いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅もどき・とりあえず雌木でした

<<   作成日時 : 2009/06/02 12:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

皆様もご存知の通り、梅もどきは雌雄異株で、結実のためには雌木と雄木が必要です。
私の棚場の梅もどきは、現在、この一鉢限り。
入手して3年目を迎えますが、まだ一粒も実が成っ事はありませんし、花が咲いているのも見た事ありません。
そう言えば、買ったときに雌木か雄木かなんて確認していませんでした。

あれ?雄木だったらどうしよう・・・?
なんて事が気になり始めた矢先、小さな花がチラホラと開花。
確認してみると、どうやら雌花のようで一安心です。
これで秋には小さくて真っ赤な実姿を眺める事が出来そうですね。

あっ、でも、私、雄木を持っていません。
あの赤くて可愛い実姿ですが、来年以降、先の楽しみに取っておきましょう。


上の写真は、今年咲いた雌花です。
花の真ん中に、ちゃんと緑色のめしべが付いているのが分かりますでしょうか。



今は実成りよりも、まだまだ枝を作っていきたい段階です。
葉が茂っていると分かりませんが、けっこうゴツイ枝で構成されているんですね。
切り戻しては、立替。あと数年はこのインターバルで樹作りに専念です。
梅もどき:上下8cm、左右21cm(葉の先まで)
画像



こちらの面からでも見れるようにと、左右均等に枝配置を考えています。
あくまで考えているだけで、そうそう思うようにはなりませんが・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
雌雄異株は面倒ですよね〜。
自然交配が期待できる田舎はともかく
いつの日かさんの住む都会は大変です。

この樹はボリュームがあるだけに
見ているとひっくり返りそうにみえます(^.^)
鉢の色が明るいから軽く感じるのかな?
凡人
2009/06/03 08:09
凡人さん、ほんと面倒なんですよね。
耳かきのポンポンで、雌花と雄花をそぉ〜っと触れようとして、手がすべって、花がポロリと落ちて、私も落ち込んで・・。

この写真、見ているだけで不安定でしょ?
今にも落っこちてしまいそうで。
鉢の色・・・ですか?
うーーん、良いヒントをいただいたかも・・。
いつの日か
2009/06/03 09:50
こんばんは

ウメモドキの雄が欲しくて、3年ほど前に庭から生えてきたのを2本鉢にとってみたのですが
今年、開花したら見事に2本とも雄でした
親木は知人に差し上げて、今はその親からの挿し木苗を細々と作っています

この手の木(左右に横流れしている木)は、正方ではなく丸鉢に代え
この鉢よりも少し大きめにすれば、ちょうど良くなりそうに思います

2009/06/03 23:25
悠さん、
雄が欲しかったって事は、交配用ですか?
でも、庭に梅もどきが生えてくるなんて、何か羨ましい環境です。
自宅に居ながら、自然実生の山採り(庭採り?)出来るなんて。

うーーん、やはりこの鉢、合ってないんですね。
次の植替えまでに何か鉢を探さなくては・・。
いつの日か
2009/06/04 09:43
先生っ♪質問です

磯山椒の花芽らしきものを発見しました☆
磯山椒は雌雄異株ですか!?

マユミはいくつか実がとまりました
にぃにぃ
2009/06/12 00:44
にぃにぃさん、
私は見た事がありませんが、磯山椒に花が咲いたなら、うまくいけばそのままで実に成るようですよ。
そして実が熟したら磨り潰して、ウナギの蒲焼にかけて食べてみてくださいね。
山椒はピリリと辛くって大好きですが、さて、この名前が似ている磯山椒はどんな味なんでしょうか・・。
いつの日か
2009/06/12 19:35
ありがとうございます♪
そのままで実るんですね(*^。^*)嬉しい♪
って実るかどうかわからないよね…

展示会で実は見たことあるけど
実山椒とは程遠い黒い実だったような…
実がなれば送るのでいつの日かさんが試食してみてください☆
にぃにぃ
2009/06/13 01:28
にぃにぃさん、
あれ?磯山椒の実って赤くなかったですか?
山椒って名前付いてるけど、バラ科ですもんね。
いつの日か
2009/06/13 13:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅もどき・とりあえず雌木でした いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる