いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS ボサボサのまゆみを手入れしました

<<   作成日時 : 2007/05/14 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

まゆみがかなり覆い茂ってきて何だか暑苦しそうです。
花期だったので結実まであまり触らないようにしていましたが、そろそろ手入れしてあげないと手遅れになりそうです。
実は昨年の今頃、この時期のまゆみの手入れを教わったはずなのに、一体どんな手順だったのか思い出せません。そんなに印象に残っていないと言う事は、何か特別な作業や注意点があるって訳じゃない・・・と勝手に納得。
伸びた芽を摘んで少しばかり葉透かしを行ない、新梢を針金で芽押さえしておきました。
互生の葉を対生になるように葉を透かしましたが、う〜ん・・これで良かったのでしょうか。
う〜ん、まっ、いいっか。とりあえずスッキリと爽やかになりました。

上の写真は、用意していた雄木と開花がずれてしまってほとんど結実していません。
でも枝作りを優先としたいので鈴生りにならなくて内心ホッとしています。
と自分を慰めえる反面、やっぱり沢山の実成り姿も見たかったと内心ガックリしています。


上から眺めたところですが、芽押さえした今年の新梢は後に一節、二節で切り戻しです。
画像



じっと眺めていると春の新緑と言うよりも、何だかもう既に初夏の深緑の色合いです。
まゆみ:上下17cm、左右16cm(それぞれ葉先まで)
画像



このまま棚場に戻すのももったいなくて、久々にちょっとだけ飾りの練習です。
少し早いですが季節を先取りして、初夏の渓谷をイメージしてみました。
画像



このマユミ、裏からの姿はどうなんだろう?とひっくり返して楽しんでみたりします。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう御座います。

マユミの芽押さえの作業御苦労さまです、マユミなどは早めに芽押さえしておかないと針金が聞き難く成って来ますので必要な作業の一つですね。

整枝した後の飾りの研鑽は色んな感性を高める上で良い事だと思いますね、今後の作業行程も楽しみにしております。
河内の親父
2007/05/15 08:59
河内の親父さん、おはようございます。
このまゆみですが、連休過ぎには新芽が固まりかけていたのですが、触れると花がどんどん落ちてしまうので、芽押さえ等の作業時期を見合わせていました。
でも結局ほとんどが結実しそうにないので、今となっては取り越し苦労に終わってしまったようです。
いつの日か
2007/05/15 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボサボサのまゆみを手入れしました いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる