いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒松・そろそろ樹冠部の再生開始です

<<   作成日時 : 2009/10/21 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

この黒松、昨年の春に樹芯部が枯れ出し、ついには樹冠を失ってしまった樹です。
そこから1年半、素焼き鉢で樹勢回復に専念してきましたが、
弱々しかった葉や芽にも、ずいぶんと力が戻ってきたようです。
芽切りもせずに、伸ばし放題にしてきましたが、
元気も良さそうなので、前年葉を透かして、長く伸びた葉を葉切りしておきました。
そろそろ、樹冠部の再生に向けて活動開始しても良い時期かも知れません。
樹芯を選んで立てておくことにしました。


こちらは、昨年の4月。
何故だか、樹冠部を形成していた枝や芽が枯れ始めました。
枯れた部分を切り詰めていくと、頂上部にポッカリと穴が開いてしまいました。
画像



さて、樹芯を選ばなくてはなりません。
模様木なので、樹芯は樹の中心部へ向かうように考えようと思います。

真上から覗き込んで見たところですが・・・
@樹芯候補その1(青色の点)
  この枝が一番立て易そうですが、位置的に正面寄りなのが気にかかります。
  ここから樹冠部を作っていくと、やや前屈みで奥行きも乏しくなるかも知れません。
A樹芯候補その2(ピンク色の点)
  幹筋からの繋がりも自然だとは思いますし、奥側から手前に向かった樹冠部を作れそうです。
  ただ、私の技量でこの枝を枝元から起こして、中心部へぐっと返しきれるか?そこが問題です。
ちなみに・・・
B黄色の点は、この樹の中心辺りです。
C赤色の点は、元の樹芯が出ていた位置です。
画像



少し悩みましたが、作業が簡単そうな、候補その1の枝を樹芯として立てておきました。
弱虫の私ですが、まぁ、無理は禁物ってことで・・・。
画像



新たな樹芯を立てた全体像です。
立てた芽が右を向いているので、左に向かうように矯正したいところです。
今回の作業はこれで終了ですが、
次は、葉切りしただけの葉を調整しながら透かしていく作業ですね。
左中間部の枝棚がかなり混んできていますので、スッキリとさせてあげなくてはなりません。
黒松:樹高16cm
画像



最後に、今回立てた、樹芯位置の検証です。
青いラインが樹の中心です。(だと思うのですが・・・誤っていたならスミマセン)
樹芯位置が、樹の中心からさほどズレていないようです。
まずはこれでオッケーとしましょう。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
何故樹冠部がかれたのでしょうね?

一番力がつきそうなとこなのに・・・

いい樹なのでこのまま元気に名樹に向かうことを祈ります
しんぱくん
2009/10/21 19:16
しんぱくん、
樹冠部を思いっきり潰し込んで整枝したところに、
12月下旬という季節外れにも係らず、
ほんの少しですが根を切って一回り小さな鉢に移し替えたのです。
そもそも、この時点でダメージがあったはずなのですが、
その後の冬季保護も的確ではなかったので、枯れ始めたんだと思います。
何故だか枯れました・・・などと、知らないフリをしてしまいましたが、
よく考えれば、思い当たるフシはいっぱいありました。
うーーん、証拠も揃って有罪決定ですね。
いつの日か
2009/10/21 20:28
それでも
枯れない
黒松強ですね
しんぱくん
2009/10/21 20:47
樹勢も低下でヒヤヒヤものでしたが、
黒松強くって助かりました。
いつの日か
2009/10/21 20:54
う〜ん...私なら無理でも何でも
ピンクを廻して来そうです(^_^;)
それにしても良い樹を
シッカリ手入れしてますね〜。
愛好家の鑑です。
今夜から大阪に足を向けて寝るのをやめることにします。
凡人
2009/10/22 13:03
凡人さん、
ピンクを立てようと一度は針金巻いたんですけどね。
枝途中から立てるのは簡単そうなのですが、
枝元からとなるとなかなか手強そうで中止です。
そうそう、凡人さんが大阪に足を向けて寝ると昔の人に注意されます。
良くないと云われる北枕になってしまいますもんね。
って、そんな迷信も聞かなくなりましたが・・。
いつの日か
2009/10/22 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒松・そろそろ樹冠部の再生開始です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる