いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴノキ・超大物の予感です

<<   作成日時 : 2008/09/01 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

前回に続いて先日に頂いた樹の紹介ですが、今回はこのエゴノキです。
このエゴノキですが、かつては富士の裾野のような堂々とした立ち上がりに、カエデと見間違えるくらい枝先も解れた立派な完成樹だったそうです。
しかしながら、あまりもの足元の太りに小品サイズでは収まらなくなってきたところ、取り木をかけて縮小を図り、全ての枝の作り直しを計画していたそうでした。
ところが少し持ち崩しの状態になってしまい、また今後の再生待ちとして棚場の隅で控えていたそうですが、幸運な事にも、今こうして私の手許にやって来たのです。
私ごときに、かつての雄姿を取り戻す事が出来るかどうか判りませんが、「お好きなように楽しんでください」とのお言葉に、これから何年か掛けて、枝作りを楽しんでいきたいと思っています。


上の写真は、届いたばかりの先々週の姿です。
見た途端、迫力満点の幹骨に一目惚れですが、これは私にとっては、かなりやり甲斐ある樹になりそうです。
エゴノキ(八房性):樹高15cm


やや放置気味もあったせいか膚艶にも張りがなく、まずは何よりも樹勢を付ける事が先決ですね。
そこで素焼き鉢に入れ替えるところからスタートする事になりました。
全体的な樹のシルエットとしては、こちら面から見た方が私の好みなんですが・・。
画像


でも、立ち上がりの迫力や根張りの見せ所は、圧倒的にこちら面に軍配が上がりそうですね。
画像



当面は何も触らずに、ただただ樹勢を乗せる事に専念していきますが、
枝元からどんどん胴吹きする頃には、全ての枝を順次立替え、そして上部も作り直してみたいと思っています。
その日までには、まだまだ時間がありますが、さて、ここはお約束の樹形構想ですね。
今回は、こちらの面で将来像をイメージしてみたいと思います。
画像


以下、やはりお約束の合成画像です。
まずは丸裸にして、頭も思い切って飛ばしてみました。
この裏面を見ながら素焼きに据えたのですが、こちらから見ると植付け角度が合っていませんね。
重心のバランス悪くって、右側に転んで尻餅ついてしまいそうです。
画像


そこで左側に起こして、また元の植付け角度に戻します。
ぱっと見では上の画像の植付け角度と大差無いように見えますね。
でもバックの背景で見比べると判る通り、20度も左へ起こしています。
画像


そして枝を描き込んでみましたが、せっかく解れた小枝まで描いたのに、うーーん、何故だかピンとこない・・・
あれぇ〜?どこがヘンなのでしょうか?幹と枝振りの流れが逆なんですか?
まっ、これからたっぷり時間ありますし、何回でも構想チェレンジしてみます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
良いのを色々、、羨ましいですね〜〜

エゴノキも立派な樹ですね〜〜将来像をイメージも良い感じです、竹囲いが傾いて居るので、違和感が有るだけだと、、(^.^)
なか
2008/09/01 21:45
おお〜立派な骨格。
私のエゴノキ、この姿が目標です。
いつの日かさん、この鉢は3号ですか?2号??
素焼き鉢より駄温鉢の方が管理がしやすいこと今頃気づきましたがどうなのでしょう。
ちゅいろ
2008/09/02 08:20
なかさん、
構想図のどこがおかしいのか考えてたんですが、枝の付いてる位置とかそんな事よりも、まず枝があまりにも小さ過ぎて現実離れしてしまったような・・
何だか大型のさつき盆栽みたいになっちゃてますので、また描き直してみます。
いつの日か
2008/09/02 10:24
ちゅいろさん、
素焼き鉢は水捌け良くって、用土もよく乾くようですが、鉢の表面に水藻みたいなのが繁殖してヌルヌルになってしまうので、もう使わないでおこうと思っています。
盆栽界では素焼きと言えば、駄温鉢の事を指すみたいですね。
この鉢サイズは・・・5号鉢ですよ。
いつの日か
2008/09/02 10:34
今晩は。

良い骨格のエゴの木ですね。!!

将来性がとても感じ取れますね、構想図で違和感が有るのは樹冠部の幹芯を最後まで通し過ぎているからでは、無いでしょうか・。??

又描き直し後の・・・構想図も見たいですねぇ〜〜〜。!!
河内の親父
2008/09/02 20:50
河内の親父さん、
私もかなり期待大だと思っているのですが、5年後を第一目標に頑張ってみようと思っています。
八房性は芽吹きもいいと聞いていますので、まず今期は樹勢回復に専念し、来期から胴吹きした芽で立て替えながら役枝を作っていければと思っています。
今は好き勝手な位置に枝を描いていますが、また実際の枝候補が出来た頃に構想を練り直してみます。
その時は樹冠部の描き方に要注意ですね。
いつの日か
2008/09/02 21:06

凄いエゴノキですね 

ここまで太い木を見た事がないです 

将来、有望ですね^^ 

ほうじゅ
2008/09/03 19:43
ほんじゅさん、
確かに太幹の素材って少ないですもんね。
たまに庭木なんかで、お!ここを取り木すれば太幹の良い感じに・・なんて樹を見かけますが、勝手に皮剥いて水苔で包んでおきたくなってしまいます。
いつの日か
2008/09/03 21:11
>鉢の表面に水藻みたいなのが繁殖してヌルヌルになってしまうので
そうなんですよ〜。
なんかほったらかしでなんの手入れもしていないような様子になっちゃうんですね。
私ももう使いません。
ちゅいろ
2008/09/03 22:32
ちゅいろさん、やっぱり同じでしたか・・
素焼き鉢はどれも水藻だらけで、タワシでゴシゴシ洗ってみるのですが、またすぐに繁殖して、見た目も何だか不衛生極まりない感じですもんね。
素焼きと駄温の中間の朱温鉢はまだマシですけど、それでもやっぱり水藻が繁殖してきます。
やっぱり駄温鉢が一番ですが、3号以下の小さなものは近所のホームセンターや園芸店で売ってなくって、そこが困りものなんですね。
いつの日か
2008/09/03 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゴノキ・超大物の予感です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる