いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 美男かずら・最後の一粒

<<   作成日時 : 2008/09/29 13:58   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

美男かずらの実が一つ散り、そしてまた一つ落ちて、ついに最後の一粒になってしまいました。
そして、この最後の一粒が消える時、その時、私は・・・。
小説の世界ならば、嵐の夜に誰かが実を一粒描いてくれて、決して零れ落ちない最後の一粒が私を勇気づけてくれるはずなのですが、まぁ、現実はこんなもんです。いとも簡単にポロリと落ちて干乾びていました。
あっ、もちろん、実が落ちたくらいでは、私は相変わらず元気そのものです。
美男かずらは雌雄異株という事ですが、よく考えてみると、私の棚場にはこの一鉢限りです。
今年は特に受粉した訳でもなく、なので実成りを期待していた訳でもありませんし、そもそも私はこの樹が雌木なのか、雄木なのかさえ知りませんでした。
花は一体いつ咲いていたのかも、見過ごしていたようです。
でも、この樹が雌木だと判っただけでも、これは大きな収穫ですね。
間延びしてきたなぁ〜って思っていた各枝にも、ポツポツと芽が膨らんできています。
いつか、きちんと計画立てて、結実にチャレンジしてみようかなと、何だか楽しみが増えた気分ですね。
ちゃんと結実して、そしてまた最後の一粒になってしまったら、その時は自分で実の絵を描く事にしましょう。


上の写真ですが、中央に落ちているゴミ屑みたいなのが、落実の残骸です。


実成り姿を考えるのは、まだ先にして、もう少し枝作りを進めていかねばなりません。
二番芽も育ってきて、伸び始めているものもあります。
もう少し芽がしっかりしてきたら、懐の芽で立て替えて剪定ですね。
美男かずら:樹高16cm(葉の頂点まで)
画像



こちらは、まだ最後の一粒がぶら下がっていた先週の姿です。
左の先端に黄色い実が見えると思いますが・・・・え?見えないですか?
画像



こんな感じです。下から覗けばツブツブの実が真っ赤になっていたのですが・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
何時もそっと見せていただいてましたけど^^
あの、美男かずらは雄雌同一種と思います。黄色い花びらの中の赤い実は雄花、淡い緑の実が雌花。根茎に花芽を持つ頃から肥料をたっぷり与えると1本の樹に雄雌同じくらいの花を持ちますよ。早朝赤い実を採って緑っぽい実に交配すると実止まりします。
樹が成熟していたら同数くらいの雄雌が咲きますので1本で充分と思います。今は10月いっぱいまで肥料を与え来年のために樹勢をつけてあげたらいいと思いま〜す。いきなり失礼いたしました^^
のほほ〜ん
2008/09/29 16:23
のほほ〜んさん、はじめまして。
そうだったんですか、雌花も雄花もどっちも咲いてくれるんですね。
ネット検索したら、雌雄異株って紹介されていたので、てっきり雄木を探さなくっちゃって思ってしまいました。
では、いっぱい肥培してあげて、来年に雄花と雌花が咲くのを楽しみにしています。
アドバイス、ありがとうございました。
私、美男かずらの事あまり判ってませんので、また教えてくださいね。
いつの日か
2008/09/29 17:04
またまた私等には関係の無い樹種ですね(^_^;)
のほほ〜んさんといつの日かさんの認識の違いが
面白かったので私も検索してみたら
雌雄異株も雌雄同株もあり、また両性花の咲く樹もあるということらしいですね。そんな樹種があるというのも始めて知りました。
...ジェンダーフリーということですかね???
この美男カズラは落ちたとはいえ実が付いたのだから
同株なのか両性花なのか...確認するまでまた1年かかりますよ〜。
ご苦労様で御座います〜m(__)m
凡人
2008/09/29 18:03
凡人さん、
他の愛好家さんの話でも、美男カズラにはちゃんと雌雄両方の花が咲くようです。
となりますと、どうやらこの樹は、盆栽にすると雌雄同株になる確立が高いようですね。
これはきっと、棚場の数少ない同種の中で子孫を残そうとする、植物が持っている不思議な力なのかも知れません。
実は棚場のまゆみですが、季節外れの夏過ぎに咲いた雌花が単体で結実しています。
うーーん、ジェンダーフリーについて、棚場の樹達と十分に話し合わねばなりませんね。
いつの日か
2008/09/29 21:42
 
美男かずらの実は可愛いですね^^ 
 
知らなかったです 
 
持ってないので 
 
こういう画像を見ると欲しくなります^^;
ほうじゅ
2008/10/01 12:10
ほうじゅさん、
この黄色い皮の中から赤い小さなツブツブの実が出てくるんですが、実は私もまだ写真でしか見たことないんですよ。
美男カズラの生息圏は関東以西のようですが、いつか温暖化の影響で北国でも生育可能になるかも知れませんね。
いつの日か
2008/10/01 14:05
雌雄同株や雌雄異株、同株でも花が雌雄別。
同株でも別の品種が必要だったりして
実物を楽しむのは授粉のために手がかかりますね。
setubon
2008/10/04 11:03
setubonさん、
ほんと手間隙かかると思います。
雄花と雌花の開花時期が合わなかったり、この美男かずらのように早朝に授粉しないと結実し難いとか、いろいろと細かい気配りだらけです。
実物は育てている人の努力の結晶みたいなものですね。
いつの日か
2008/10/06 10:09
山採りして3年程の我が家の美男カズラは環境劣悪の西洋長屋のベランダで日除けスタイルで育てています。まだ花は見えません。困ったことに葉っぱがネバネバしてます。貝殻虫か白いこれも粘っこいのを水で洗っています。来年花が咲くのを楽しみに、森のやーさん
森のやーさん
2008/10/24 19:48
森のやーさん、
確かに日照や風通しが悪いと、病気や害虫に侵され易いですよね。
でもどんな環境でもそれなりに成長する樹木って、見ていてほんと健気なもんです。
まだ花が咲かないって事は若い美男カズラなんですね。
来年に期待しましょう。
いつの日か
2008/10/25 09:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
美男かずら・最後の一粒 いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる