いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 山モミジ・この時期の枝先の芽欠きって?

<<   作成日時 : 2007/12/17 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

手入れを終えた山モミジを点検していると、枝先に沢山の芽が集中している部分が数箇所あります。
枝元などの不要な芽は欠き取ったのですが、この枝先の芽ってどう処理すべきなのか判っていませんでした。
どう考えてみても、放置していれば車状に芽が出てきてしまうし、やはり今すぐに二芽残して欠き取るべきだという気がしてきました。


上の写真は、一箇所から5芽ほど出ている枝先です。
多にも数本、こんな枝がありますが、さて、どうしよう・・・。


とりあえず、ピンセットで摘み取りましたが、ポロリとうまく取れません。
う〜ん、摘み跡もなんだか綺麗ではないいし、作業ミスのような気がしてきました。
画像



何だか不安な気持ちでもう一枝、チャレンジです。
ところが、あぁ〜っ!!二芽残しのつもりが一芽だけに。大切な芽も取れてしまいました。
んもぉ〜・・・作業中断です。
画像

この枝先の芽欠き、思い付きではなくって、ちゃんと調べてからですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

少し笑ってしまいましたが・・・不謹慎ですね。

この様な芽は懐芽等には無くて枝先の頂芽に表れる場合が多いですね、良い葉性の場合にも余り見かけませんが、だから枝が出来ないと言う事は御座いません。

冬季には此の儘にしておくか?・・・芽の根元で切って其の先に癒合剤をつけておくかで処理しておきます。

其の儘にしておきますと先の芽に力が付きますので其の手前に有る芽は少し力が分散いたします、来春先の芽が出てきた時に芽元で切ってやると、下の芽は優しく出てきます、其のタイミングを計る事が必要です。

この冬に芽元で切って置くと、まだ次の芽の先に枝が付いていますので次の芽は少し力が分散いたします、来春の芽出しは従来どおりの作業です。
河内の親父
2007/12/17 22:21
続きです。

私が良くしているこの場合の作業は・・・こんな芽が出てきた場合は芽元の少し下で半分折って置く作業をしています、完全に折らずに半分折っておくのです。

そうしますと・・・案外来春には先芽も下の芽も力は平均化してくると思います、来春・・・どちらも芽が吹いてきますが、先の芽はタイミングを見て切り落とす事が必要なんです。

一度試してみてください。
河内の親父
2007/12/17 22:22
河内の親父さん、詳しい説明ありがとうございます。
小さな芽を眼を凝らして処理しながら、
「まさかこんな細かな手入れなんて誰もするはずがない・・」
などと思っていましたが、そうではなかったのですね。
いつもこういったお話を聞いて感心してしまうのは、
立派な盆栽を育てる為には、本当に一つ一つの小さな作業の積み重ねなんだと驚いてしまいます。
う〜ん、でもこの作業前に聞いておくべきでした。
どうやらピンセットで芽を引き抜いてしまって、あちこち不用意に傷つけたかも知れません。
まだ処理していない他の山モミジがありますので、そちらの方でこの半分の芽欠きと春先の先芽の切り落としを試してみる事にします。
いつの日か
2007/12/18 00:52
ごめんなさぁ〜い
私も笑ってしまいました〜≧з≦
親父さまのコメント拝見して改めて盆栽作業の細かさと難しさを知らされました・・
頑張ってね〜!
cokety
2007/12/21 16:03
coketyさん、
河内の親爺さんはサラリと言ってますが、
この枝先の芽を処理するってけっこう大変で、
指先がもつれてきて、ムキーーッ!!ってなってしまいます。
でも、はい、頑張ります。
いつの日か
2007/12/21 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
山モミジ・この時期の枝先の芽欠きって? いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる