いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄梅の剪定・・あぁ〜難しい

<<   作成日時 : 2006/03/30 19:06   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

黄梅の花が散り終わったので、剪定する事にしました。
盆栽を始めて早や半年が過ぎ、当初の頃に比べて基礎的な事はだいぶん分かったつもりでも、いざこうして鋏を持って樹の前に立つと全く駄目ですね。
どこをどれだけ切るべきなのか、その一番大切な部分をさっぱり分かっていない自分を思い知らされてしまいます。
はぁ〜、一体いつになったらその『計画的な樹形作り』ってのが出来るようになるんでしょうかね・・。
そして今回もまた『無計画な樹形作り』のおかげで、本来は必要なのかも知れない小枝もほとんど落としてしまったような気がするし、実際に樹の左側には枝が一本も無くなりました。

上の写真は、剪定してサッパリ・・と言うより何だか寂しくなってしまいました
黄梅:樹高10cm

上の写真は、剪定前・剪定後の比較です

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
明日のためにその1
まずは正面をはっきりと決めましょう。
銘木に裏表無しと言われておりますが
ある程度の素材であればやはり正面を決めるべきだと思います。
あくまで思います。です。
では正面の決め方ですが・・・・人それぞれです(^^)
一番よさそうな所は、ほとんどの愛好家は同じ所を指すでしょうが
天邪鬼がいてもそれはその人の自由です??

ワンポイントレッスン??
何じゃそれ?と思いながらも耳を傾けてください。
三本足の鉢の正面は一つの足が見えるところが正面なのです。
ですから、通常は三箇所あるようになります。
二本足が見えるところのほうが安定しているように見えて良いじゃん!
とか反論されたら泣いてしまいます(^^)が・・・・
ということで三本足の正面はそのようにご了承していただきたいと切にお願いいたします。
楽天だってソフトバンクに勝つ事だってあるのですから(^^?
はちくんBb
2006/03/31 22:44
三本脚の盆栽チェックしてみたんですけど、
どれも見事に鉢の正面メチャメチャでしたよ、あちゃ〜。
もう今年の植替え終わってしまったんですけど、

1.正しい鉢の正面にもう一回植え替え直す
2.脚だけ正しい正面に付け替える
3.鉢君さんに見つからないようにする

こういった場合、どれが正解ですか?
いつの日か
2006/04/01 15:55
4. 来年の植え替え時までは妥協する
僕の選択はコレでした(*vv)

ちなみに剪定は、まず眺める。
そして凝視する。
ず〜っと見てたら、自分にとってひっかかるものや機になるものが見えてきます。
そしてそれを抜いたイメージをシュミレーションする。
その姿にワクワクしてシックリきてテンションが上がれば剪定o(><)o

なんかいつの間にかこんな癖が付きました。
僕は完成の姿は別として、チョット先のイメージを持っておかないとなかなか納得できる剪定ができません(TωT*)
だから将来的な全体のシルエットと枝配置の原則のミクロマクロ両面を視野に入れることがポイントかもですね。

そして傷跡の問題はありますが、多少の犠牲枝や予備枝を残されてると、思わぬ方向転換が計れるときもあります。
(幹も太りが早いですし…)

鉢くんさんのおっしゃるように、写真の黄梅は正面の精査、植え付け角度の調整も視野に入れられてもいいかもです。
流れをつけるために、敢えて流れと反対方向を残す必要もあるかもです。
この正面なら右下、左上の流れを大事にしたいですね(* ̄  ̄)b
どろん
2006/04/01 16:39
正面、角度、将来の全体像に枝配り、そして流れ・・
うぅ〜ん・・うぅ〜ん・・うぅ〜ん・・
って、唸ってばかりで申し訳ありませんが、
何だか自分には百万年早いような気がしてきて、
ほんと、どろんさんに剪定お願いしたくなりますよ。

つくづく思うんですが、
もっともっと樹を良く知らないとダメですよね。
まだ、秋から冬にかけての樹しか知らなくって、
枝とか葉の成長していく姿を実際に見た事もないなんて、
これでは将来の姿なんて想像出来っこないですもんね。

どろんさん、アドバイスありがとうございました。
この正面には右下、左上の流れがポイントですね?
これから毎日、この黄梅に穴が開くまでじぃ〜っと見つめ続けてみます。
いつの日か
2006/04/01 18:27
人様の樹を勝手に剪定しました(*´ω`)y-~

http://kwne.jp/~dron/warehouse/aaa.jpg
どろん
2006/04/01 20:40
(^^)2番の付け替え可能な鉢の足の案は素晴らしい〜〜
のかも?是非大量生産して、売り出すべし!!デス(^^)
鉢君BB
2006/04/03 07:05
うわぁ〜、どろんさん、
見事に剪定してくださったんですね。
それにしても・・いいバランスだなぁ。
近盆の黄梅・改作特集だったら
『右下に向かう流れにこの樹の柔らかな躍動感が蘇りました』
なんてコメントが寄せられるんでしょうね。
それにしても見違えるようになりました。
う〜ん、来年の花姿が今からとても楽しみです!
って・・?
はぁ〜ぁ、切る前にお願いしとけば良かったです。

あっ、そうだ!
今度からは後で後悔しないように、
どろんさんのサイトに『お戯れビューティクリニック』みたいなのを開設してもらえませんでしょうか?
それなら、まずはそこで樹の美容相談出来るのになぁ・・。
いつの日か
2006/04/03 12:20
鉢君さん、
いろいろ悩んだ末にもう3番しかない!と思ってたけど、
脚万能付替鉢が売り出されるんなら2番に変更します。

いつの日か
2006/04/03 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄梅の剪定・・あぁ〜難しい いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる