いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒桜の花咲く頃となり、まもなく冬の到来か・・

<<   作成日時 : 2006/12/11 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

一年が過ぎるのは本当に早いもので、真冬に桜が咲く事に驚いたのが、つい先日の事のようです。
今ではもう、春だけに限らず、秋でも冬でも、狂い咲きなら夏でも桜が咲く事を知りましたが、また今年も寒桜が花開く季節になりました。そして春先まで咲いては散り、また咲いては散りと、長く厳しい冬の間をまるで小さな灯火のようにその花を繋いでいきます。
こうして色彩りも無くなり静まり返ってしまった棚場に咲く桜に、『あぁ・・また今年も冬が始まるんだ』と、何故だか身の引き締まる思いになりました。

上の写真は、寒々しい景色の中でひっそりと咲いている孤高の姿です。
信濃寒桜:上下8cm、左右17cm


下の写真は、遡ること六ヶ月前の若葉も旺盛な初夏の姿です。
この後、夏場の水切れによる葉の痛みに散々悩まされ小枝も少し失いました。
来年の夏はもっと注意してあげて、終日半日陰か完全遮光下で過ごす予定です。

画像



そして最後の写真は、更に遡ること六ヶ月、一年前の姿です。
今では全ての枝を伏せ込んでしまいましたが、どっちが桜らしかったのか・・。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつの日かさん、おはよう御座います。

冬に咲く寒桜を見せて頂いて、花の無い時期に風情を感じています。

舎利が付いた老木のイメージが整枝上良く表れているのも良いマッチングですね。
河内の親父
2006/12/12 08:48
おはようございます。
盆栽を始めた頃、シャリ、ジンを知って何だか骸骨のようなイメージで好きになれないと思っていましたが、今ではその朽ちた姿に枯れた味わいを感じるようになりました。
針金整枝は上手くいった時はニッコリですが、まだまだ掛け終わった後で自分にガッカリする事ばかりです。
一昨夜も梅の枝をポッキリ折ってしまって落ち込んでいます。
いつの日か
2006/12/12 10:15
針金整枝はやはり慣れでしょうね、型を付けるのには感性も必要ですが失敗は成功の為に有る様な物ですので、落ち込む必要は御座いませんね。

私等は未だに無理をして折る事が有りますが、折れたら又樹形を考えるだけです。
河内の親父
2006/12/12 11:43
最初の頃に針金整枝したものは、樹木の態を成していないとんでもない姿形になったりしたものでした。これは宇宙生物?みたいな感じで・・。
最近ではようやくイメージに近い整枝に仕上がる事もあり、もちろん技術的にはまだまだですが、少しは進歩したのかな・・なんて一人で自己満足する日もあります。
感性を磨く事はなかなか難しいものですが、まずは出来る限り作業の回数を増やして慣れるところから始めようとしています。
いつの日か
2006/12/12 12:28
やはり慣れが一番ですかね、人に針金を掛けたのを見せる訳ではないので自由に掛けるのが良いでしょうね、数を掛けていると自然に効率よく掛けれるものだと思っております。
河内の親父
2006/12/12 18:24
この寒桜好きだな〜
小さい中にも良い景色を持っているように思います。。。
特にご自慢のこの舎利幹を抱えた姿がなんともいえませんよね!
いつの日かさんのところへ寄せていただくといつも一鉢ぐらい持って帰っても気付かないんじゃない?って思ってましたが。。。
こんだけ毎日じっくり観察されてたんじゃ〜チョンバレですね。。。笑
いつの日かさんのお宅に引き取られた盆栽君たちは幸せいっぱいでしょうね!
照盆樹
2006/12/12 22:28
河内の親父さん、
お世話になっている盆栽店で『うちの樹に針金かけてみる?』なんて声をかけていただきましたが、心の中の半分では『はい!ぜひとも!頑張ります!!』と喜んでお引き受けしたかったのですが、もう一方の半分が『えっ?いえいえ、とんでもない、滅相も無い〜』と半泣き顔で辞退してしまいました。
せっかくのチャンスだったのですが、また腕を上げたら自ら志願してみるつもりです。
いつの日か
2006/12/13 13:38
照盆樹さん、
春爛漫で満開に咲く桜も綺麗ですが、冬にこうして一輪二輪と静かに咲く桜もなかなかのお気に入りです。
こうして背負っている舎利が冬の厳しさを生き抜いてきた姿を表現出来ればよいのですが、まだまだ若木なのでこれからもじっくりと育てていきますね。
お持ち帰りは厳禁ですが、また棚場に遊びに来てくださいね。
いつの日か
2006/12/13 13:52
其れは残念な事をしましたね、言ってくれると言う事は技量を見越して言っておられると思いますのでチャンスだったかも知れないですね、次回は率先して書ければよいと思いますよ。

盆栽店の樹は色んな樹形が御座いますので、思い切って掛ければいい事です、人の樹を作業するのは大変勉強に成ると思います。
河内の親父
2006/12/13 17:56
そうなんです。非常に良い機会を自ら放棄してしまい、残念な事をしました。
正直なところ今はまだ自信がありませんが、また次の機会までには『任せてください!』と言えるように練習を積んでおくようにします。
いつの日か
2006/12/13 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒桜の花咲く頃となり、まもなく冬の到来か・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる