いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅・ボディ作りは順調でしたが・・

<<   作成日時 : 2010/03/15 13:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

この梅ですが、入手してから4年目を迎えました。
3年間の歳月って、それなりに何かが成長するものですね。
この樹も、当初から比べると、何だか少しは樹らしくなってきたかも知れません。


こちらが入手直後の3年前、2007年1月の姿です。
持ち崩した素材ということで、盆栽園からサービスとして頂いて帰りました。
こうして見ると、ズングリムックリのおかしな形ですね。
まずは立ち上がりの左右を削って形を整え、背中にシャリを背負わせました。
そして、残された左の2芽から、私の樹作りスタートです。
画像



さて、今回の作業開始です。
黒く描かれている線ですが、マジックで落書きしている訳ではありません。
画像



シャリを広げようと、削る部分を下書きしていたのでした。
でも、削り始めるとこの背中は既に完全に枯れています。
結局、下書きと関係なく、生きている部分の際まで削る羽目になりました。
下書きのマジックのライン、ほとんど意味なしです。
画像



植え替える前に、針金で整枝。
下枝を下げようと、鉢穴から引っ張る為の針金もぶら下げています。
画像



しかしながら、鉢から抜いてみると、シャリから続く部分の根が死んでいます。
そうならないように、シャリは根元のやや上から削ったつもりだったのですが、
根は完全に枯れていて、その根元の幹も少し焼け込んでいました。
水吸いをよく考えず、形だけでシャリを作ったしまった結果ですね。
とりあえず、痛んだ部分を削っておきましたが、
腐らなければ、良しとしましょう。
画像



削った幹元からの発根は、あまり期待できそうにありませんね。
・・・と言いつつ、
こっそり発根を期待して、素焼き鉢に入れておきました。
今年はボディ作りよりも、根作りに重点を置くことにします。
・・・と言いつつ、
きっと芽摘みや葉刈りも行いながら、樹作りも楽しんでいることでしょう。
梅:樹高15cm
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2007.01.30 入手直後のシャリ削り
2007.07.31 葉ダニ被害


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
入手時と比較すると格段に良くなって来てますね。
どっしりとした足元といい、枝も増えてカッコよくなってきましたね♪

こんな木をサービスでくれる盆栽園って・・・
僕にも紹介してください!!笑
盆初心
2010/03/15 18:17
盆初心さん、
この樹は、他の樹を買った時のオマケ品みたいなもんです。
棚下に転がっていたのを見つけ、
何だかいろいろと楽しめそうな予感に、
ぜひぜひと、持ち帰って来ました。
あれから3年、少しは全体像が見えてきましたが、
まだまだ上半身や各枝をつくっていかねばなりませんね。
いつの日か
2010/03/15 19:11
あるプロのお話だと
「梅は降るけれべ古いほど化粧鉢とか観賞用の鉢に植えてる間は胴ぶきしないね。駄温鉢とか素焼きに入れると胴ぶきしてくれるからヤゴ芽に注意せんといかんよ。」
とのことですので、ヤゴ芽にご注意ください。
と言いながら毎年ヤゴ芽に立て替えて木をいじめて小さくしようと無駄な努力をしてしまっている盆次郎でした〜。
盆次郎
2010/03/18 19:55
盆次郎さん、
ヤゴ芽って、根元から出てくる、あのヒコ生えの事ですか?
でも、立て替えるって事なので、そうではなさそうですね。
この一の枝と樹芯の間に、もう少し枝が欲しかったところなので、
位置さえ良ければ、普通の胴吹きなら大歓迎です。
そう言えば、素焼き鉢で梅を管理するのは始めてでした。
いろいろと注意しておきますね。
いつの日か
2010/03/18 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅・ボディ作りは順調でしたが・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる