いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 百日紅・取り木してはみたものの・・

<<   作成日時 : 2009/11/06 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

この百日紅ですが、2006年晩春に取り木し、同年夏の終わりに切り離したものです。


親木が40cm程のヒョロリとした園芸用素材だったので、
樹高を縮小したいという思いもありましたが、取り木の練習が一番の目的でした。
こちらは切り離し直前の状態ですが、
この百日紅は品種物で、名前は・・・うーーん、紅流し?だか何だか忘れてしまいました。
画像



そして、無事切り離し。
画像



それから3年の年月が経過しました。
しかしながら、せっかく取り木したのにほとんど放置状態。
何もせずに伸ばしているだけでは、元の親木のような姿になってしまいそうです。
このままでは、またどこかで取り木しなくてはなりません。
画像



そこで、この樹を、今、剪定するならどんな感じに?とシュミレーションです。
まずは、こんな風に切り戻してみました。
立ち木風ですが、これでは右の一の枝が太すぎますね。
そもそも、現在の幹筋を無視して枝にしようとしているところに無理があります。
画像



この太い枝は捨てて、立ち上がりの子幹を使った双幹風はどうでしょうか。
主幹は右流れに沿って、針金で矯正したものと仮定です。
画像



などと、暇つぶしに少しだけ遊んでみましたが、
よく考えると、たぶん、けっこう深植えされているはずなんです。
来年の植え替え時、本当の立ち上がり部分を確認してから決めても遅くありませんね。
百日紅は冬越し前に剪定すると、あちこち枝枯れして良くないとも聞いてますし。
またこうして、作業をどんどん先送りにしていく私です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あっ、また遊んでる(^.^)
私なら左1の枝だけで作りそうです。
針金で曲を付けて枝を作りながら
切り離しのタイミングを探るかなぁ〜?
凡人
2009/11/07 08:05
凡人さん、
左一の枝で作るのは一番時間がかかりそうですが、
立ち上がりの棒立ちも解消できて、
結局は一番良い姿が得られるかも知れませんね。
などとコメントしておきながら、
また全然違ったアイデアを思い浮かべている私です。
いつの日か
2009/11/07 14:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
百日紅・取り木してはみたものの・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる