いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 百日紅・アブラムシに対する強い味方がやってきました

<<   作成日時 : 2008/07/08 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

例年のようにアブラムシに悩まされるこの百日紅ですが、今年もちょっと目を離した隙に、葉の裏にびっしりと卵を生みつけられてしまいました。
他にも百日紅が幾鉢か控えているというのに、何故、この樹だけが集中して狙われるのでしょうか?
それは、私の観察では、アブラムシには帰巣本能があるからだと睨んでいます。
それも、世代間で受け継がれる帰巣行動により、その発生メカニズムが仮説できるとまで確信を得ています。
いずれは学界でも発表するつもりですが・・・あ、いえ、え〜っと、また検証できましたら、ここで発表する事にします。

いや、そんな事よりも、私の棚場に数匹のテントウムシが居ついている事を発見しました。
このテントウムシ、ご存知の通りアブラムシの天敵であるばかりでなく、葉ダニも捕食し、ウドンコ病まで食べてしまうのだそうです。すごいですね・・。
近年では生物農薬としても脚光を浴びているそうですが、そうなれば、私もこのテントウムシをどんどんと繁殖させない手はありません。
まずはテントウムシの餌の確保です。
アブラムシをどんどんと繁殖させなければなりません。
葉ダニもウドンコ病も大量に必要になるかも知れません。
って、あれ?何だか作戦が・・・。


上の写真は、アブラムシの吸引で色が抜けたり、ドス黒くなってしまった葉の状態です。


こちらは、コナラ実生苗で休憩中のテントウムシです。期待してますよーー!
画像



この単純な湾曲ラインの首元を何とかしたいのですが、未だ立て替える芽に恵まれていません
百日紅:樹高13cm
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
アブラムシをはじめとする害虫一般に
かなりの帰巣性があることはワタクシも気が付いており
世代間情報遺伝の研究も確信に至るまで
データの蓄積が御座います。
ワタクシは金も名誉も既に手にしておりますので
このことに気が付かれたいつの日か先生が
学会に打って出られるのであれば
ワタクシのデータすべてPDFにてお送りいたしたく存じます。
なお、2番目の画像はミナミナンバヨツホシテントウと思われますが
北海道最強のアブラムシイーター、タイセツヨツアカリテントウとの
性能比較にも大変興味を持っているところで御座います。
それでは本日のところはこのくらいで...。
          いつの日か先生御机下。
北海凡々拝。
凡人
2008/07/09 15:34
↑ マジで…?(笑)
私もアブラムシに悩まされていて
今朝も散歩を中止して消毒しました。

明日は棚場にてんとう虫がいないか
散歩を中止して探してみます。

いつの日かさんと凡人さんの
研究の成果に期待しています(笑)。
北の空
2008/07/09 20:27
復啓 凡々先生殿
先生様のご賛同のお言葉、誠に心強き思いに御座います。
必ずや解明に至り、一矢の光明を放つべく日夜精進してはおりますが、往年の研究未だ日の目を見るに至らず、恥ずかしながら日々の暮らしは窮状を増すばかりで御座います。
つきましては、このようなお願い甚だ心苦しき事ではりますが、有り余る財力を持て余されている先生様におかれましては、データではなく幾ばくかの金子を、PDFではなく書留にてお送り下さる事、ここに重ねてお頼み申し上げます。
最後になりましたが、北の大地に涼風吹く頃、先生様のお庭にはテントウムシの桃源郷が誕生する事を心よりお祈り致します。
不一 いつの日か
いつの日か
2008/07/09 23:27
北の空さん、↑マジです?

皆さん、消毒なんかはどんなサイクルで行なってるんでしょうね。
樹によって害虫や病気も異なるでしょうし、本当は一鉢一鉢違った薬剤で定期消毒したいとこですが、実際にはなかなかそこまで手が回りませんもんね。
この季節までなら、どうせ葉刈りするもんね・・って一人で強がり言ってますが、そろそろ要注意する時期が来たようです。
消毒しまくりましょう。
いつの日か
2008/07/09 23:50
今晩は〜〜

お久しぶりです、お棚完成おめでとう御座います、、

百日紅難しいですね、私の所ではアブラムシは余り居ません、その代わり、日照不足で、百日紅は苦手の樹の1つです、間延びして枝枯れが酷いですが、いつの日かさんが、昨年根元まで切って葉刈してたのを真似て今年試してます、5月に葉刈、梅雨明けぐらいにもう一度行おうと思って居ますがどうなりますか??、

それと紅葉はうどん粉病と毎年出てましたがこれから出てくるのかも知れませんが、肥料を変えたのと早めに紅葉類は取ったので今の所はOKです、

土日に消毒をし、肥料を全部取り去ろうと思って居ます、、
なか
2008/07/10 01:25
いい百日紅ですね〜(*^_^*)

うちにもヒョロヒョロの双幹樹がありますが枝枯れがひどく子幹が枯れかけ寸前なんです(T_T)


さて、アブラムシですが、今のところ我が家には現われてませんね〜

きっと、いつの日かさんとこの棚場で栄養補給してから北上してくるのではと思ってるんで!

身体が重たくて飛べなくなるまでしっかりと太らせておいてくださいね(^_-)-☆

ちなみに我が家は冬期消毒以外はしてませんよ?
照盆樹
2008/07/10 15:29
なかさん、お久しぶりです。
そうですか・・北陸方面ではアブラムシはあまり発生しないのですね。

昨年、切り戻して葉刈りしたのは、この百日紅ですね。
でも去年は例外作業で、春に根を傷めたのか、または冬場の水切れか、芽吹きがかなり悪かった為、樹勢回復のために新梢をそのままどんどん伸ばし、そして元気が戻った頃に切り戻して葉を刈ったんです。
今年は通常手入れで、芽摘みを繰り返しながら胴吹きを促して小枝を増やしていってます。
いつの日か
2008/07/10 17:02
照盆樹さん、
私にも、今年三作目です!と呼べる樹が幾つか出来ました。
この百日紅もそうですが、過去の写真と比べると、知らない間に少しは樹らしく成長しているようです。
膚もまだスベスベではありませんし、右側の充実、上半身の改善など、まだまだ課題はいっぱいですが、将来が楽しみになってきました。
アブラムシ居なくて寂しいですか?
ご入用でしたら、パックに詰めていつでもお送りしますね。
いつの日か
2008/07/10 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
百日紅・アブラムシに対する強い味方がやってきました いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる