作ってみました素人ですのでお見苦しいと思いますが見ていただければうれしいです
熱盆です
2010/05/12 01:05
kbonbonさん、
実は私もこの肥培のタイミングについては悩むところですね。
春から芽が動いて伸びてくると、少しだけ肥培しますが、
この4号鉢で、バイオゴールド3〜4個乗せていました。
そして芽に勢いがついてくると、ビュンビュン伸びてきますが、
10cm近くになった段階、この写真の長寿梅の芽の状態ですが、
このあたりから、本格的に肥料をどっさり与えていきます。
樹によって、芽がさほど伸びない場合は、多肥は見送りですね。
確かにバイオゴールドは崩れてきますし、
これだけ乗せると表土も汚れて、肥料カスで覆われてきますね。
なので3週間くらいで取り替えて、
その時に表土は新しい用土に取り替えて、幹元は掃除しています。
ただ、私も教わったこの培養法については、
まだまだ試行錯誤しているところでして、
目指すような成果を得るには、もっともっと経験が必要なようです。
長寿梅、枯れてしまうのは残念ですね。
素焼き鉢で、水捌け良い用土で、風通しよく、
まずは樹勢をつけることが大事だとも教わっていますが、
なかなか、これが難しいんですよね。
でも、懲りずにがんばってくださいね。
いつの日か
2010/05/12 10:05
熱盆さん、
肥料たっぷり、日光普通、水普通、
用土はそんなに粗くないって感じです。
ブログ、ついに開設したんですね。
いや〜、おめでとうございます。
早々に見に行ってきましたよ。
登録しないとコメントできないみたいですが、
これからも、ちょくちょく寄せてもらいますね。
いつの日か
2010/05/12 10:12
僕もようやくシュート芽が伸びました

寒かったせいか遅いですね。例年ならGWにはって感じでした。
僕も今年多肥でいこうと思います。

長寿梅は相性悪いって声たまに耳にしますね。何が原因なのでしょうね?
しんぱくん
2010/05/12 21:09
しんぱくん、
長寿梅ですが、実は私もたったの半年足らずで、あっけなく枯らした事あります。
あと、何だかほとんど芽が伸びず、
ずっと弱々しいままの樹もいます。
元気いいものは、ビュンビュン芽が伸びてくるってのに、
これは、元々の個体差なのか、
一度、機嫌を損なうと、回復が難しいのか、
それとも、私の管理がマズイだけなのか、
何が本当の原因なのか私も知りたいです。
いつの日か
2010/05/12 22:19
いつの日かさん、こんばんは
丁寧な説明、ありがとうございます!!
自分の場合、賃貸マンションのベランダで細々と、なので
樹にとっては余り良い環境を与えられないのが事実でそれが
大きな要因なのかもしれません。1階ということもあり
暑くなってくると空気も滞留して風通しが良いとはいえませんし。。
せっかく園芸屋さんでは危うく捨てられそうな、根伏に最適な根を
持つものを根伏して、芽吹いて暫くは良いのですが、これから!
というときに枯れてしまったりと、寂しい思いをしています。
いつの日かさんが書かれているように、一度機嫌を損なうとなかなか
回復が難しいように思います。
葉刈りの頃に、またこのチョウジュバイの記事、是非是非お待ちしています!!
kbonbon
2010/05/13 00:01
kbonbonさん、
確かに棚場の環境で、樹の生育も少し変わってますよね。
私も3箇所のまったく違った環境の棚場を経験していますが、
やはり、日照や風通しの違いは大きいと感じています。
最近は、ベランダで盆栽を育てている方も増えてると思いますが、
私もビルのベランダの時には、真夏には熱がこもって大変でした。
周りに打ち水をしながら、何とか凌いでいたことを思い出します。
不利な環境では、いろいろと苦労も多いかとは思いますが、
がんばってくださいね。
この長寿梅の多肥の結果は、追ってまた紹介します。
いつの日か
2010/05/13 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
長寿梅・そろそろシュートの伸ばし放題 いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる