いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS カエデの取り木・やっと取り外しましたが・・

<<   作成日時 : 2008/03/10 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像

このカエデ、昨年2月に取り木をかけ、そして4ヵ月後の6月には発根を確認していました。
でも取り外しの為の、ある準備が出来てなくて、ついに1年間そのままとなっていたものです。


これ以上の放置も出来ず、鉢から抜き出しました。
上部の取り木部分にも十分に発根して根が回っているように見えます。
画像



用土を落として親木から切り離したところですが・・・
こうして見ると取り木は大成功のように見えますね。
画像



でも予定していた部分、つまり取り木部分から上手く八方に発根しているのではなくって、
まったく関係ないところから発根して太く走り根となっています。
ちょっと考えて悩んでみみましたが、やはり要らない根は整理することに。
今回はきちんとした根張りを求めるためではなく、実は石付けを予定しています。
なのでこうして根なんか整理せずに、そのまま無理やり石に付けてしまうって案もありました。
しかし別のある目的もあって、根は詰めることに。
太い走り根や要らない根は元根を辿って追い込んでいきました。
画像



根を整理した後のアップです。
赤い部分が取り木をかけた部分で、赤い帯状の周りに均等に発根するはずでした。
でも実際には左への赤い矢印2本だけが発根。
そして取り木位置から遠く離れた部分、青い矢印の太い根達が勝手に発根していました。
剥離が甘かったのか、ズボッと用土に埋めてしまったからか、水苔の張り方と取る時期か、
この辺りはまた次の機会の課題として取り組むとしましょう。
画像



そもそも何で石付けなんかを思い立ったのか。
それは、懸崖樹形ばかり増えていくってのも芸がないし、何か別の樹形をと。
で、ちょっと石に付けた姿を簡単に構想してみましたら、
う〜ん、そうじゃないかとは思っていましたが、案の定、やっぱり懸崖系に・・・。
画像



さて、それでは来年春まで構想した石付けに向けて、根を長く伸張させる事とします。
最初に話した切り離しの為のある準備。そして根を切り詰めたある目的。
そうなんです。これなんです。
石付け根養成・専用素焼き鉢の完成を待っていたのです。
そしてこの特別構造鉢の実験と評価を行なわなければなりません。
これで長〜い根を難なく育てあげ、誰でも簡単に石付け可能に・・・なれるでしょうか?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

石付き用長根養成鉢ん完成おめでとう御座います。

さて・・・この鉢で石付き用に適する根が出来るかどうかは解りませんが、試みとしては面白さを感じ取りました。

私が・・・石付き用の根を養成していた時には、透明の薄いアクリル板を適当な長さに切り円筒形にして其処に植えておりました。

中の用土等は粗目を使い早く其処に行く様に工夫しておりました、透明ですので・・・根の伸長等が観察出来て・・・便利でした。
河内の親父
2008/03/10 22:17
河内の親爺さん、
昨年この樹を取り木した時、そのアクリル板を教えていただき、実はホームセンターで材料を手に入れてはいたのです。
でも円柱形作成の段階で上手く貼り合わす事が出来ず、ガムテームで巻いてみると何だか通気性が不安になってきて、手っ取り早くこんな鉢を作って試す事になりました。
確かに透明で中が観察出来る利点は大きいですね。
この鉢では太い根が石に付け難いくらい走り出しても気がつかず、また来春に一からやり直しって事になるかも知れません。
いつの日か
2008/03/10 22:42
こ...これは!
大リーグボール養成ギブスならぬ石付き根養成鉢ですね。
恐るべし!(^.^)
この鉢の成果を見るまでは生きてなくっちゃ。
凡人
2008/03/11 08:49
凡人さん、
この養成鉢1号が敗れても不死鳥のように2号で復活です。
もちろん2号は消える魔球ならず、消える根塊。
って、根が消えたらマズイかも・・・?
いつの日か
2008/03/11 10:07
そうでしたか〜
これでしたか〜
なんだかへんてこな鉢を作っているとは聞いておりましたが。。。笑

石付用の根を作るってのは、こういう風に作るんですね〜
僕はてっきり、石をあてがってそのまま鉢の中に納めてしまうものとばかり思ってました。。。

僕もこのへんてこ鉢を作ってみようかな〜
まだ、特許出願してないですよね?笑
照盆樹
2008/03/11 22:40
照盆樹さん、
これは石に付けてそのまま埋め込む前段階なんですよ。
その為の素直に真っ直ぐ伸びた長い根を作るのが目的なんですが、でも普通の素焼きの中でも根は鉢中を回りながら伸びますよね。
その違いもよく判っていないんですが、とりあえず試作品で実験ってところです。
いつの日か
2008/03/12 11:48
>僕もこのへんてこ鉢を作ってみようかな〜

へんてこな鉢なら僕に任せてください!(笑)
mindfluid
2008/03/12 14:15
mindfluidさん、
では、へんてこ鉢作りの三人組結成しましょうか?
いつの日か
2008/03/12 16:13
>では、へんてこ鉢作りの三人組結成しましょうか?

あと一人は、絶対に参加しない(自分はヘンテコな鉢を作らない)って言うと思いますよ。
mindfluid
2008/03/13 13:15
早くもトリオ解消ですか・・
じゃぁ、へんてこ鉢作りのコンビ結成ですね。
いつの日か
2008/03/13 14:06
>じゃぁ、へんてこ鉢作りのコンビ結成ですね。

まぁ、バックに某親父を担ぐっていう案もありますが?
こちらはアイス3本くらいから交渉可と目論んでいるんですが・・・・
mindfluid
2008/03/13 15:19
そうなると、へんてこ鉢は闇の組織って事ですね
いつの日か
2008/03/13 17:21
アイス・・・3本なら・・・勿論大丈夫です。!!

ソフト・・・一本でも大丈夫かな。!!
河内の親父
2008/03/14 16:34
え〜?ソフト一本・・・ですか?
それでしたら、へんてこ鉢じゃなくって、
ちゃんとした鉢でお願います。
いつの日か
2008/03/14 17:45
おもしろい(*^。^*)
へんてこ鉢…じゃなくて石付け根養成鉢の成果ワクワクしますね♪
成功したら大量生産して安価で売ってくださいね(^_-)-☆
にぃにぃ
2008/03/18 00:10
にぃにぃさん、
成功したらブランド品にして全国有名百貨店で販売です。
でも大量生産するには、にぃにぃさんにも手伝ってもらわなくてはね。
もちろん自分の分は好きなだけお持ち帰り自由です。
いつの日か
2008/03/18 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエデの取り木・やっと取り外しましたが・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる