いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 紫式部の苗木が危うく犠牲枝の犠牲に・・・

<<   作成日時 : 2007/04/19 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

立ち上がりを太らせようと幹元に犠牲枝を徒長させていましたが、作戦にどこかミスがあったようです。本体よりも犠牲枝の樹勢が強すぎて、どちらが犠牲枝なのか分からないような有様になってきました。
犠牲枝からはどんどん新芽が展開していくというのに、待てど暮らせど本体からはなかなか芽が動いてくれません。
犠牲枝の芽を摘んで力を抑制したり、少し切り戻してもみましたが、やはり犠牲枝の新芽がグングン成長し続けます。
本体はこのまま枯れてしまうのかとも思えましたが、やっとこさ芽が開き始めてくれました。
もうこれ以上、犠牲枝の犠牲にならないように今後は作戦変更です。

上の写真ですが、左上に長く徒長しているのが幹元を太らせるはずだった徒長枝です
この徒長枝は抜く事に決めましたが、一気に外すよりも念の為に様子を見ながら少しづつ切り詰めていくことにします。


下の写真は下垂している枝ではありません。実はこちらが懸崖系の本体の幹なのです。
作戦は失敗しましたが、この事でいろいろなヒントを得ることが出来たかも知れません。
徒長枝への力の配分次第では、うまく本体のコントロールが出来るかも知れませんね。
紫式部の苗木:上下10cm
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うむ、むずかしいです。どうみても新芽の勢いの有るまっすぐな枝が本家本元と思ってしまいますが。
いや〜、深い深い。
アーモンドの芽がでたので、盆栽にしてみたいのですが・・・
アーモンドは気難し屋さんだそうですが、はて、これからどうすれば??
http://ameblo.jp/tyuiro
ちゅいろ
2007/04/19 21:34
犠牲枝と本体との勢力のコントロールは上手く活用すれば節間の詰まった枝を作る事が出来る作業だと思っています。

小品盆栽では水の流れを調整する事が骨格を作り枝を作っていく上でとても大切な考え方だと思っております、此の紫式部の場合でも現状を見る限りでは、いつの日か産の言われている通り一気に切らずに先ず半分を切りバランスを見ながら切断していく方が良いと思いますね。

此れは枝等を作って行くときに枝を透かしてから少しの間は、葉の立ち方を見ながら次の作業に取り組んで行く考え方と同じだと思っています、盆栽の作業の難しい所でも基本の考えの積み重ねですので、此のことを考えながら作業していく事が大事だと思っております。
河内の親父
2007/04/20 09:49
ちゅいろさん、
アーモンドの盆栽ですか?
いやぁ〜、それは初めて聞きましたが、何だかおとぎ話に出て来るお菓子の国の盆栽みたいですね。
アーモンドってチョコに入っている姿しか知らなくて、どうすればいいのか私には分からないけど、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。
いつの日か
2007/04/20 11:04
河内の親父さん、
紫式部の若木は樹勢が乗りやすく小枝作りが難しいので、犠牲枝に力を逃がしながら育てているという愛好家さんのお話をどかかで聞いた覚えがあります。
でもこの苗木はご覧の通りまだそんな段階ではありませんよね。
まずは幹骨格を作っていく為に犠牲枝ではなくて、芯の方をどんどん走らせて伸ばしては切り返すでいこうと思います。
犠牲枝の外し方はやはり段階的の方が安全って事ですね。様子を見ながら順次作業していきます。
いつの日か
2007/04/20 11:11
Wow!本格的骨作りですね。
私はこんなことやったことありません、スゴイ!
犠牲枝を伏せると少し勢いがおさまりませんかね...??
私も今、畑でムラサキシキブ作ってますよ〜。
凡人
2007/04/20 15:31
凡人さん、
写真の通り、この犠牲枝も針金で少し伏せてもみましたが、その勢いは留まるところ知らずです。
そんなに元気がいいのなら、いっその事、本体チェンジか?とも思いましたが、このような苗木なら気楽にいろいろと試せるし、少々失敗しようが勉強にもなるってもんですね。
いつの日か
2007/04/20 21:53
紫式部が難しいと聞いてはいたんですが、
なるほど、小枝作りが難しいんですね。
ハ〜、スッキリしました^^
僕もそれを聞くと、ウズウズと挑戦したくなります。(笑)
確かに、犠牲枝の調節は訓練がいりそうですね。
がんばって下さい!

norifuji
2007/04/21 00:41
紫式部は、いつの日かさんでも手強い樹ですか〜

私なら、なおさら…ですね。
一応、新芽が動き始めましたが
今年は(も)どうなることやら。
setubon
2007/04/21 08:52
norifujiさん、
自分が切り出した事ですが、やはり紫式部は難しいって言われてるんでしょうか?
小枝作りが難しい・・って話は、誰から聞いたのかよく思い出せないのですが、どこがどう難しいって話は人によって違う場合もあって、何だかいつも混乱してしまいます。
いつの日か
2007/04/21 12:38
setubonさん、
私にとって手強いのは紫式部に限りませんよ。
これなら得意です!って樹もなくて、どの樹種も広く浅くになっちゃいました。
最初は樹種を絞ってじっくりと!と言われる事も多いようですが、確かに最初から樹種を増やしすぎると、いろんな事が覚えきれませんね。
いつの日か
2007/04/21 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
紫式部の苗木が危うく犠牲枝の犠牲に・・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる