いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS キンズ・じわじわと衰弱でまずい状態

<<   作成日時 : 2010/04/23 15:13   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 31

画像

キンズの調子が良くありません。
ここ2、3週間、日を追うごとに少しづつ樹勢を落としているようです。
やはり、この天候不良の影響を受けているのでしょうか。
いや、でも、それならば、それなりの管理をするべきですね。
うーーん、
このままでは、ちょっとマズイかもです。


ここ大阪市内、
早い年であれば、今頃からキンズの新芽が伸び始める時期です。
しかしながら、新芽の気配どころか、
次々に葉が丸まって、黄色くなって、最後には茶色になって落ちていきます。
かなりイヤな状況ですね。
画像



クルリと丸まり始めた葉です。
梅の葉なんかは、夏場に水分の蒸散を防ぐために丸まってしまいます。
マユミなど、雑木でも同じように夏場に丸まる事はあります。
でも、このキンズ、水切れしている訳ではないはずなんです。
根が冷えてしまって、弱っているのかも知れませんね。
それで、自ら葉をふるい落として、蒸散を抑えてるんでしょうか?
画像



葉が落ちてしまった枝です。
そのうえ、枝先から枯れてきていますね。
事態はすでに深刻な状況なのかも知れません。
画像



キンズは、樹勢がいい樹種だと言われている一方、
育てるにはコツが必要で、難しい樹種だとも言われているようです。
水捌けの良い用土。
寒さからの保護。
そして、長雨に打たない事。
雨に晒さないように、軒下なんかで管理する方が良いと聞きますが、
確かに、以前の屋根つきベランダで管理していた頃の方が、ずっと元気いっぱいでした。
さて、確実に弱りかけているこのキンズ。
何とか枯れ死コースだけは回避したいおものです。
とりあえず、針金は外しました。
根が冷えているなら、今の鉢は大き過ぎるかも知れません。
ワンサイズ小さ目の鉢に移し替えるべきか・・?
いや、でも、今は触らず、そっと安静にしきおきましょう。
気温が上がるまで、寒さが防げる場所に移動し、
鉢を発泡で包むなど、保温を考えてみます。
少し手を施すのが遅れてしまったかも知れませんが、
何とか持ち堪えて、この危機を乗り越えてください。
キンズ:樹高7cm、左右15cm
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2007.01.09 実の野鳥被害
2007.04.25 植替え
2008.07.23 植替えから1年半後も発根無し

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん!きんずは、気難しいお方なんですね(-_-;) しかもこれ!うちのきんずもこないになってるー! えー、これって新芽がでてくるために、古葉をおとしているのかと思いました!別で花柚子があるのですが葉っぱが全部おちて、枯れたのかと思ったら、新芽が吹いてきたのでとりあえずほっとしていた矢先! はーショック(;_;)針金もはじめての針金でまだ曲もついてないですが、速攻、針金はずさんとー、はー えらいこっちゃー、あっ、師匠の所もお大事に。
熱盆です
2010/04/23 23:46
熱盆さん、
実は私、お恥ずかしながら、昨年に冬越し失敗で、春先にキンズを枯らしているんです。
このキンズも、その時の様子とよく似ていて、なんか、かなりヤバイですよね。
昨晩も遅露注意報が出ていましたが、発泡スチロールに取り込んで保護しています。
でも今朝見たら、ますます…
うー、何とかしたいのですが、何をどうすればいいのやら。
いつの日か
2010/04/24 12:58
やっぱり、柑橘類は、温暖な気候が好ましいようなので、室内に取り込み、陽当たりのいい窓際にとりあえず保護しました
熱盆です
2010/04/24 23:16
熱盆さん、
さっそく部屋に取り込みましたか。
行動、早いですねー。
今日は一転暖かくなりましたが、この気温差が曲者なんですよね。
保護の加減に悩んでしまいます。
いつの日か
2010/04/25 12:58
いつの日かさん、その後キンズの御加減は如何でしょうか?
もちろんこっちでは無理な樹種ですから
何も解りませんが、見た感じ丈夫そうに感じます。
ヤッパリそれぞれ苦労があるんですね〜(^_^;)
凡人
2010/04/26 12:03
凡人さん、
こちらで、この時期の元気なキンズなら、
もう少し葉も濃い緑色で、
新芽がそろそろ伸びてくるはずなんです。
このキンズは、何だか干からびているような感じで、
もしかしたら、このままダメかも知れません。
3月中盤からの冷え込みですが、
ちゃんと保護しなかったのが、いけなかったかもですね。
いつの日か
2010/04/26 14:05
キンズは難しい木ですね。写真のような状態になってしまうとほとんど枯れてしまします。元気のない木を霜にあてるとこのようになります。激しい温度差を嫌いますので
冬は特に注意したほうが良いです。中品サイズのキンズは比較的強いですが、小品は土が少ない分弱いと思った方が良いです。又針金を嫌う木ですから鋏作りを中心に、新芽を吹かせて枝数を増やして作ることが良いと思います。

2011/05/12 10:30
亀さん、
残念ながら、このキンズは回復する事無くこのまま枯れてしまいました。
冬場の保護が足りなかったのかも知れませんが、
私の管理が適切ではなかった事に間違いは無さそうです。
またいつかキンズにチャレンジしようと思っていますが、
枯れると本当にガッカリしてしまいます。
いつの日か
2011/05/12 20:37
冬に同じようなキンズを1000円で買いましたが
同じように葉が丸マリ葉を落としました。
用土の水はけが悪く植え替えたら全然根がありませんでしたが根ぐされしてるわけでもなさそうで水切れっぽかったので
いちおう芽が出てこないか棚下においてますがやっぱり枯れるんですね。
ブログに載せる前に枯れてしまいました。
久しぶりに枯らしたようです。

早々そろそろ更新してください
しんぱくん
2011/05/15 17:57
しんぱくん、
私はキンズについては0勝2敗で、2鉢枯らしてしまいました。
それも、同じような症状で。
何か、情けないお話です。
今の私ですが、
blog更新する前に、盆栽の手入れすら満足に出来ていません。
メチャメチャ忙しくって・・・。
いつの日か
2011/05/16 18:18
>盆栽の手入れすら満足に出来ていません。

<あらら それならあずかりましょうか?

40年くらい
しんぱくん
2011/05/17 00:04
しんぱくん、
ちゃんと40年後に返してくれるなら、お願いしようかな・・。
いつの日か
2011/05/17 10:10
いつの日かさんお久しぶりです。自分の棚にキンズが何本あるか数えて見たところ25本ありました。全部25年前に実生で育てたものです。当時500本近く植えたキンズの残りです。自分が気に入った物は10本位しかできませんでした。先日も業者がお気に入りを持っていきました。キンズは本当に思った様には出来ない木ですね。僕の作り方で良ければお教えいたしますが…。

2011/06/05 18:09
亀さん、
500本も植えたとは、かなりの数ですね。
ぜひとも作り方を教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
いつの日か
2011/06/07 08:45
いつの日かさんこんばんは。キンズは根の芸で作るとと思って下さい。種まきは深い鉢又は、ドカン(ドカンて分かりますか)60cm〜80cmのものを立てて、赤玉土と砕石を入れ種をまきます。砕石を入れる理由は根が自然の曲になる様にる為です。深い鉢や、ドカンを使用する理由は直根をより長く成長させる為です。第一章終わり 次回第二章を話します。

2011/06/07 19:28
亀さん、
出張先でPCが見れず、コメント遅くなってしまいましたが、
第一章ありがとうございます。
土管、わかりますよ。
大型のコンクリート製ではなくて、素焼きの陶器の土管ですね。
砕石で根の芸を作っていくってのは何となく想像が出来て、
ふむふむ、なるほど・・と、うなづけます。
60−80cmの高さで、砕石を混ぜるとなると、
用土の上層部はけっこう乾き易いって事になるのでしょうか?
キンズは滞留水を嫌うと聞いていますが、
この砕石入り赤玉土のドカンは根の生育にも効果的って事なんですね。
キンズの作り方を教えて頂けるって事で楽しみにしていましたが、
まさか実生からだとは思っていませんでした。
でも、いろいろと勉強できそうです。
第二章、また、お待ちしております。
いつの日か
2011/06/11 09:21
いつの日かさん、第二章です。土管の上層部は乾きやすくなりますが、土管は60cm以上ありますから根は下へとより伸びていきます。種まきから1〜2年で根が30〜50cmに成長します。4月20日頃(静岡市)いよいよ苗の取り出しです。土管を斜めにしてゴロゴロ回して土を下から落としていきます。苗が沢山できました。根が乾かないように水につけておきます。アルミ線で曲付けをします。幹の方から根の方に向かって針金を巻きますが、ポイント:根の曲に逆らわず曲の外側に針金が当るようにして巻きます。根の曲方向へ強く曲げていきます。折りたたまれたような木や、文人風や色々できます。曲の付いた部分を土上にだして深鉢に植えます。アルミ線は長めにしておき、鉢の水穴から外に通し鉢の上まで持っていき、木の固定に使用します。   

2011/06/14 09:15
つづき、曲付けした根は水苔で保護しておきます。多めの水と肥料で育てます。成長の良い木は3年で鉛筆よりやや細いくらいになり、曲付けした根は味をだして今流行の6cm位で皆が欲しがる様な木ができます。(評価をお金で表すと2万円以上にはなると思います)この方法で30本ほど作りまいたが、当時の目標サイズは15〜18cmでしたからこのサイズの物はすべて差し上げてしまいました。残念!第三章は15cm位の太幹の作り方を伝えます。

2011/06/14 09:57
亀さん、
第二章、ありがとうございます。
良い味が出せるかどうかは、どんな風に曲付け出来るかって事ですね。
土管と砕石で出来上がった自然な根芸の面白さを活かして、
その曲に逆らわないように、曲成りに曲げていく。
またまた、なるほどと納得です。
成木になったキンズは、硬くて曲げ難いイメージですが、
この苗木段階で、強く曲付けするって事も参考になります。
あと、土管で1〜2年で根が30〜50cmも根が伸びるって事ですが、
この第二章の植え付け時には、
土中に埋める根は、かなり切り詰めてしまうものでしょうか?
それにしても、種蒔から5年そこそこで2万円に育つとは驚きです。
私がやったら2千円にもならないかも知れませんが、
それでも、種を蒔きたくなってきました。
第三章も楽しみにしています。
いつの日か
2011/06/15 22:48
いつの日かさん おはようございます。土中に埋める根ですが、例えば30cmの根を曲付けするとします。土の表面から上に6cm折り曲げて下に6cm又上に6cmこれで18cm土中には12cmしか埋められません。ほとんど切る必要はありませんが8cmから10cm位は土中に埋めておきたいですね。こんな曲付けはありませんが根の太さの目標を決めて曲を付けると良いです。タバコの太さは8mmですからこの太さを参考にすると良いと思います。幹は葉を2〜3枚残して切ってください。葉の元から出てきた目は切らないで伸ばして根を太らせるようにします。枝は切り戻して作りますので思いっきり伸ばしても大丈夫です。言葉で伝えるのは難しいですね。第二章の補足になってしまいました。ごめんなさい。

2011/06/19 10:36
第三章15cm位の樹高の木の作り方ですが、まずゴムホースを5mm〜1cmに輪切りします。これを真っすぐに伸びた幹を曲げてはめ込みます。これで第一曲を作ります。深めの鉢に植えて置きます。はじめの頃は針金で曲を付けていましたが、本当に疲れる作業と針金取りが面倒であった為無い頭で考えた末にこの方法にしました。木の生長具合で異なりますが、幹が固まったらはずし、地面に植え肥料たっぷりで5年〜8年まちます。

2011/06/19 11:01
6年たちました。幹の太さは2.5cm〜3pくらいになり高さは1.3mになりました。4月15日畑から掘り出しです。地面から25cm位の所で切ります。土の中の根は地面に深く伸びています。5号深鉢に入る程度に根の処理をして植えます。枝は1cmほど残し切り詰めます。切った傷にはトップジンペーストを必ず塗っておきます。元気をつけてから(2年位)曲付けされた上できります。伸びた枝元て切ります。曲付けの上部切断部分の形成層から芽がでてきます。そのうちの1本を芯として作りはじめます。2年に1回の植変えごとに長く伸びた枝を詰めます。欲しいところに枝が無い場合には、幹にナイフで切り込みを入れるとそこから芽が出ます。これは根も同様で植替えのとき根の欲しいところに切り込みを入れると根がでます。今思うと地植えしてある時に曲の下で取り木ししたほうが良い木が出来たと思います。取り木をする場合取り木をしたいところより5mm位下で取ったほうがよいです。最後に木作りの最中は肥料と水をたっぷり、それと花が咲いたらすぐに取ることが幹を太く作ることにつながります。(地植えした木の花取りは無理ですが)挑戦してみてください。質問ありましたら亀の知っていることは全て教えます。

2011/06/19 11:55
亀さん、
詳しく丁寧なご説明、本当にありがとうございます。
沢山の内容が盛り込まれているので、
一つ一つ理解しようと、何度か読み返しているところです。
第二章の補足もありがとうございます。

第三章ですが、初歩的な疑問で申し訳ありませんが、
幾つかイメージできなくって、また質問させてください。
まず15cmを目指すスタート地点ですが、
最初の輪切りホースで第一曲を付ける苗木は、
第一章〜第二章での土管+砕石で作った根上げでしょうか?
それとも、普通に実生した1〜2年物とかの苗木でしょうか?
輪切りするゴムホースって、水道のホースの事ですよね。
内径15mm前後の輪に苗を曲げて嵌めこむって事になると、
きっと、まだ曲げ易くって柔らかい段階だと思うのですが、
単純にU字型に曲げておくのでしょうか?
それとも、捻ったり、ひねったりして、ある程度自由な曲を付けても、
この輪切りホースで、うまく留めておく事が出来るのでしょうか?

うーーん、・・何だか、質問攻めになってしまいそうですね。
私も質問内容を文章で上手く伝える事が出来ていないかも知れませんが、
ヘンな質問ばかりで、ほんと、すみません。
何も判っていない初心者レベルなので、そこのところはお許しを。
まだまだ、お聞きしたいところはありますが、
今回は、ここまでにしておきます。

それにしても、このキンズの育て方講座ですが、
この閑散とした誰も見ていないようなblogでは何だかもったないですね。
第三章、ありがとうございました。
いつの日か
2011/06/21 09:21
いつの日かさん 返事遅れてすみません。中国工場の工程管理表作成しており久しぶりに頭使っています。15cmを目標に作る苗は、土管物でも、普通に種まきしたものでもどちらでも良いです。幹の長さは15cm以上あればやりやすいです。単純にUの字に曲げておけば良いです。Uの字に曲げた上のみ成長させますので、下にある芽、出た芽は取り除いてください。もともとキンズは自由にならない木ですから、Uの字に曲げた場所の下が間延びした形になることがありますので、取り木をするつもりで作ったほうが良いものができ、根張り、太さも取り木のほうが早く目標に近づくとおもいます。昨年うす鉢にキンズの種をまいたものがあります。こけだま 作ろうと思っていましたが作りませんでした。もし静岡市に来ることがあればさしあげます。苗は小さいですけれど。15cmサイズは時間がかかりますからあまりおすすめできません。ミニ盆栽(根を使った)で挑戦されたほうが良いとおもいます。このblogを いつの日か きっと誰か見ると思います。楽しみですね。キンズだけでなく他の木の作り方などにも広げていけたら…やはりキンズですよね。

2011/06/24 09:26
亀さん、
私もなかなか返事が出来ずに、本当に申し訳ありません。
納期が迫っている仕事にトラブル続出で、寝る間も惜しんで働いている始末です。
私は2年連続で、たった2鉢しか持っていなかったキンズを両方とも枯らしてしまいました。
この記事のキンズはその二鉢目です。
先に枯らしたキンズですが、
3年前に棚場を引越ししたのですが、それまでは調子が良かったものの、
棚場が変わってからジワジワと調子を落としてしまい、
その年の冬を越せずに枯れてしまいました。
その時の状況も、この記事のキンズと同じような症状です。
自動潅水器を購入したので、春、夏、秋と、張り切ってジャンジャンと水を遣り過ぎたのかも知れません。
キンズは滞留水は好まず、水捌け良い環境で育てると聞いていましたが、
新しい棚場での潅水タイミングが合っていなかったのですね。

亀さんは、根っからのキンズ好きなのですね。
静岡でも、やはり冬越しは保護するのでしょうか。
なかなか静岡市に訪れる機会はありませんが、
教えていただいた根上がりからのミニ盆はぜひとも試してみたいものです。
いろいろと、丁重に教えていただき、ありがとうございます。
いつの日か
2011/07/01 19:10
いつの日かさん 仕事のトラブル大変ですね 頑張ってください。盆栽はすべて水はけの良い植え方をするのが基本です。僕は赤玉(硬質)9、桐生1、の割合です。これは松柏、雑木も同様です。但し木の大きさや、鉢の大きさ、深さ、古い木、若い木によって土の粒を変えます。松柏を主に盆栽をやっている人が、キンズを同じように育てた場合水切れを起こしやすくなります。松柏は水の乾きに強いですから同じようにキンズを育てたらダメです。僕はキンズには水苔をたっぷりのせています。水苔がぬれていても水をかけます。荒い土でうえていますから根腐れすることはありません。以前ある盆栽屋さんで植え替えを見せて頂いたことがあります。モミジの根張りが素晴らしい大物の木でした。もちろん国風展に間違いなく出せる木です。根張り50cmくらいの物を60cm位、高さ5cmの鉢に植える作業でした。ゴロ土をひき中粒を入れアルミ線で固定し根の周りに中粒を約半分入れ、ここまでは通常の植え替えですが、なんと半分入れた中粒の上にに水苔を敷き始めました。その上に又中粒入れ、その上に又水苔を敷き出来上がり。親方に中間に水苔を入れる理由を聞いた所、うすい鉢⇒保水⇒根の焼けこみ防止⇒水はけの良さ と説明してくれました。この園は作風展で内閣総理大臣賞を受賞している園です。木作りは植え替えから…親方が長年行ってきた末に考えついたやり方でした。盆栽を買ったことも無く3〜4回しか行ったことのない園でしたが心が広い園主でおどろいたことを今でも思い出します。キンズは日の当る所が好ましいとありますが、11月〜6月頃まで軒下あるいは前面が開いているビニールハウスに入れて置くと良いです。夏場は半日程度日が当るくらいでも十分に育ちます。僕は実験的に軒下で金魚の水槽を横にして午後3時間位しか日の当らない所で3本育ててますが大変良いです。

2011/07/03 07:18
亀さん、
納期遅れの仕事がなかなか片付かず、お返事もろくに出来ずにすみません。
早く落ち着いて、またゆっくり盆栽で癒されたいところです。
キンズですが、長雨に当てないようにと教わった事があります。
軒下で管理するのも、雨に当てない為だと聞いていましたが、
ビニールハウスなら雨対策も万全ですね。
とにかく水は切らしてはいけないけれど、
用土に水を滞留させてもいけないということで、
鉢底の穴にシュロ紐なんかを通しておいて、
鉢中から水が抜けるように工夫している人もいるそうです。
私の枯れたキンズですが、元気良く青々としていた頃は、
棚場は三方塞がりのベランダで、ほとんど雨に濡れる事はありませんでした。
そのベランダは数時間の日照しかありませんでしたが、
環境を改善したつもりの、今の棚場よりずっと樹は元気でした。
こうしてキンズの話をしていると、
またキンズに挑戦する日が待ち遠しくなりますね。
水苔をたっぷり乗せておくことも参考にさせていただきたいと思います。
それにしても盆栽って、用土にしろ潅水にしろ施肥にしろ、
本当にいろいろと試行錯誤を重ねて試していかないとなりませんね。
まぁ、そこが盆栽の面白さなのですけどね。
今回も貴重な情報、ありがとうございます。
いつの日か
2011/07/11 19:05
いつの日かさんお元気ですか、仕事は順調に進んでますか。キンズですが雨を嫌うのは雨が柑橘類の敵である細菌の感染原因であるからだと聞いています。静岡はみかんの産地でもあるため農協の売店に行くと沢山の農薬が販売されており、色々教えてくれます。シュロ紐僕も雑誌で読んだことがあります…鉢は水穴から水が出るように作られていますから必要ないと思います。但し中国の薄い古鉢には、鉢底が反っているものがあります。これは薄い鉢底の周りにたまった水が土目から徐々に染み出るように作られていると思われます。薄いはちですから水持ちを良くするためでもあると考えられます。先日キンズの苗の根に曲を付けました。この時期の植え替えが良いか悪いか…90cmの水槽もキンズ用として保護ルームにしました。金魚には迷惑なはなしですが。もうキンズはやりたくないと思っていましたが、またはまってしまうか心配です。

2011/07/23 16:45
亀さん、お返事遅くなりました。
長方なんかの針底ですが、確かに四隅に水が溜まりますね。
私は市販されている炭の小片を四隅と鉢穴周りに少量蒔くようにしていますが、
どれほどの効果があるのかは自分でも判っていません。
馬車馬のように働き続けてきましたが、やっと峠を越えて一段落です。
blogを更新している余裕もありませんでしたが、
仕事も落ち着きそうで、またそろそろ再開しようかなと思っています。
いつの日か
2011/08/05 17:59
いつの日かさんお久しぶりです。中国工場での生産が始まり出張が多くなってきました。僕のの奥さんにお願いする盆栽の水やりが心配です。いよいよキンズの実が付きはじめましたね。今年もきれいなオレンジに輝く実が楽しみです。金魚の水槽に入れたキンズは大変よいです。深めの鉢に植えたキンズは育ちがやはりよいです。

2011/08/16 08:29
はじめまして。
キンズの事について調べていたら、偶然たどり着きました。
今年の正月に一目惚れして購入した道民です。
秋冬家に取り込めば、鉢植えで実を楽しめそうな柑橘類かな〜ぐらいに思っていたのですが、他の柑橘類とは違った楽しみ方があるのですね。
北海道では地植えだと育てられないので、冬でも外で管理できる皆さんが羨ましいです。屋内だとどうしても勢いがなくなってしまいますから…
今まではガーデニングや家庭菜園がメインだったのですが、皆さんの書き込みを見ていて、盆栽の誘惑に駆られていますw
亀さんのミズゴケの書き込みを見て、釣るタイプの寄せ植えにも応用が効きそうだな…と思ったり。
他分野の専門的な話ってとても興味深くて勉強になりました。
どうもありがとうございます。
風雪
2013/01/20 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
キンズ・じわじわと衰弱でまずい状態 いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる