いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 野葡萄・枝作りで学んだこと

<<   作成日時 : 2008/03/24 17:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

育て方の判らない野葡萄ですが、ようやく樹冠や樹芯となる役枝の基礎が出来たようです。
一昨年、まったく枝のない状態からスタートしましたが、最初の一年は見事に大失敗。
春から伸びた新梢は冬の間にすべて枯れてしまい、春にまた一から吹き直しという事になりました。
そしてこの一年間、前年度とは逆の方法で管理してみましたが、偶然も重なってかどうやら大事な枝のゲットです。


これが一昨年の4月上旬、植替え直後で枝作りをスタートしたところです。
画像



6月中旬の姿ですが、蔓性なのでどんどん伸びてきます。
この頃は伸びた部分はこまめに芽摘みを繰り返し、針金で整枝を行なっていました。
画像



ところが一年後の春、昨年春ですが、前年度に伸ばした枝は冬枯れなのか全滅。
一年前とまったく同じ姿で、枯れた枝元から吹いた芽で枝作り再挑戦となりました。

これは4月下旬の姿ですが、ここからは前年度とはまったく反対の手入れ方法を選択。
さて、その方法とは・・・・?
画像



と意味ありげに語り始めましたが、何て事ありません。
水遣りと肥培のみ。それ以外何もせずに伸ばして伸ばして、どんどん伸ばしてみたのです。
人口芝マットに置いていたら、根も鉢穴からどんどんと伸びてきます。
その根も気にせずに好きなだけ伸ばし放題です。
根は人口芝に絡みついて大変でしたが、秋過ぎには切り離しておきました。
これは昨年11月末の落葉前ですが、こんな乱れた姿形になってしまいました。
そして太らせた2本の枝は3芽〜4芽残して剪定。
長い冬の間、この2本の枝からの芽吹きを待つばかりです。
画像



さて、待望の枝から芽が吹いてきている日の姿です。
また枯れるかなと思っていましたが、2本がしっかりと枝化して芽が膨らんできました。
他の細い枝3本はやはり冬の間に枯れてしまい、取り除いておきました。
野葡萄:樹高8cm、左右17cm
画像



最後に野葡萄の新芽です。このピンクがかった葡萄色の葉芽はけっこう綺麗なんですね。
画像



と、そんな事よりも今回学んだ大事な事です。
枝作りの成功、芽は引っ張って伸ばし、根は十分充実させた事が良かったかも知れません。
と言う事は・・・・?
基本の枝作り段階の素材は素焼き鉢で育成するって事に妙に納得です。
枝のない段階から小さな化粧鉢に入れると、枝骨作り難しいって事だったんですね。
盆樹培養にとって当たり前の事でしょうが、体験してみて実感です。
また一つ勉強になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

野葡萄は野趣にとんでいて良いですねぇ〜、色んな樹種な枝作りの方法が御座いますが、相対的に年輪の出来ない樹の場合では細い枝ですと、枝枯れをおこし易いですね。
河内の親父
2008/03/24 22:32
河内の親父さん、
この野葡萄は手探り状態で育てていますが、今年はこの樹冠、樹芯となる枝の充実に努めるつもりです。
細い枝の冬枯れ対策がまったく見つかっていませんが、いつか花を咲かせて野葡萄の実をつけてみたいと思っています。
いつの日か
2008/03/25 09:09
いつの日かさん、おはようございます。

河内の親父さん、いつぞやはありがとうございました。

野葡萄の育てかた、とても参考になりました。
わたしも、昨年は葉刈りをしたり、針金を掛けたりして管理してましたが
やはり枝枯れで元のもくあみです。今年は何もしないでいたらアゲハの幼虫がやってきて、あっという間に丸裸になってしまいました。
kujira84
2008/07/26 07:34
kujira84さん、ご無沙汰しています。
野葡萄は、今年も芽を摘まずにどんどん伸ばし放題にしています。
私も試行錯誤しながらの手入れで、
何が良くて何がいけないのかまったく手探り状態ですが、
木質化して残った2本は順調に育っているようです。
いつの日か
2008/07/28 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
野葡萄・枝作りで学んだこと いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる