いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 真柏・今度はこの樹で畳み込みの再挑戦ですが・・

<<   作成日時 : 2007/01/19 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像

今週二度目の真柏へのチャレンジです。
『経験を積んでいけば、自ずと樹の幹筋が見えてくる』と教わっていますが・・・まだほとんどよく見えません。そうなんです、かなり苦戦しています。
『だって枝が4本しか生えてないんです』とか、『その枝も全部間延びで、そのうえ全部上の方に付いてるし』なんて弱音を吐きながら、その枝葉の事は後回しにして、まずは幹の骨格模様の事だけを考えるようにしました。
鳩胸にならないように、全体の模様がアンバランスにならないようにと、慎重になればなるほど消極的になってしまい、少し畳み込んだだけで今回の作業は終了となりました。
思うようにならないものですね。一歩一歩です。

上の写真は、本当はもっと半懸崖をイメージしていたのです。
何とか樹芯を下げて左へ振ろうとしましたが、折れそうで怖くなって中断です。
今回はここまでとしますが、立てた構想に少しづつ近づけていきたいです。
真柏:樹高10cm


下の写真は、勝手な方向に枝伸ばし放題の9月初旬の姿です。

画像



最後の下の写真は、剪定して針金を粗がけを終えた11月上旬の姿です。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお忙しい中、イベント?に参加いただきありがとうございます(笑)

なかなか面白い模様のシンパクですね。
僕はシンパクが大好きです。
これからの改作過程を楽しみにいたしております。
mindfluid
2007/01/19 16:48
今晩は

友人に誘われて瀬田川まで行ってきましたが、中々思う様な石が揚がりませんでした。

此の真柏は面白い模様を持っている素材ですね、何よりも立ち上がりの所に踏ん張り曲が有りますので、上部の曲に対して安定した感じを与えているのが良いと感じました。

9月・11月の画像から見ても畳み込みも上手く行っているのではないでしょうか。?

只今の樹形構想から致しますと足元からの曲を活かした樹形には成っていない様な感じも率直言えば思いました、今の樹芯で仕上げて行けば下部・中間部の曲に比べて面白みが足りない様な気が致します。

今の正面右の枝にしている所が将来曲の良い所を塞いでしまって折角の曲が生かせない様な感覚を持たせて頂きました。

将来的に見れば右の枝を手繰って樹芯に持って行く方が躍動感が出る様な気がして成りません、将来性のとてもある素材ですので色んなバリエーションを考えられるとは思いますが、画像だけの判断ですので実際見てみるとでは違うのかも知れませんね。
河内の親父
2007/01/19 18:30
mindfluidさん、お疲れ様でした。
それにしても皆さん、すごいですね・・
あれが噂の盆栽パワーってやつですか?
付いて行くだけで必死でですよ、私の場合は。

この真柏、全然言う事聞いてくれません。
ちゃんと絵も描いて、ほらって見せてるのに・・。
いつの日か
2007/01/19 18:39
こんにちわ!
昨晩はお疲れ様でした。
僕も仕事もほっぽり出してのファイトだったのですが、結局ほとんどついていけませんでしたよ。。。
さて、またまた出ましたね〜ネタが尽きないのがうらやましい限りです。。。
半懸崖へされるということですか。。。
なら、やはり右の枝の位置が微妙ですよね。
枝数が少ないということも考えるとどうしても無理は出来ないというところでしょうが、そういう時には無理に無理をさせない方がいいのではと僕は思いますよ。
ひとまず、僕なら右の枝を樹芯に移行するように今のうちに方向付けだけするかな。
あと、今樹芯としている枝を左に倒して左流れに徐々に移行していくと思います。
ほとんど河内の親父さんのパクリみないなコメントですが、とにかく一気にすべてを完成させることを考えずに今年の作業は樹芯の移行と樹勢回復に努められた方が良いのではないかと僕は思っております。

無責任なコメントですが、何かのヒントになれば幸いです。
照盆樹
2007/01/19 18:55
構想変更。。。
今もう一度写真を見直していました。
右の枝は今の樹芯の枝元の裏面側から出ているのですね。。。
てっきり幹の右側から出ているのかと。。。
であれば僕は、今の樹芯をそのままにして裏枝である右に出した枝を左にふり直すかな。。。
やはり本物を見ないとわからないものですね。。。
照盆樹
2007/01/19 19:00
今の樹芯の裏から出ている枝だからこそ、其の枝を樹芯にすると奥行きが出てくると思っております。

幹の横から出ている枝などを立て替える場合はコケが上手く行かない物でギクシャク感が出やすいと思っております。

裏枝等を樹芯に立て替える方が返って奥行き間が出て来て上手く行く物が多いと思っておりますが、今の樹芯は単調な事と右の曲部分を引き立たせる事が大事な構想だと思っております。

しかし実際見てみないと樹は解り難いものです。
河内の親父
2007/01/19 20:17
河内の親父さん、
こんな冬場の凍りつくような河川でも探石されているのですか・・。
水石の趣味って盆栽よりもハードでアウトドアだったんですね。

この真柏に対する構想ですが、グニュグニュ〜ッと左上に向かって捻転した頂上から、一気に左下に急降下して樹幹冠が覆い茂るような半懸崖でした。
ところが畳み込んでいくと、グイッと下げたい樹芯の幹が上側を向いてしまったのですが、今回はここまでの作業で止めました。
その構想では今の右枝は不要だったのですが、どう変わっていくか分からないので、念の為にと残しておいたのです。
コメントをいただいてから、再度、樹形をいろいろと考えてみたのですが、右枝を樹芯にした場合はどの方向へ振れば、上手く繋がるでしょうか?
真上に立てるよりも、右上方向に反転するとか変化があった方がより力強い樹形になりそうな気がします。
この右枝はまだ細くていくらでも矯正していけると思いますので、またじっくりと練り直してみます。
いつの日か
2007/01/19 20:34
照盆樹さぁ〜ん!
そうやって外野で見てないで、少しは手伝って下さいよぉ〜?
一人で樹を畳み込むって、なかなか大変なもので、手繰り寄せた幹を片手で掴んで必死で押さえながら、もう一方の手はプルプル震えながら、やっとこさ針金縛るんですから・・。
誰かに助けて欲しいなぁって思ってたところなんですよ。
今回は第一段階の作業なので、まだちょっと先ですが次の第二段階は一緒にお願いしますね。
失敗しても、絶対に照盆樹さんのせいになんかしませんから・・
いつの日か
2007/01/19 20:44
今晩は。

昨日疲れましたので、余り乗り気では無かったのですが、友人が折角の休みに行こうと言われていましたので、私は休みでは無かったのですがこっそりと行きました、その代わり日曜も仕事をする羽目に成ってしまいましたが、まぁ〜寒かったですよ。

此の真柏は、足元から中間にかけての曲の捻転が見所だと思っていますので、樹冠部も成るだけ間延びしないようにしないと折角の良い所が相殺されてしまう恐れが御座います。

右の枝を左右どちらに振り込んでも樹形は可能だと思います、只気を付けなければいけないのは、単調な樹芯にしてはだめかなぁ〜と思っております、右の樹芯を手繰って樹芯を作れば、もし枝元から芽が吹かなくても樹芯を手繰る事により解消されると思っております。

今の左の樹芯は水上げ用にしばらく置いておいて元から吹く枝などと切り替えて行く方が良い感じが致します。

勝手な書き込みですが、参考に成れば幸いです。
河内の親父
2007/01/19 20:55
いえいえ・・
本当に貴重なアドバイスありがとうございます。
この素材は50鉢ほど地積みされている中から、1時間近くかけて這いつくばりながら選んだものです。
いろいろと迷いながらこの樹に決めたのですが、今の私の実力ではせっかくの長所も十分に活かしてやる事が出来ないかも知れません。
こうしていただいたアドバイスを大いに参考にさせていただき、この真柏の見所を思い存分に発揮させてあげたいと思います。
いつの日か
2007/01/19 21:23
スゲ〜!
少し見ない間にコメントの応酬だぁ〜。
今日はこちらで・・・・・?
いやいや、今日は(一応)反省しておきます。
mindfluid
2007/01/19 21:50
え〜っとここでは・・あっ、そう!
照盆樹さんところでお願いします。
いつの日か
2007/01/19 22:03
シンパクはこの手の種木が多いように思います。
僕の場合、どうして良いのか考えがまとまらないままなのですが、
こうして畳み込めるだけ、いつの日かさんは凄い!
勉強になります^^
norifuji
2007/01/21 01:58
norifujiさん、おはようございます。
真柏って強く畳み込んでもけっこう耐えてくれるみたいですね。
私もまだまだ手探り状態なので全然凄くなんかありませんが、とりあえず何でもチャレンジしてみようとは思っているんです。
いつの日か
2007/01/22 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
真柏・今度はこの樹で畳み込みの再挑戦ですが・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる