いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 実りの秋・トップバッターは梅もどきです

<<   作成日時 : 2006/10/16 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

水遣りしていると朝の空気もヒンヤリと感じるようになりました。棚場も少しずつ色づき始めましたが、その中でもいち早く秋の風情を漂わせいるのがこの梅もどきです。実物盆栽は野鳥の被害に遭わないように、鳥かごの中に入れて保護しているなんて話も聞きますが、鳥かごに入っている樹を野鳥が眺めている・・その図は何だか可笑しくてプッと吹き出してしまいそうですね。などとノンビリした事を言えるのも、実は我が家の近辺では野鳥を見かける事もなく、被害に合う心配もないからなのです。でも樹と鳥や虫達って、太古よりずっと自然の中で共に暮らしてきたのだろうし、もしかしたらこの樹は少し寂しい思いをしているのかも知れません。

上の写真は、こうしてアップで見るとミニトマトみたいで何だか美味しそうです。
ジィ〜ッと眺めていると、少しは野鳥の気分を味わえそうになります。

下の写真は、挿し木からぐっと曲を付けて育て・・・られたそうです。
本当は、育てましたと紹介したいところなのですが、
自分で挿した木を盆栽デビューさせるのは何年先の事やらです。
梅もどき:樹高11cm

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつみても、いつの日かさんとこはこんなのも持ってたんだ〜って感じで楽しみがいっぱいですね!

さて、
ある方が書かれてたんですが、「上達の近道は木を売ること」だって。。。
プロの方がなぜあんなにすごい改作や仕立てが出来るのか、それは「経験豊かだから」と書かれていました。。。
1本の木を大切に育てるのも当然いいのですが、1種の木を何本か持ってその樹種の特性を知ったり、いろんな樹形を試したりすることで経験値をあげることが上達につながると書かれていました。しかし、棚場には限りがありますものね。だからこそ、たくさんの樹種樹形にチャレンジ出来るよう、随時棚場をリフレッシュするために売るんですって。。。

売ることでその木への責任感も強まり、より良い木を作るすべを考えるようになるってことなんでしょうね。

まあ、盆栽の上達っていったい何かなんて言い出したらそれは、趣味である以上、人それぞれの上達の仕方ってものがあるんでしょうが、いろんな方のいろんな上達方法を聞いて自分のスタイルに合うものをチョイスするのも上達の近道かと。。。
京都のテルオ
2006/10/17 15:08
最初から売る目的で育てていくのと、
ただ自分の楽しみで育てていくのでは、
同じ樹を育てるにしても何だか別世界のような気がしますね。
どちらにしても手間隙かけて愛情注がなきゃ立派な樹にならないだろうけど、
確かに、いついつまでに売るって決まってたら、
あっ、植替え出来なかった・・
えっ、消毒忘れてた・・
もぉ〜、針金は来年にしよっと・・
何かブサイクな樹?でもいいや・・
なんて悠長な事言ってられませんもんね。
もちろん、もっと樹を知りたいし、もっと技術も身につけたいけど、
でも今は枯らさないだけで精一杯な日々なので、
まぁ気長に樹と付き合っていきますよ。
いつの日か
2006/10/17 17:37
今晩は、
赤い実がなんとも艶やかで羨ましいです、いつも楽しみに拝見しています。何時の日かさんの様に真面目に取り組みたいと思いながら、真剣でない自分を反省しています、水遣り不足でブナ、イワシデ、ロウヤガキのはがカサカサになりました。急いで水遣りしましたがどうなることやら、、、、。私のニックネームは、いつの日かさんをヒントにさせて頂きました、お許しください。
あすなろ盆栽のクマゴロー
2006/10/17 22:19
クマゴローさん、はじめまして。
blog拝見させていただきましたが、もう何年も樹を育てられていて、私なんかより大先輩なんですね。
私は今まで生き物達にあまり興味なく生活を送っていました。飽き易い性格で趣味も長続きせず、道具揃えてもすぐ嫌になって無駄な事ばかりしていたかも知れません。
でも盆栽を始めてからは・・こんなに小さな樹だってちゃんと生きてるって事を感じてしまいました。
だから、今はただただ枯らさないようにと一生懸命です。
私もこの夏場にいろんな樹の葉を傷めてしまい、水遣りの難しさだけでも四苦八苦していますが、これからも宜しくお願い致します。
いつの日か
2006/10/18 12:07
いつの日かさん、今晩は。
早速遊びに来て頂き有難うございます。何年も育てていると言うより、水遣りしているだけで、昨年、これでは余に可哀想と手入れを始めましたが、なにせ我流でヘンテコな鉢植ばかりです。パソコンも一本指でボチボチ、多分これからもこの様な調子だと思いますが、長いお付き合い宜しくお願いいたします。
クマゴロー
2006/10/20 22:01
クマゴローさん、
私は盆栽の指導を受けたりもしていますが、
本当は形式や格式なんか気にぜずに、
ただ小さな樹の成長を眺めてるだけで満足なんです。
これからもずっと樹を育てていくつもりですので、
こちらこそ末長く宜しくお願い致します。

いつの日か
2006/10/20 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
実りの秋・トップバッターは梅もどきです いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる