いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 小性梅・実姿の今年一番乗りですが・・

<<   作成日時 : 2009/10/13 14:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

私の棚場も少しづつ彩り始め、どことなく秋らしさを感じるようになってきました。
まずはこの小性梅。
もう既に真っ赤な可愛い実でいっぱいです。
本来なら、この実姿に秋の風情をゆっくりと楽しみたいところですよね。
でも、私は今年も浮かない気持ちでこの樹を眺めています。

と言いますのは、夏場の水切れで大事な差し枝を失ったのが2年前。
そこから再生を目指してきましたが、いっこうに元の姿に戻りません。
この小性梅、幹からでも少しは胴吹きしてくれます。
今年の春にも、無くした枝の位置に幾つか芽が吹きました。
これで枝が作り直せると喜んでいたのですが、結局、吹いた芽は全滅。

たぶん、上部が強すぎて、下部の芽や枝に力が乗らないんでしょうね。
この写真でも、左下の枝などひ弱なままです
このままでは、新しい下枝を作るどころか、今ある下枝まで失いかねませんね。
はぁ〜ぁ・・・また、来年にまた再チャレンジです。
小性梅:樹高13cm
画像



ちなみに2年前の7月末、葉刈りした時の姿です。(再掲載)
この右下の差し枝、在るのと無いのとでは大違いですね。
サシエダァ〜!!カンバァ〜ック!!プリィ〜〜ズ!!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オハヨウ御座います。

枝枯れ残念でしたね。
第一印象で申し訳ありませんが
私なら少し傷は大きくなりますが頭部を切断、
右を抑制しつつ、左の枝を使って見返り美人樹形にします。
締まった良い樹になる予感が(^.^)

それで頭部は挿し木して
発根したら凡人に送ります(^o^)/

例のT氏の話です。
「盆栽は常に形を変えてゆく、枝が無くなったらまた新しい姿を作るだけだ」
頑固ジジイのわりに良い事言うでしょ?
凡人
2009/10/14 07:50
凡人さん、
T氏のお言葉、なるほど〜と何度も心の中で頷かされました。
すぐに枝が無くなる私にとっては、天からの救いのお言葉です。
うーん、でも、この頭部を飛ばすには、かなり勇気がいりそう。
この樹の中に見返り美人が見えるまで、もう少しじっくり眺めてみます。

あ、ちなみに小性梅は挿し木ではなくって、接木で増やすらしいです。
飛ばした頭は接木でいいですか?
台木がいりますので、かっこいい真柏か何かを送ってください。
接木に失敗しても、真柏はお返し出来ませんが・・。
いつの日か
2009/10/14 14:43
差し枝本当にカッコ良かったのに残念です。雑木の維持って本当に難しいですね。T氏のお言葉はいいですね、悔やんでもしょうがない枯れたのは自然界の風のいたずら、盆栽鉢に吹く風は管理する自分で今一度風を吹かせるしかないでしょう。変わり続けるのが生きてる証!なんてね、ちょっと酔ってます。
盆栽亭『英樹』
2009/10/14 21:42
盆栽亭『英樹』さん、
失った枝、元から無かったとものと思えばいいのですが、
見るたびに思い出して、あぁ、ここに・・とため息が出てしまいます。
でも、いつまでも悔やんでいても仕方ないですよね。
また新たな始まりだと思って、新風を巻き起こすしかありません。
姿形が変わるのは、生きていればこそ。
またまた、
すぐに形を変えてしまう私にとっては、天からの救いのお言葉です。
いつの日か
2009/10/15 10:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
小性梅・実姿の今年一番乗りですが・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる