いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 山もみじ・ワサワサになったので少し散髪しました

<<   作成日時 : 2007/04/12 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

山モミジの葉が覆い茂り出しました。輪郭線から飛び出る芽を摘んではいましたが追いつきません。もう少し葉が固まってから作業しようかと思っていましたが、このままでは懐芽の成長が望めそうになく、葉量を減らして枝棚の中まで陽光が届くようにしておきました。

上の写真は、葉で鉢全体が埋もれてしまいそうな裏面から見た姿です。
う〜ん、何だかキリリとした締まりがないですね〜。
葉性なのか管理が悪いのか、この山モミジの葉は、どれもかなり大きく間延びします。
一応、適期に芽摘みと稚児葉刈りを組合せながら手入れしているつもりなのですが・・。


こちらが正面からですが、前枝が少なくて、どうカバーしていくかが課題の一つです。
画像



そして葉を透かして少しだけサッパリとした姿です。
山モミジ:樹高15cm
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は。

元気な山モミジですね!!今の時期は山モミジも楓も芽摘み・葉スグリと葉の展開と共に忙しくなって来る時期ですね。

葉を茂らせたままにして置くと懐等が蒸れてきますので要注意ですね、枝の伸びなどにも拠りますが基本的には芽摘みをした先の葉を一枚にする事が基本の透かし方ですね、芽摘みをしていない枝も輪郭に近ければ葉を一枚にして透かすようにして行きます。

葉を切った方から芽の準備をして行きますが、元気な樹の場合などは時期が重なって目の準備をして行く事でしょう、此の作業を展開している時期には順次進めて行く事が必要だと思っております、楓の場合も同じ作業の繰り返しに成ります。
河内の親父
2007/04/13 11:25
この樹ですが、この作業で片側の葉を全て透かし終えたところです。
山モミジは全部で五鉢育てていますが、樹によって葉の大きさがかなり違うものですね。7つに裂けているものが葉性が良くて葉も小さいと言うお話を聞いた事がありますが、この樹の葉はちゃんと7つに裂けています。
もっともっと持ち込んでいけば葉は小さくなっていくのか、それとも元々の性質なのか、どの樹もそうですが、葉が大きいとやはり見栄えは・・・う〜んですね。
いつの日か
2007/04/13 12:17
モミジの葉性といのは、本当に良く分からないですね。
僕も苦労してます。
性の良い木を接いだミニ素材なんかが、園芸店で出回っていました。
norifuji
2007/04/16 13:55
norifujiさん、
山モミジに限らずですが、冬に落葉樹を入手する場合でも、きちんと葉性を確かめるべきですよね。
って言っても、葉性の良さって、私にはその大小くらいしか見分ける事出来ませんけど・・。
いつの日か
2007/04/16 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
山もみじ・ワサワサになったので少し散髪しました いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる