いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS コデマリ・植替え積み残し第一号

<<   作成日時 : 2010/03/05 19:48   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

このコデマリですが、素焼き鉢で植え替えずに3年が経ちました。
ヤゴ芽が株立ちになり、癒着した足元が少しは太ってきています。
そろそろ植え替えてあげようと思っていたのですが、
最近の陽気で、あれよあれよと言う間に芽が伸び出してきていますね。
う−−ん、ボヤボヤしていると手遅れになりそうです。
私は、かなり早い時期から植替えを開始しているつもりですが、
けっして、テキパキと、次々に植え替えが出来ている訳ではありません。
作業の手も遅く、結局は後からスタートした方々に追い抜かれていくんですね。
コデマリ:樹高12cm


さっさと植え替えるべきか?
新芽が伸び始めてきたので見送るべきか?
さて、どうしましょう。
そうですね・・・。
そうそう、用土の詰まり具合や、根の回り具合を確かめてから決めましょう。
千枚通しを用土に突き刺して、その感触で用土や根を探ってみます。
画像



力を入れると、ズブズブッと千枚通しの尖った先端が用土に吸い込まれていきます。
指先に神経を集中。
うーーむ、ふむふむ、ほぉ〜、なるほど。
用土や根の状態が、手に取るように伝わってきます。
・・・と、かっこよく言ってみたいところですが、すみません。
え〜っと、ちょっとベテランさんの真似事をしてみたかっただけなのでした。
千枚通しの突き刺さり具合で、鉢中の根の状態を知るなんて私にはムリです。
とりあえず、ガチガチではなさそうなので、まだいけるでしょう。
けっきょく邪魔臭いだけの言い訳で、今回の植替え予定は積み残しとなりました。
画像




【この樹の成長記録(過去の関連記事より)】
2006.05.17 将来構想思案中


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
前回は、お騒がせいたしました。しかし、こんなにたくさんの希望者がでるとは、さすが!師匠です!盆栽歴なんて関係ないと思います、わたしは、どれだけ自分が楽しめているか、だと思います、師匠の作品達は、そんな樹ばかりだと思います、失礼しました 本題です、癒着?と、言うことは、元々は、2本だったと言うことですか、コデマリも、紅葉みたいに癒着するのですね、また勉強になりました、あと、質問なんですが、赤松の山採り苗が、3、4ヶ月すると、突然枯れ始めるのは、なぜなのでしょう?葉が青いまま枯れていきます、水吸いが機能していないのでしょうか、それともダニや細菌系の病気なのでしょうか?
熱盆です
2010/03/06 00:24
熱盆さん、
このコデマリ、最初は1幹だったのですが、
沢山出てきたヤゴ芽を放置して時期があって、
ヤゴ芽が癒着した・・と言うよりも、
そのヤゴ芽達が犠牲枝となって足元が太ったのかも知れません。
松類は枯れ始めても、すぐに葉が茶色くならないので、
なかなか気付かないものですが、
熱盆さんの赤松は、うーーん、何故枯れてしまうんでしょうね?
ダニ類なら葉が吸引されて白くなるし、
松枯れ病なんかは、若い苗木は被害に遭いにくいでしょうし・・。
枯れた赤松の根は、どんな状態なんでしょうか。
新しい環境に馴染めず、うまく活着出来なかったのかも知れませんね。
いつの日か
2010/03/06 11:36
師匠

いろんな樹種をおもちですね。

次は何がでてくるか楽しみです。
しんぱくん
2010/03/06 12:26
しんぱくん、
ひぃ〜、師匠だけはご勘弁を〜。
盆栽を始めた頃、植木市なんかで何も考えずに、
ポット植えの苗木なんかを買ってました。
今となっては、盆栽になるの、これ?って感じなんです。
いつの日か
2010/03/06 13:07
なるほど、やご芽を切らずに伸ばし続けると幹元が太るのですね、わたしなんかは、やご芽が出ようものなら、これ幸いとすぐに切り離して株分けしてしまいます、今は、せっせと、桜のやご芽を、集めています、ついてくれればいいのですがヌあと、赤松の件なのですが、根を抜いて見た所、爪で引っ張ると薄皮がするっと剥けて中から裸の根が剥き出しになります、根腐れなのでしょうか?水のやりすぎ?と思いグリンナーをかけて、水やりを控えたり、普段使っている赤玉土を、小粒から中粒に替えてみたりしているのですが、後、葉の量は、やっぱり、鋤かしたほうがいいのですかね?とにかく、とってくるたびに枯れてしまうので大分へこみます、あと師匠なりの対処方や心掛けていることなどがあれば、教えていただけますか。
熱盆です
2010/03/07 00:07
熱盆さん、
ツルッと薄皮が剥けて裸の根…ですか?
うーん、どんな状態か私にはよく分かりませんが、どちらにしても根の状態はニュルニュルしてそうで良くないって事ですよね。
私、赤松にあまり詳しくありませんが、用土の砂の割合を多くするとか、用土を荒めにするとか、深鉢に入れるとか、もっと排水性を高めて、乾かし気味で様子を見てもいいかも知れませんね。
葉透かしの事もよく分かりませんが、根を追い込まなければいけないのなら、バランスを考えて、葉量も減らした方がいいのかも知れません。
いや〜、ほんとに私、そんなに詳しくないですよ。
的確なお答え出来ずにすみませんです。
いつの日か
2010/03/07 17:41
いろいろ御面倒おかけしました、たいへん勉強になりました、乾かしぎみに育てるのですね、わたくし、ガンガン水をやっていました、半ばやけくそ気味に(-_-;)、水やりの仕方を変えてみます、有り難うございました
熱盆です
2010/03/08 21:57
熱盆さん、
山から採って来た赤松、しっかりと根付くといいですね。
そう言えば私も、盆栽を始めた当初、
キャンプ場から赤松の一年生を抜いて持ち帰ってきました。
今でも棚場の片隅で細々と生計を営んでいます。
いつの日か
2010/03/09 10:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
コデマリ・植替え積み残し第一号 いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる