いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS つる梅もどき・結実したのは僅かたったの一粒・・・

<<   作成日時 : 2006/05/31 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

今年の秋にはたわわな実成りを楽しめるものと、このつる梅もどき用に雄木を準備して傍に寄り添えておきました。開花時期もバッチリ同じで、雄木を風上側に花が触れ合うくらい近づけておき、水遣りで花を濡らさぬよう細心の注意で自然交配を待っていましたが、5月の連休が明ける頃には雌木の花は全部散ってしまい、残念ながら今年の交配は完全に失敗でした。
反省をかねて原因を自分なりに調べてみましたが、つる梅もどきは風で受粉する風媒性だと
ばかり思っていたのに、ある雑誌で虫が花粉を運ぶ虫媒性との記載を見つけました。
う〜ん・・それならば来年は虫をいっぱい育てて花期になったら周りに放ってやるとか、何かもっと確実な方法を考えねばなりません。

上の写真は、今年唯一の実なので落果しないようガムテでくっつけたいくらいです

下の写真は、雄木との記念撮影ですが相性が悪かったのかなぁ・・
左が雄木、右が雌木、花が咲き出す直前の約一ヶ月前の撮影です

画像


さらに下の写真は、交配全滅と思っていたら一粒だけ結実している現在の姿です
つる梅もどき:樹高17cm

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の地方では林の中にいまでもありますよ。
でも残念ながら大きすぎて盆栽にはなりません。
根を伏せる事なら可能ですが。
ちなみにこちらは茨城です。
POLO
2007/01/31 11:14
POLOさん、こんばんは。
周りに林があるような環境なら羨ましいです。
種を採取して蒔くことも出来ますし、
つる梅もどきなら、根伏せは盆栽によく似合いそうです。
いつの日か
2007/01/31 17:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
つる梅もどき・結実したのは僅かたったの一粒・・・ いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる