いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴノキ・今春の植替え、鉢合わせを楽しみに待っています

<<   作成日時 : 2007/01/16 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

この時期は樹の手入れ作業も少なく、樹形の構想を練ってみたり、次の鉢合わせを考えたりしながら、ゆっくりと盆栽を楽しんでいます。
このエゴノキも今春には化粧鉢に入れてあげる予定ですが、このどっしり系の太幹に似合う鉢をいろいろとイメージしてみました。撫で角・・いや、浅めの楕円で渋い色の・・いや、淡い色系、それから外縁で・・うーん、やっぱり切り立ちかなぁ?・・・などと空想の中でいろんな鉢と合わせながら一人まったりと和んでいます。
ただし、ちょっぴり幸せなのはこうして好き勝手に想像している間だけで、現実は限りある手持ちの中から仕方なく選ぶので、ちょっぴり幸せではなくなってしまいます。

上の写真は、そろそろ入れてあげる鉢探しにかからないといけません。
手持ちの鉢ではどれもピンとこないし、気に入った鉢見つけても値段高くて手が出ないし、
実際問題、まだ鉢の良し悪しちっとも判ってないし、あぁ・・どうしよう・・・。
エゴノキ:樹高9cm


下の写真は、上から覗いてみた樹姿です。
この樹はなかなか落葉せず、去年の年末に青々としたままで全ての葉を落としました。
ついでに針金で軽く小枝の方向だけを矯正しておきましたが、
左一の枝など、もう少し枝元から下げておきたい枝や、
立て替えたい右斜め上に太く出ている枝など、まだまだこれから枝幹作りです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

良い骨格のエゴの木ですね、素材を見る目の確かさが感じられる樹ですね。

今の時期には色んな将来の事を考えて構想を練って行く事が盆栽を楽しむ上でとても楽しい一時だと思っております。

鉢合わせなどを考える時間の楽しみの一つですね、私等は素焼き鉢から鉢上げする場合は一応将来の構想の事も有りますが、一旦仮の化粧鉢に植えています。

未だ枝等を作っていく場合にはきちんと似合う鉢に入れる拠りも間口は同じ寸法で有っても深めの鉢に入れる事が多いです。

素焼きで通していると生育上はとても良いですが、将来鉢上げする時に根が大きく成りすぎて切らなければいけないという事態が出て来ますので、骨格が出来た時に根張りが大きく成らない様に似合う鉢の大きさの深めの鉢に仮植えして作って行っています。

エゴの木はとても強い樹種ですが、太根の切り込みにはデリケートな所が御座いますので、少し注意が必要だと思っております。

然し将来が楽しみなエゴノ木ですね。
河内の親父
2007/01/16 19:38
この樹は現在、5号素焼きの浅鉢に入っていますが、まずは間口3.5〜4号くらいの写りが良さそうな化粧鉢に植え替えてみようなどと、何の問題意識も無くただ漠然と考えていました。
そのうえ上の日記にも書いていますが、浅めの楕円鉢が似合いそうだと思っていましたので、もしこのお話を聞いていなければ、いきなり浅い鉢に植え替えてしまったかも知れません。今後の培養環境だけではなくて、一気に太根や底根を追い込んでいたかも知れず、危ないところでした。
適度な間口で、深めの用土も沢山入りそうな形状の鉢を探す事にします。

盆栽を始めた頃は樹の事を覚えるだけで精一杯で、鉢まで考える余裕は全くありませんでしたが、最近は鉢そのものにも非常に興味を持つようになりました。
今はまだ養成中の樹ばかりですが、将来の完成に向けて気に入ったものがあれば少しづつですが揃えていこうかな、なんて思っています。
もちろん、その前に鉢を見る眼をもっともっと養わないとなりませんが・・。
いつの日か
2007/01/16 21:18
鉢合わせって難しいですよね〜
僕はまだそんな域には達していませんが、いつの日かさんならご自身で焼いてみるのもいいのでは?
使うも使わないも焼き上がり次第ということになりますが、ただ、漠然と鉢を焼くよりも、この木のために鉢を焼くっていう方がモチベーションも上がりますからね!
照盆樹
2007/01/17 19:38
え〜っとね、照盆樹さん、
例えばの話ですが・・あくまで例えばですよ。
この樹の為に素敵な鉢を作ろうと思います。
そしてどんなに一生懸命に粘土こねても、頭の中のイメージとはケタ違いのヘンな鉢がそこにあります。
・・ねっ?辛いでしょ?可愛そうでしょ?
これも手びねりの味かも知れない・・と気を取り直し、釉薬の出来具合に賭けて本焼きに回すのだけど、
出来上がってみれば、幼稚園の陶芸体験のお茶碗と一緒に並んでいるとします。
そして幼稚園生の作ったお茶碗の方が誰が見てもよっぽど上手い。
・・ねっ?悲しいでしょ?虚しいでしょ?
もうモチベーション下がりまくりですよ・・。
いつの日か
2007/01/17 20:35
はじめまして。
太幹の味、コケ順、細枝といい、
申し分ない素材ですね!

今年はエゴノキの実生に挑戦するので、
参考になります。
このくらいの太りを得るには、
やはり地植えの方が得策なのでしょうか?
norifuji
2007/01/19 14:00
norifujiさん、はじめまして。
私もまだまだ勉強中でして、そんなに詳しくないのですが、普通の鉢管理でここまで太らせるには、きっと気の遠くなるような歳月が必要なのでしょうね。
やはり畑や地植えで幹骨格作ってから鉢上げするのがてっとり早いのでしょうが、実生からだと自分だけのオリジナルで育てられるところが羨ましいです。
setubonさんところでお見かけしますが、こうしてご挨拶は始めてですよね。
これからも、ぜひともよろしくお願い致しますね。



いつの日か
2007/01/19 15:50
もうモチベーション下がりまくりですよ・・。
>いえいえ、芸術というのはそういうものだと僕は思っております。
最高の画家さんというのは、たぶん無邪気な子供なんじゃないかと。。。
例えるならピカソ!
ピカソのデッサン画をご覧になったことありますか?
とても特徴を捉えた美しいものなんですが、実際に評価された絵というのは抽象画がほとんどですよね?
なんで上手に描けるピカソがあのような絵を描いたのか。。。
その絵に近い絵を今現在描けるのは誰でしょう?
いつの日かさんは、もう忘れてしまっているかもしれませんが、いつの日かさんもピカソのような絵を描いていた時期があったはずです。
そう、無邪気さが芸術の幅を広げるのです。(天を仰いで叫んでます)
評価されるもされないもそれはのちのことです。
あまり、上手に作ることを意識されない方が良いように思います。

偉そうなことを言いましたが、これが僕の芸術作品に向ける熱い思いだと取っていただければ幸いです。
照盆樹
2007/01/19 19:13
照盆樹さんはいいなぁ〜、無邪気で・・。
私、もう何十年も生きてしまったので、純真とか純情とかもう遠い昔のどこかへ置いてきてしまいましたよ。
とにかく、人目を気にせずに・・って事ですよね?
とりあえず、上手に作ろうとしない・・ところからやり直してみますね。
いつの日か
2007/01/19 21:46
筋のいいエゴノキですね。私、今年退職します。以前やっていた盆栽はじめようと思っています。こんなエゴノキいつか作ってみたい。ちなみにこの木はやはり盆栽屋さんで求められたのでしょうか。それとも実生で?
マサムネ
2007/01/22 10:28
マサムネさん、はじめまして。
私は盆栽を始めてまだ2年目になったばかりで、今持っている樹のほとんどは盆栽園で購入した素材です。
もちろん、自分で一から育ててみたいという思いもありますが、今はいろんな樹に接して盆栽のイロハを学んでいるところなのです。
実生、挿し木もいろいろと試していますが、このエゴノキみたいな樹を実生から育ててきました!と紹介出来るのは、後何年も先の事ですね。
退職という事は定年を迎えられたのでしょうか?長い間お疲れ様でした。
今後は盆栽をはじめ、いろいろと余暇を楽しみながら過ごせますよね。
今後ともよろしくお願い致します。
いつの日か
2007/01/22 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゴノキ・今春の植替え、鉢合わせを楽しみに待っています いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる