いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日の梅は水切れとの判断で緊急入院です

<<   作成日時 : 2007/02/14 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

昨日の蕾が萎れてしまった梅ですが、どうやら水切れがその原因のようです。
このblogのコメントでもいただいた通りなのですが、よく見ると枝も皺くちゃで縮んでしまっていました。
実はこの梅は購入してからまだ僅か二週間して経っていません。では何故、入手してそんなにすぐに水切れさせてしまったのか?そこには初心者が陥り易い大きな見落としがあったのです。

昨夜、この梅を持って購入した盆栽店を訪れて来ました。
この梅は植木市で売られていたのですが、そのテントの中は最近の陽気続きでかなり暖かい環境だったそうです。そして蕾が膨らみかけると水揚げも盛んで、この梅は毎日のようにバケツにチャポンと腰下潅水で、たっぷりと水遣りされていたそうでした。
ところが私が持ち帰ったその日からは、野晒しの棚場で乾き具合をチェックしながら2、3日に一度、表土から水をかける通常潅水の毎日が始まりました。
今思えば、ここにも大きな問題があったのですが、この樹の用土は私が常に使っているものとは異なっています。その為に、乾き具合や水の浸透度合いなど、目で見たその状態の判断も誤ってしまっていたようです。
私が主体として使っている赤玉土は乾けば白っぽくなりますが、この梅の用土は乾いても黒いままなのです。
潅水量が激変してしまっただけでなく、確認すると表土も固まりかけています。きっと鉢底まで水も浸透していなかったのでしょうね。
もちろん、その盆栽店では同級生の梅達は今も満開姿で元気に過ごしています。

入手したばかりの樹はその環境の変化に要注意・・・という大切な教訓ですね。


上の写真は、花を落として剪定し、鉢を発泡スチロールの塊に穴を空けて収めたところです。
表土は串で突き刺してほぐし、たっぷりと潅水して、後は風、霜を避けて養生です。
芽が出てくるかどうかは分かりませんが、この梅の生命力に期待して回復を祈るのみです。


下の写真は剪定した枝の断面ですが、茶色く乾いてしまって重症な様子がうかがえます。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

何か私の予想通りだったので癪念の感が致しますが、此の樹の生命力に期待しましょう。

一枝でも回復してくれればと思っております。

梅に限らず植え替え適期で無い樹を購入した場合には、水捌けの良い様に千枚通し等を使って水が全体に回る様に対処しておく事も必要ですね。

一つ一つ積み上げて夢に向かって行けば良いのでは無いでしょうか、?頑張って下さいね。
河内の親父
2007/02/14 19:53
何かの本か雑誌で、新たに入手した素材は、まずは一番に自分の用土で植え替えるという事を聞いた事があります。
もちろんそれはベテランの方のお話なのでしょうが、今後は入手直後の管理には少し注意していかねばと痛感しているところです。
今回は、新たに手にした素材に、背中のシャリ作りとか今後の樹形構想ばかりに気持ちが奪われてしまって、もっと大切な基本である水捌け状態のチェックも出来ていないという、何だか誠にお粗末な事をしでかしてしまいました。

昨夜ですが盆栽店の先生から、
『さぁ、そろそろ春雅展を目指してみよっか?』との冗談に、
『梅買って2週間で枯らしてるのに、それは無いでしょ〜』と、
笑い話をしていたところです。
今のところ展示会が夢って訳ではありませんが、こういう失敗を繰り返しながらでも、一つ一つ積み上げて頑張っていきたいと思っています。
いつの日か
2007/02/14 20:29
今晩は。

自分の用土で植え替えるのは其れは適期に購入した場合ですね、普通ベテランの愛好家でも先ず適期まで待つのが普通だと思いますが。

余り気にする事は無いでしょう誰でも失敗はしますので、かく言う私が失敗大王かと思っております。(笑)

『春雅展』のお話は冗談では無いでしょうね、!!私からも御願いしようかな!!、其れも一つの選択肢の一つでは無いでしょうか。♪〜
河内の親父
2007/02/14 20:46
いえいえ〜!!滅相もないです。
このレベルで展示会なんて雲の上のお話ですよ。
そんな畏れ多い選択肢は何十年か先に考える事にして、
今は楽しみながら樹作りの勉強に専念しておきます。
いつの日か
2007/02/14 21:39
こんばんわ!
明日は我が身ですね。。。
実は最近僕ももしかしたら水切れ?と思っている木萩があるんです。。。
木萩が冬場葉を落とすのかどうかも知らないのですが、それは別に木自身が不要と思えば葉を落とすものだと思っているので無理に葉を落とすこともないだろうと思い放置してきたのですが、最近になって、葉の色がどう見ても悪いんです。
植え替えの時期にはまだ若干早いかと見送っていたのですが。。。
昨年植え替えたので根がつまっているとも思えないのですが、可能性として考えられるのは、やはり水やりですね。
この一鉢だけ、やりそこねたのかと。。。
あとは、この木萩君の生命力にかけるしかないのですが、
もしもこの木が枯れたら、自身で枯らしてしまった黒松の懸崖に続き2鉢目になってしまいます。。。
対処法について自分なりに原因の追求をしてみたいと思います。
いつの日かさんに即発されたというところでしょうか!
お互い、出来ることなら植え替え以外に鉢を空けることがないようにつとめたいものですね。。。
ちなみに黒松の懸崖は、いまだに水やりしてますが。。。
照盆樹
2007/02/15 21:25
>お互い、出来ることなら植え替え以外に鉢を空けることがないようにつとめたいものですね。。。

頑張れ〜(^_^)
mindfluid
2007/02/16 00:41
照盆樹さん。こちらのコメント見逃してました。
萩って育てた事ないから良く知らないけど、落葉樹ですよね。
何でずっと葉がしがみついてるんでしょう?
強制的にさっさと落としてしまうとマズイのかなぁ・・。
もし落葉するはずの樹種だったら芽吹きに影響するような・・。
え〜っと、木萩ですね、ちょっと調べてみます。
まぁ、きっと今頃、照盆樹さんも調べてもう答え出してるんでしょうけどね。
それにしても、いつになったら枯らさずに樹を育てる事出来るんでしょう。
盆栽を作るって表現は好きじゃないけど、育てる事出来なきゃ作ることなんて絶対に出来ないのにね・・盆栽って。
いつの日か
2007/02/16 12:17
>頑張れ〜(^_^)

私の樹も頑張れ〜〜!!



いつの日か
2007/02/16 12:21
いや〜実は今やっとこさ調べたところです。。。
マメ科の落葉低木なんだそうですね!
落葉樹が葉を振るわないということは。。。
要は、葉を落とすことすら出来ないほど弱っていると見るのが妥当かと。。。
家に帰って早速葉を落としてあげるとします。
昨晩チェックしたんですが、昨年の夏に出た枝はまだ細いのですが、枝自身は枯れておらずみずみずしい状態なので、どうにか持ちこたえてくれると思っているのですが、樹勢が落ちていることは間違いないですね。。。
根もまだまわりきっているようでもなかったので今年は植え替えを断念しようかな〜
照盆樹
2007/02/16 20:33
落葉樹が葉を振るわないケースについて調べようと思ってますが、まだ手付かずです。
でも弱っているのなら、どちらにしても植替えは延期ですね。
そっと養生してあげてください。回復を祈ってます。


ちょっと時間が
いつの日か
2007/02/16 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日の梅は水切れとの判断で緊急入院です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる