いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩蔓梅・何だか一年無駄に過ごしてしまったような・・

<<   作成日時 : 2006/12/20 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


この岩蔓梅、常緑種?かと間違えるほどいつまでも青々としていましたが、強制的に葉を落として剪定し、これで年内作業を終えました。本来はここで無事に一年が過ぎた事を喜ぶべきなのですが、この樹にとって2006年はあまり変化のない年になってしまったのです。
今春の芽出し後の写真と比較してみると、何だかほとんど同じような枝姿で、よく見ると短く後退している部分もあります。
何でだろう?何でだろう?うーーん、うーーんと唸って考えてみました。
このまま来年春がスタート。新梢が伸びて二芽残し剪定。そして伸びた二芽は冬にまた剪定
・・・っと、ん?あれ?これじゃぁ十年経っても同じ姿・・じゃないですか。
何だか分かりかけてきたような気が・・ぼんやりとですが。
今の大きさで小枝を増やしたければ、枝からの胴吹きを待つ!!
ではなくて、一度大きく切り戻す!!・・のかも知れません?
このまま冬を越しますが、芽出し前にいくつかの枝を小さく切り戻してみます。

上の写真は、左への流れが少しは進歩しましたが枝作りは来年またやり直しです
岩蔓梅:樹高8cm


下の写真は、今年4月中旬の芽が伸び出した頃の姿です。
こうして比べると、やはり今の姿はあまり成長していないのが分かります

画像



更に下の写真は、どんどんと新梢が伸びている6月の姿です。
樹勢オーケー!!と喜んでいましたが、まったく使わない部分を伸ばしていたのです。
それどころか枝元は不用意に太ってしまったかも知れません。
けっきょく今年伸びた部分は最終的に元から切り戻されてしまいました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

良い岩蔓梅ですね、!!大きく切り戻すのも一つの手だと思いますが、良く樹形構想を考えて切り戻すのが良いと思いますね、実際岩蔓梅としては良い樹ですので大事に切り込んでいくべきでしょうね。

芽出し前に切り込むべきか?一旦芽を出させてから切り込むべきかの判断をしていく必要性が有ると思っております。
河内の親父
2006/12/20 22:49
ちょうどこの前、切り戻しなどの作業についてお勉強してきたんです!
芽は、どこからでも吹く訳ではないですよね?
その芽をいかに動かしてあげるかを一枝一枝で見ていき、全体のバランスを調節してあげるっていう考え方ではいかがでしょうか?
この芽は、こちらに伸びて出るだろうからこの芽は活かして、この芽は必要ないからこちらの芽に力が行くように今のうちから芽かきしておくなど。。。
ただ、この時期に全ての枝を落とす必要性はないということです。
枝を必要以上に切り込みすぎると貯めていたパワーが半減して結局芽が動かなかったという結果になることもあるとか。。。
春先に芽を確認してからでも遅くないというケースもあるようですよ!
結局は、なぜ植物が葉を残しているのか、どの時期に芽に力を使っているのかなど植物の立場に立って考えることが盆栽と上手に付き合いをしていくコツなんだと考えています。

偉そうに言ってみたものの頭で考える以上に実際に作業して結果を知ることが大切なんでしょうね。。。
僕もこの冬をどう今後に活かすかが大切だと思ってます!
照盆樹
2006/12/20 23:17
ちなみにこの木はまだ役枝作り中ですよね?
小枝作りと役枝作りって同時進行は難しいってこの前言われちゃいました。
正解かどうかはわかりませんが。。。
でも、この岩蔓梅とてもいいんじゃないかと思います!
僕もこんな木を。。。いつの日か。。。
照盆樹
2006/12/20 23:20
河内の親父さん、
この樹なんですが、花期五月の連休に留守にしていた間に、少し弱らせてしまったんです。
今思えばちょっと神経質に考えすぎたかも知れませんが、そこからは芽摘みや葉刈りも控え気味に樹勢回復に努める培養になってしまいました。
将来の樹形のイメージは自分なりには持っていまして、樹芯の位置や右の下枝などまだまだ何とかしたい部分が沢山あります。
来春の芽出し前に切り込むつもりだったのですが、
芽出し前か、芽出し後か、それが問題である!ですね。
そういうお話を伺うと、そのタイミングにまたまた悩みそうですが、まだまだ時間がありますので、それまでじっくり楽しみながら悩んでみます。
いつの日か
2006/12/21 10:55
おぉーー!照盆樹さん、またまたパワーアップしたのですね。
ふむふむ、なるほど・・メモメモです。
樹の立場で考える・・これは極意ですね?
今までは、盆栽を手に取り『え〜、私の立場から言わせていただくと・・』という具合でしたが、これからは立場を逆転しなければ・・。
私も樹を知るには、やはり実践してどんどん試行錯誤する事が一番なんだと実感します。
練習用(実験用?)の樹には申し訳ないのですが、いろんな事を実際に試してみたりしていますが、それもまた樹の立場をよく考えながら作業していくと、またより多くのものを得れるかも知れませんね。
ふぅ〜、こういう話をしていると、何だか樹を剪定したくなってきました。
いつの日か
2006/12/21 11:02
>おぉーー!照盆樹さん、またまたパワーアップしたのです>ね。
>ふむふむ、なるほど・・メモメモです。

そうなんですよ。
彼は、知らない間にレベルアップしてるんですよ。
僕たちは全然、構ってもらえなくて寂しいですよね〜?

でも、そんな彼も、そろそろボスキャラに出くわし打ちのめされると思います。

ボスキャラとは、もちろん・・・・
あっ、これは言うまでもないですよね?
mindfluid
2006/12/21 14:44
初のダンジョン無事クリアなるか!って場面ですね。
そろそろボスキャラ登場の頃ですか?
そうですか、ついに・・。


いつの日か
2006/12/21 15:11
ボスキャラ・・遅いですね〜〜、白髪のおっさんでしょうか。(笑)

何時の日かさん、連休中弱らせたとの事ですがそんな感じが画像からでも見て取れましたので、どっちつかずのコメントに成ってしまいました、申し訳御座いません。

実際の所此の樹は実際に見てみないと判断は付き難いかなとおもっております、其れよりも今の正面構想よりも枝が伸びている画像の面が正面として良いのでは無いかという印象を画像から持たせて頂きました。

此れも実際見てみないと判断は付きかねます、良い樹故の悩みだと思っておりますが。

照盆樹パワーでしょうか、言われている事は間違いでは無いですね。!!
小枝作業と役枝作りの同時進行は難しいのは確かですね、然し並行進行は可能だと思っております。

mindfluidさん、パワーアップでは毒キノコで元のもくあみですよ、スターを取らなければ。♪〜 
河内の親父
2006/12/21 20:53
河内の親父さん
>パワーアップでは毒キノコで元のもくあみですよ、スターを取らなければ。♪〜 

なるほど!
でもテルオ君にはスターはもったいないですよ(笑)
mindfluid
2006/12/22 07:36
河内の親父さん、
この岩蔓梅は二度目の登場なのですが、前回の掲載では正面が裏表逆で、記事も見るたびに正面が変わってしまうという内容でした。
実際に手に取る度にコロコロと見方が変わってしまので、今は両面併用で育てているようなところもあります。ただどこかの時点できっちりと決めてあげないと、どっちつかずの部分が出てくるとは思っているのですが。
この樹ですが、今回の面から見て全体的な流れは後ろに傾いているので、私もやはり逆面を正面した方が良いのではと思っています。ただ、裏面には根連なりとなった子株がありまして、この部分が真正面を邪魔をする存在に見えて、これをどう活かすか、またはどう処理していくのかがポイントなのかも知れません。
いつの日か
2006/12/22 12:05
出た〜!!!
ボスキャラって。。。
ご本人は気付いているんだかいないんだか。。。
白髪親父ではなく、石ころ好きな方のことのような。。。
まあ、ご本人が気付いてないならいいや。。。

ところでなんで僕にスターはもったいないんですか!!笑
もともとスターみたいな存在なんでかまいはしませんが。。。
まあ、僕のことをしっかり捕まえておけば皆さんの盆栽人生も無敵でしょう!ガッハッハッハ、ハァ〜ァ↓(お宅らと付き合ってると疲れるよ。。。)

僕はこれからも木の気持ちになってかわいがってあげるスタンスで行くつもりです!
まあ、たまには、厳しいしつけも必要ですが!
ポリさんのようにぐれないように育てていきますよ!
(ポリさんはすでに修正不可能ですが。。。)

今の僕はまだ1-1ステージのテッテッテ〜テッテッテ〜で勢いつけてBダッシュをしているところですよ!
勢いあまって、そのままクリボウにぶち当たっちゃわないように注意ですね。。。
テケッテテテッテテンテンテン。。。
照盆樹
2006/12/22 17:48
にしきのあきらさん・・だったんですね。
まだヨッシー出なくて安心です。
いつの日か
2006/12/22 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩蔓梅・何だか一年無駄に過ごしてしまったような・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる