いつの日か盆栽

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットで購入・・でも写真とは大違い?

<<   作成日時 : 2006/02/24 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

もちろん、樹々達を実験材料のように何でもかんでも取り木しようって思っている訳ではありません。この黒松は生まれて初めて購入した五鉢の黒松のうちの一つなのですが、盆栽樹形としては将来的にも根張り部分がどうしようもない・・と思われる樹なのです。ネットの盆栽通販サイトで選んだのですが、写真って本当に怖いですね。どっしりとした太い幹元が気に入って買ったのに、そのまるまると太った幹元に隠されていた根張り部分には唖然としてしまいました。細い鉄線でギュッと締め付けられていて、まるで風船膨らませて括ったような状態だったのです。でもこの黒松は、『盆栽』としてではなく『素材』コーナーで売られていましたし、そう言えば『これから作っていけます』みたいなコメントもありました。ならば、こうして取り木改作してるって言う事は、その通販サイトの説明通りの樹だったのかも知れませんね。

上の写真は、取り木なんて必要なの?このまま育てれば・・って思えます。
でも、黒いラインで取り木をかけます。

下左写真は、指でチョンと押すだけで、隠されたこの黒松の根張りが露になります。
取り木するしかない・・ですよね?

下右写真は、樹皮を剥離し終えたたところです。
木質部までかなりの厚みがあり、細い鉄線が半分腐って埋まっているので大変でした。

画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひどいですねー。
いくら素材でもこの根張りはないでしょう。
わたしも、よくネットで素材を購入しますが、こんなひどいのは初めて見ました。
針金も食い込んで痛々しいですよ。
こういう業者がいるから、まっとうに商売している業者まで、信用をなくすんですよ。

まっとうな業者と怪しい業者の見分け方として、盆栽の写真をあらゆる方向から撮っているか、それとも一枚だけかと言うのがあります。
さらに良心的な業者だと、「ここに立て替えキズがあります」とか、「この部分はウロになっています。」など、欠点もキチンと明記してあります。

ネット通販も、まともな業者と取引するといい素材が手に入りますので、
いつの日かさんもこれにめげず、いろいろな業者を検索してみてはいかがでしょうか。

ところで、元気のなかった梔子の様子はどうですか?
元気を回復していたらいいのですが。
ぱき彦
2006/02/24 20:40
お返事遅くなりましたが・・やっぱり、そうですよねぇ。
今、この黒松を購入していたならきっと他の樹に交換してもらうと思いますよ。
でも、あの頃は本当に何も知らなくて・・。
あれからまだ数ヶ月ですが、いろんな盆栽の通販サイトを見ているうちに
ここなら安心できそうなお店だなぁって事も、少しは判断出来るようになったかも知れません。
実は、お世話になっている盆栽店、自宅近くの教室も、職場近くの盆栽店も、
どちらのお店も通販サイトも運営していまして、PCの方から気になる樹を見つけた時は、お店へ立ち寄って実際に手にして購入したりしています。
でも、これもすぐ近くにお店があるからこその事で、この偶然には本当に感謝しています。

あの梔子、教室の先生に見てもらったところ、残念ながら、枝の枯れ込み以上にかなりの重症らしいです。もう少し様子を見ながら、生残りをかけて大きく切り飛ばす事になるかも知れません。
たった4枚だけになった葉で、それでもまだ生きようとしているこの梔子を見る度に、何一つしてやれない自分にただただ歯がゆい思いです。
いつの日か
2006/02/27 12:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットで購入・・でも写真とは大違い? いつの日か盆栽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる