いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS このズミの葉は病害??でも一体どうやって判定すれば・・

<<   作成日時 : 2006/10/05 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

このズミの葉ですが、ところどころが斑点状に褐色し始めたのは、九月初旬の秋雨が続いた頃からだったと思います。夏の間にいろんな雑木の葉を日焼けさせてしまったので、発見した頃はまた葉焼けだと思っていました。
でもよく考えてみると、葉焼けって葉の先から茶色になっていって、こうして葉のいろんな部分からポツポツと茶色にはならなかったはずです。
やはり何だか様子がおかしいと、自分なりに病害について調べてはいますが、それが材料が乏しくて、全く答えに結びつきません。病害の説明文章ではなく症例の写真が見たいのですが、ネットで検索すると病害写真は野菜ばかりで樹木は見当たらず、手持ちの購読雑誌を繰ってみても載っていません。
疑っているのは斑点病?なのですが、決め手なく診断を下す事が出来ずにいます。もしそうなら早く然るべき処置が必要なのに・・。

上の写真は、不気味な褐色の変色が広がっている葉の様子です

下の写真は別の葉のアップですが、かなりの葉が大なり小なりこんな症状です
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつの日かさん、お邪魔します。
大変ですね。私はまったく解りませんがちょっと調べてみました。
植物の病気は専門家の間でも診断はかなりあやふやな部分があるらしいです。
ですからとにかく病変のある葉を取り除いてしまうことが急がれます。
虫害ではないとすれば、カビかウィルスであろうかと思われます。
ウィルスに効果のある薬剤であればカビにも効くことが多いとの事です。
責任はもてないのですが....ダコニール1000、トップジンM水和剤、ベンレート水和剤などの薬剤の名前があがっていました。
それと、同じ消毒薬を長期に反復して使用するよりたまに変えてやったほうがいいらしいです。
役にも立ちませんが、お大事に。
凡人
2006/10/06 14:28
凡人さん、こんばんは。
いろいろと調べていただいたんですね・・いや、ほんと有難うございます。
とりあえず治療効果のあるベンレートで消毒はしてみましたが、これはカビ系に強い薬剤みたいですね。
消毒自体は、もし病害ではなくても予防という意味で良いと思うのですが、
問題は凡人さんの言うように、葉を取り去るかどうかです。
カビやウィルスの細菌にやられているなら、すぐにでも取り去りたいのですが、
6割程度の葉を失うとなると、原因がはっきりしないだけに何だか躊躇してしまって・・。
でも今は肥料も与えていないので、大事をとって葉を落として特別保護する・・これが正解なのかも知れませんね。
うーーん・・悩みます。
いつの日か
2006/10/06 20:39
病気に関してはホントに判断、対処が難しいですね。
私の「アセビ」も炭疽病の特長に似てたので
やっぱり葉を切ってしまいました。

判断の材料はホームセンターでもらった
タケダの肥料・薬剤のパンフレットです。
setubon
2006/10/08 18:10
私のような樹との付き合いが浅い者にとっては、
なかなか判断がつかず困ってしまいます。
確かにタケダのパンフやサイトは少しでも参考になりますね。
でもキュウリやトマトなどの野菜ではなくて、
樹木の病症写真そのものを見てみたいのですが、
探してもなかなか見当たらないものですね。
『この木なんの木』みたいな樹木鑑定サイトは有名ですが、
『この木なんの病気?』のような病害診断サイトが欲しいです。
いつの日か
2006/10/10 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
このズミの葉は病害??でも一体どうやって判定すれば・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる