いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS くちなし・樹作りの第一歩で大失敗です

<<   作成日時 : 2007/02/26 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像

実は私、昨年の秋に発足したばかりのある盆栽愛好会に参加しています。
昨日、その愛好会にて『くちなしの作業』についての講習会がありました。種木を丸裸同然にして幹骨格のみ残し、新たな胴吹きで樹を一から作っていく作業です。
ところが・・・とほほ・・・素材一つを完成させたところで満足すれば良かったのに、欲を出して二鉢目の素材に手を出したのが悪夢の始まり。思いっきり大失敗をやらかしてしまいました。
集中力が低下してしまうとダメですね。盆栽を一から作る前に、精神力を一から作り直さねばばなりません。

上の写真は、まもなく丸裸にされてしまう一鉢目の素材です。


次の写真は、すべての枝を抜いて、頭芯の候補と数芽だけ残した状態です。
ここから胴吹きによりそれぞれの枝を一から作っていきます。
葉が覆い茂っている状態で選んだ素材ですが、思っていた幹骨格と少し違っていました。
とりあえず、この状態から新たな樹作りのスタートです。
くちなし:樹高9cm

画像



次の写真は、時間が余って、ついつい手を出してしまった二鉢目の素材です。
画像



そして・・やってしまいました。
幹芯の頭を誤って又枝切りバサミの刃で、パチンッ!と飛ばしてしまったんです。
そしてショックのあまり、小刀を持つ手が震えて残された芽もすべて落としてしまいました。
これは言い訳ですが、他の皆さんが作業を終えて楽しそうに談笑を始めたのです。
それがだんだん気になってきて、話に突込みを入れたくってウズウズしてしまって・・。
手元の作業はそっちのけで、頭の中には次々と勝手にギャグが浮かんできます。
そしてついには、こんな姿に・・・。現在、猛反省中です、はぁ〜ぁ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
本人にとっては痛いでしょうが、
かなり笑える話です。
クミチョー
2007/02/26 20:46
クミチョーさん・・・
愛好会の皆様からも大笑いされましたが、当の本人は・・。
いつの日か
2007/02/26 21:21
いつの日かさん...ヒーヒッヒ〜...ヒ。
これは大阪人のシャレとかツッコミで
ウケをねらったんでしょ...ヒッヒ。
いや〜30分くらい笑いが止まらなかった...ヒッ。
もしかして...マジ?
だったらなおさらウケル。
いつの日かさん、本当に良い人だ....ヒッ(^_-)-☆
凡人
2007/02/26 22:14
凡人さん・・ウェ〜ン。
もちろん大阪人は誰でも吉本興業の血が流れていて、
常に皆様に笑って頂くのが喜びなのですが・・ウェン。
今回は30分くらい涙が止まりませんでした・・シクシク。
本当にマジな結果なんです。
でもこんな悲しい時でもウケて頂くなんて、
凡人さん、本当に良い人だ・・ウェ〜〜ン。
いつの日か
2007/02/26 22:39
ホ〜ホケキョ♪
今日は暖かかったですね〜(^_^)

mindfluid
2007/02/27 00:21
う〜〜〜〜〜〜ん。

又構想を考えられる楽しみが出来たと考えましょうよ。

2本目は胴吹きに期待、一本目も枝を抜き過ぎかなぁ〜。
河内の親父
2007/02/27 00:56
私にはこれが失敗なのか大改作なのか
分かりかねますが、いつの日かさんの落胆のご様子からは
あ〜失敗なのね。と推測しています。
そして、この時いつの日かさんが非常にハイになってはった事も
推測できました。
私も去年からもてあましている梔子がありますが
↑と同じような感じにしたら笑いとれるかしら〜?
ってせえへんせえへん(>▽<)
cokety
2007/02/27 03:12
mindfluidさん、
今日も暖かくなりそうですよ〜。
コケコッコォ〜〜。
いつの日か
2007/02/27 10:36
河内の親父さん、
そうですか、抜き過ぎましたか・・・。
枝を抜いた跡の周りから胴吹き芽が出て来るので、頭芯の芽だけ残してツルッツルッにしてしまう、と教わったつもりだったのですが、
うーーん、もしかしたら、どこかで大きな勘違いをしてしまったかも知れません。
粗く太くて使えない枝は全て外したとしても、芽を選別して残さないといけなかったのですね。
はぁ〜ぁ・・そんなこんなで講習はきっと理解出来ていないし、鋏持つ手元は狂うしで、何だか不調の一日でした。
いつの日か
2007/02/27 10:38
coketyさん、
いや、あの、その・・これはもちろん大失敗なんで、
間違っても真似しないでくださいね。
でも、もし万が一、失敗してこんな姿になった時は、
世間の皆様にどんなに笑われようとも、
ここにも同じような仲間が居るので、ええ大丈夫ですよ。
その時は丸坊主の梔子を床の間に並べて飾りましょう。
そして今度はcoketyさんのblogで紹介お願いしますね。
いつの日か
2007/02/27 10:48
今日は。

大きな勘違いをしてしまったのかも解りませんね、まぁ〜未だ回復は可能な状態だと思いますので、気楽に行きましょうよ。!
河内の親父
2007/02/27 16:34
アハ・ハ・ハ・・・^^;
私もよくやります。
大事な枝に限ってなんですよね^^;
でもきっと面白くなるんじゃないですか?
失敗は成功のもとです!!^^
たか@仙台
2007/02/27 20:33
癒合剤の塗り後がなんとも痛々しい…。
思わぬ大改作になりましたね。
それにしても大阪の人は皆、吉本ばりのつっこみを
いつも考えているんでしょうか。
北の空
2007/02/27 20:58
河内の親父さん、
ええ、気楽な気持ちでまた最初っからやり直します。
二鉢目、胴吹きしてくれたら感激するだろうなぁ〜・・。
いつの日か
2007/02/27 21:45
たかさん、
やっちゃいましたよ〜。
大事な枝もポイントとなる芽もみんな取っちゃいました。
でも諦めずに、頑張ってここからまた育てていきます。
いつの日か
2007/02/27 21:48
北の空さん、
驚ろいたでしょ?
でも実は大阪ではこんな風に梔子を育てるんです・・・
と吉本風にお答えしたいところですが、
本来の適切な作業方法を勉強し直しです。
いつの日か
2007/02/27 21:58
なかなか思い切った改作ですね!ウッシッシ〜
なんちゃってです。
まあ、クチナシは胴吹きが良いといいますし、親父さんも気楽にっておっしゃってるところを見ると可能性がないでもなさそうですから!
ちなみに僕は先日、植え替え第1弾として桑(推定3年生)を植え替えていたのですが、鉢から抜いてみると思いのほか、土中に隠れていた幹が長い。。。
こりゃ〜棒立ちになった立ち上がりに一曲!と思い、針金をかけた幹をゆっくりと曲げてみたら。。。
ポキッ!あれ?今、ポキッて言ったのかしら、もしや?折れた?
はい!立ち上がりすぐのところでポッキリ折れてしまいました。。。
針金がかかっていたので、即座に何も無かったことにしようと強制的に折れた部分を針金の力で圧着!ってそんな都合よくいかないのもわかっているのですが、薄皮一枚残っているのでとりあえず、蘇生してくれることを祈って。。。
まあ、失敗なんて誰でもあることですよ!というお話でした。
たいした話しでもないのに長文失礼いたしました。。。
照盆樹
2007/02/28 21:09
照盆樹さん、
それって私も同じような事やってますよ。
棒立ちの苗木買って来て、
立ち上がりに曲付けようとしたら、
ペキッと嫌な音がして、あっ!しまった!と・・。
この時期は、樹も乾いているし硬くて、
大きく曲げるのは難しいみたいですね。
水揚げ盛んな成長期だと樹も柔らかくて曲げ易いんですけど・・。
いつの日か
2007/03/01 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
くちなし・樹作りの第一歩で大失敗です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる