いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 梔子(くちなし)・あと三作で完成予定です

<<   作成日時 : 2006/10/27 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

・・・などと言ってみましたが、あと何作で完成するとか、そんな予定は特にありません。
ちょっとベテラン愛好家さんの真似をしてみたかっただけです、はい・・。
自分の育てている樹が、あと何年でどんな風に変化していくのか、その姿が手に取るように見えるようになれば一人前って事なのでしょうね。残念ながら私はまだまだそんなレベルではなく、日々の様子をただ見守っているだけです。
この梔子ですが、春先から芽摘みを繰り返し、幾度かの葉刈りを経て、見るからに小枝も増えてきたように思います。この一年間の成長度合いを見ていると、何だかあっと言う間に威風堂々とした盆栽になるように思えてきますが、う〜ン・・イメージしているような立派な樹に育つまで何年かかるのやら、やっぱり見当がつきません・・・。

上の写真は、こうしてじっと眺めていると何だか少しは大木のように見えてきます
梔子:樹高8cm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私のところでは冬を越せなくて、もうクチナシは諦めました。
室内に取り込まなければ冬を越せない軟弱な子は私の子じゃない。
などと言いながら、やっぱり一鉢は欲しい樹種ですね。
(私の管理が悪だけで、ちゃんと雪の下で越冬させている人がいるかも知れませんが)

いつの日かさんのこのクチナシは
どこからどう見ても完成された盆栽に私には見えます。
北の空
2006/10/28 16:59
おはようございます。
枯れない限り草木は毎年成長して、これで終わりと言うのはないですから
毎年その時の姿で楽しめますね。
これが盆栽の面白さ、難しいさなんでしょうか。

私の場合、こう曲げたら面白い、この枝を延ばしたら面白いとか
いろいろ考えて樹姿のイメージはあっても
どうしようか迷い、実行して失敗してしまいます。
結局、その時の姿を楽しむしかないんですよね。
setubon
2006/10/29 08:13
いい樹ですね!十分席飾りに使えますよ。
とても樹高8cmには見えません。

私もクチナシを諦めたクチです。
地植えなら越冬するのかと試したりもしましたが駄目でした。

凡人
2006/10/29 08:56
北の空さん、
梔子の冬越しは大阪でも要注意です。
この辺りでは真冬でも屋外管理で問題ないと聞いていたのですが、
昨年の厳冬でお気に入りの梔子の幹枝半分以上を枯らしてしまいました。
この梔子、この角度の写真で見るとなかなかのようですが・・
どこからどう見ても完成までは、もう暫くお待ちくださいませ。
いつの日か
2006/10/30 18:24
setubonさん、
そうですね、私も同感です。
樹のその時々の表情を眺めてるだけでも楽しいし、
その樹の将来の姿を想像していると時間さえ忘れてしまいます。
これが盆栽の奥の深さみたいなものでしょうが、
十年後、二十年後を見据えたような育て方が出来るなら、
もっともっと楽しいだろうなぁ・・なんて思ってしまいます。
いつの日か
2006/10/30 18:42
凡人さん、
いい樹でしょ〜?って言いたいとこですが、
これが写真のマジックなんですね。
席飾りなんてまだまだ十年早いですよ。
梔子は寒いところではやはり難しいですか・・。
あの白い花のバニラのような甘い香りを、北国の方にもお届けしたいです。
いつの日か
2006/10/30 18:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
梔子(くちなし)・あと三作で完成予定です いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる