いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 山もみじ二年生・苗木の掴み寄せが淘汰されて一株に・・

<<   作成日時 : 2006/09/04 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

今年の三月、五本の苗木を掴み寄せにして植えましたが、一株だけが飛び抜けてぐんぐん成長し、逆に他の苗は弱っていく一方でした。一本一本ばらしてみましたがもう手遅れで、最初からそれぞれ単植にしていたら、もしかしたら全てが生き残ったかも知れないと思うと、やはり何だか複雑な気持ちです。
きっとこんな小さな鉢の中でも熾烈な生存競争を繰り返していたのでしょうね。限られた水や栄養分を奪い合いながら・・。
生き残った樹、犠牲になってくれた他の樹の事を一生忘れずに、皆の分まで立派に育ってください。

上の写真は、どんどんと成長に差がついてしまった姿です

下の写真は、誰もいなくなってどこか寂しげですが、どうか力強く育ってください
山もみじ苗木:樹高13cm

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうこともよくあっては人間のエゴと言われそうですが、現実問題ありうる話しですよね。。。
まあ、人間も自然の中の小さな存在なんだと思えば、その人間に引っこ抜かれるのも自然の摂理というものでしょう。
しかし、毎日どんどん植え替えされているんですね〜
うちは、この秋は、まったくさわらないことにしました。
実は、先日の三浦さんところの展示会を機に自分の盆栽の行方なるものを考えるようになりました。
一度は、2009年の雅風展を目指して!!
なんて言ってみましたが、周りを見渡せてば、どの木で出展するつもりなの?みたいな。。。

まあ、まだまだこれからの盆栽生活なんで今から考えてもしかたないとは思いながら、その反面、今考えておかなければ、せっかく若くして盆栽に目覚めたのにもかかわらずその時間を無駄に過ごしてしまいそうで。。。

な〜んて小難しいことを考えてもみるんですが、さて、どう進みましょうかね〜
京都のテルオ
2006/09/05 19:04
いろいろと考えてますねー。
でも、その「何かを成し遂げなくちゃ」って気持ちは本当に大事だと思うし、そういう思いを常に抱いているなら、自ずからきっといろんな道も開けていきますよ。だってテルオさんの未来には無限の可能性が広がっているんですから。
・・と、この永遠のテーマはまたどこかでゆっくり語り合うとして、
今年の秋の植替えは、ほんの数鉢の予定ですよ。
春に出来なかったものや、素焼きやポット姿に我慢出来ないものだけで、もうすぐ完了です。
いつの日か
2006/09/05 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
山もみじ二年生・苗木の掴み寄せが淘汰されて一株に・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる